▶ パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

Google 2段階認証はスマホが壊れた時のために救済用バックアップコードを必ず取得しておこう

About Google

Google アカウントを安全に利用するためセキュリティとして「2段階認証」があります。このご時世必ず設定しておかなければならないといっても過言ではありません。

そんな2段階認証を便利に利用できるアプリが「Google 認証システムアプリ」です。

About GoogleGoogleアカウントは2段階認証で安全に!Google認証システムの使い方
少なからず Google のサービスを利用しているユーザーは多いのではないでしょうか。 ぼくなんか Google のサービスにどっぷり依存して...

スマホにアプリをインストールして QR コードを読み込めば、2段階認証用のワンタイムパスワードをいつでも安全に Google にログインできる優れもの。

しかし、Google 2段階認証アプリを導入しているスマホが突然壊れてしまったらどうしましょう? 

ぶっちゃけ、スマホのアプリだけに頼っていた場合、スマホが壊れた際に Google アカウント2段階認証済みのブラウザが無ければ「その Google アカウントは二度と利用不可能でジ・エンド」な可能性が相当高いです。

だって、簡単にログインできないようにするための2段階認証なんですからね。

Google 2段階認証アプリは便利ですが、スマホが壊れてしまった時のための救済措置として、QR コード以外のログイン方法も設定しておく必要があります。

今回は、Google 2段階認証の安全策「Google 2段階認証はスマホが壊れた時のために救済用バックアップコードを必ず取得しておこう」をお送りします。

本記事の手順は、Windows でも Mac でも全く同じ手順で行うことができます。

2段階認証設定したらバックアップコードを必ず作成しよう

Google 2段階認証バックアップコード

Google 2段階認証は、便利な QR コード方式とは別に、救済用のバックアップコードを作成することができます。

このバックアップコード機能は、8桁のコードを1回分として、計10回分のログイン用の救済コードを発行してくれます。

計10回分というのは、8桁のコードを使って1度でも2段階認証にログインすると、そのコードは利用できなくなる使い捨てコードで、その使い捨ての8桁コードが10個あるから10回分というわけです。

全部使い切れば「新しいコードを取得」で再度10個のコードを再作成できます。因みに、コードの再作成はいつでもできます。その際、前のコードは、たとえ使っていなくても上書きされて利用できなくなります。

ここがポイント!

Google 2段階認証スマホアプリを用いる QR コード式は大変使いやすく利便性が高いですが、突然スマホが壊れてしまったときに困らないように「必ずバックアップコード」は作成しておきましょう

Google 2段階認証用のバックアップコード作成手順

この手順は、すでに2段階認証の QR コード方式が設定されていることを前提として進めます。まだ2段階認証を設定していない場合は以下の別記事を参考にしてください。

About GoogleGoogleアカウントは2段階認証で安全に!Google認証システムの使い方
少なからず Google のサービスを利用しているユーザーは多いのではないでしょうか。 ぼくなんか Google のサービスにどっぷり依存して...

では、Google 2段階認証用のバックアップコード作成手順を紹介します。

  1. まずは「Google アカウント管理画面」にアクセスします。大事な設定なので、間違い防止やコードの保存などの関係があるので、パソコンからアクセスすることをおすすめします。
  2. Google 2段階認証用のバックアップコード作成手順01
    Google アカウント管理画面が開いたら、サイドメニューの「セキュリティ」を選択してください。
  3. Google 2段階認証用のバックアップコード作成手順02
    「2段階認証プロセス」を選択します。
  4. Google 2段階認証用のバックアップコード作成手順03
    Google アカウントのパスワード入力を求められるので、入力して「次へ」を押します。2段階認証は求められません。パスワードだけです。
  5. Google 2段階認証用のバックアップコード作成手順04
    QR コード式の「認証システムアプリ」がデフォルトになっていることを確認します(電話番号認証がデフォルトの場合はそちらを確認)。
  6. Google 2段階認証用のバックアップコード作成手順05
    バックアップコードという項目を探します。ぼくはすでにバックアップコードを作成しているので「コードを表示」になっていますが、まだ一度もバックアップコードを作成したことがない場合は「コードを作成」だと思います。それをクリックします。
  7. Google 2段階認証用のバックアップコード作成手順06
    コードを作成すると、このようにバックアップコードが表示されたウィンドウがポップアップします。以下画像の番号部分についての説明です。
  8. ①「新しいコードを取得」は現在表示されているコードを上書きして新規で再表示させるためのボタンです。その際には前のコードは利用できなくなります。
  9. ②「ダウンロード」は .txt 形式のメモスタイルで、表示されているバックアップコードをダウンロードしてパソコンへ保存することができます。「印刷」は表示されているバックアップコードを直接プリンタで印刷することができます。
  10. Google 2段階認証用のバックアップコード作成手順07
    バックアップコードは、Google アカウントへログインできなくなった時のために、必ずダウンロードでデータ保存しておくか紙に印刷して大事に保管しておきましょう。
ここがポイント!

スマホが壊れて認証アプリも使えなくなった場合、当然 Google アカウント管理画面にもログインできなくなるかもしれないっていうことですから・・・バックアップコードは必ずデータか紙でオフライン保管しておいてくださいね。

バックアップコードからの Google 2段階認証ログイン手順

  1. バックアップコードから Google 2段階認証ログイン手順01
    Google アカウントにログインする時には、当然2段階認証アプリのコードを聞いてきますが、スマホが壊れた場合はその方法では無理です。「別の方法を試す」を押します。
  2. バックアップコードから Google 2段階認証ログイン手順02
    続いて表示されるメニューに「8桁のバックアップコードのいずれかを入力する」を選択します。
  3. 表示されるフォームにバックアップコードを入力して、それのコードが有効または間違っていなければ Google アカウントへログインすることができます。
  4. 一度利用した8桁のバックアップコードは二度と利用できなくなりますので注意してくださいね。

救済措置としてこんな小技(裏技)もあります

Google 認証システム用の QR コードは、ワンタイム QR コードなので、一度表示されたら時間経過ですぐその QR コードは利用できなくなるのですが・・・

その QR コードが表示されている時に、複数の端末から同じ QR コードを同時に Google 認証システムに読み込ませることで、複数の端末で同じ認証コードを利用することが可能となります。

スマホとタブレットで同じ QR コードを読み込ませて置けば、スマホが壊れてもタブレットは生きているので困らないという小技(裏技)です。同時に2つの端末が壊れるなんてことはそうそうありませんからねっ!

この小技(裏技)の詳しいことは、以下の別記事で詳しく紹介しています。

About Google2段階認証「Google認証システム」アプリを複数の端末で利用する方法
GoogleアカウントやMicrosoft、Dropbox、Evernoteなどの幅広いアカウントの2段階認証を一元管理してワンタイムパスワードを生成してくれ...

あとがき

Google 2段階認証を利用する場合は、必ず「バックアップコード」を忘れずに作成しておきましょう。

Google 2段階認証を利用するならバックアップコードは作れっ! です。

本当に大事なので、まだバックアップコードを作成していないなら、これを機にぜひ作成しちゃってくださいね。