▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

Word コピー元のテキスト装飾が反映されて貼り付けられてしまうのを防ぐ方法

Excel オートフィルの使い方02

インターネット上のウェブページのテキストをコピーして、Word 文書ファイルに貼り付けると、コピー元のウェブページのテキスト装飾を引き継だまま Word 文章に貼り付けられてしまいます。

Word コピー元のテキスト装飾が反映されて貼り付けられてしまう

普通のプレーンなテキストで貼り付けたいのに、これでは仕事になりません。

原因は、ウェブページのテキストに施された HTML / CSS の装飾も、そのまま引き継いでコピーして Word に貼り付けてしまうからです。

今回の記事内容

今回は「Word コピー元のテキスト装飾が反映されて貼り付けられてしまうのを防ぐ方法」を紹介します。

コピー元のテキスト装飾を引き継がずに Word 貼り付け手順

  1. コピー元のテキスト装飾を引き継がずに Word 貼り付け手順01
    まずは、Word に貼り付けたいテキストをコピー元のウェブページにてコピーします。
  2. コピー元のテキスト装飾を引き継がずに Word 貼り付け手順02
    コピーするテキストを貼り付けたい行を選択して「Ctrl + Alt + V」を同時押しします。
  3. コピー元のテキスト装飾を引き継がずに Word 貼り付け手順03
    「形式を選択して貼り付け」ウィンドウが表示されます。
  4. コピー元のテキスト装飾を引き継がずに Word 貼り付け手順04
    「テキスト」を選択して「OK」ボタンを押します。
  5. コピー元のテキスト装飾を引き継がずに Word 貼り付け手順06
    すると、コピー元のテキスト装飾を引き継がずに、普通のプレーンなテキストで貼り付けが行われます。完璧ですね!

リンクが付いたコピー元テキストもリンク解除されます

上と同じ要領で「Ctrl + Alt + V」のテキストベース貼り付けを行うと、コピー元のテキストにリンクが含まれていても、リンクを排除して普通のプレーンテキストで貼り付けを行ってくれます。

  1. リンクが付いたコピー元テキストもリンク解除されます01
    コピー元のテキストにリンクが含まれていると、普通に Word 貼り付けを行えば、このようにリンクとリンク装飾も一緒に貼り付けられてしまいます。
  2. リンクが付いたコピー元テキストもリンク解除されます02
    しかし、「Ctrl + Alt + V」で 形式を選択して貼り付け ウィンドウを呼び出して、「テキスト」選択後「OK」手順をふむと…
  3. リンクが付いたコピー元テキストもリンク解除されます03
    このようにリンク装飾を引き継がないプレーンなテキストで貼り付けることができます。

あとがき

インターネット上のテキストを Word 文書に貼り付けたいことって、仕事でもプライベートでも普通にありますよね?

いちいちウェブページを印刷して、その印刷した紙を見ながら Word に手入力しますか? そんな面倒なことはやってられませんよね!

本記事の方法を利用すれば、簡単にネットのテキストを Word にプレーンなテキストとして貼り付けられます。だいぶ効率化できますよね! ぜひお試しください。

 

本記事読者さんにおすすめの Bluetooth 小型マウス

筆者も愛用の「カチカチ」しないマウス。出先でマウスを使うならボタンを押した時に「カチカチ音」がしないほうが良いです。戻る・進むボタンもあっておすすめの逸品。