▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

Windows 11 自動で一時データなどのゴミを削除してくれる便利機能「ストレージセンサー」を有効化しておこう

Windows 10 から標準搭載された「ストレージセンサー」という便利機能があります。引き続き Windows 11 にもこの「ストレージセンサー」が標準搭載されています。

このストレージセンサーとは、有効化しておくだけで、パソコンに堆積した一時データなどのゴミを定期的に自動削除してくれて、パソコンストレージの空き容量を増やすことができる機能です。

パソコン内のお掃除ロボット「ルンバ」的な機能が「ストレージセンサー」でしょうか。

これは Windows 11 PC を購入したらすぐに有効化しておくべき必須機能のひとつです。

今回の記事内容

今回は『Windows 11 自動で一時データなどのゴミを削除してくれる便利機能「ストレージセンサー」を有効化しておこう』という内容でお送りします。

ストレージセンサーを有効化する手順

  1. Windows 11ストレージセンサーを有効化する手順01
    タスクバーのスタートボタンをマウス「右ボタン」クリックするとクイックメニューが表示されます。メニュー内の「設定」を選択します。
  2. Windows 11ストレージセンサーを有効化する手順02
    設定はシステムがすでに開いています。「記憶域」を探してクリックします。
  3. Windows 11ストレージセンサーを有効化する手順03
    記憶域の管理 項目にある「ストレージセンサー」をクリックします。
  4. Windows 11ストレージセンサーを有効化する手順04
    ①:チェックを入れます。
    ②:スイッチをオンにします。
    ③:自動でゴミ掃除をするタイミング「毎日 / 毎週 / 毎月 / ディスクの空き容量が少なくなったら」から選べます。
    ④:ごみ箱のデータを自動で削除するタイミング「1日 / 14日 / 30日 / 60日」から選ぶことができます。
    ⑤:しない(既定)のままで OK。
    ⑥:しない(既定)のままで OK。
  5. Windows 11ストレージセンサーを有効化する手順04
    これで「ストレージセンサー」のスイッチを「オフ」にしないかぎりは、永遠に設定したタイミングで一時データなどのゴミを自動で掃除してくれるようになります。

あとがき

パソコンは使えば使うほど、一時データのようなゴミデータがどんどん蓄積されていきます。それがパソコンが遅くなる原因にもなったりします。

Windows 8.1 までは一時データのようなゴミは定期的に「手動」で削除しなければいけませんでしたので、ストレージセンサーは本当に便利で重宝する機能だといえます。

ストレージセンサーは、Windows 11 を利用するなら絶対に有効化すべき機能なので、ぜひぜひ忘れずに有効化しておいてくださいね。