▶ Windows 10 全般の使い方や設定各種・快適術をまとめたリンク集

ダイソーで買える激安USB充電器(ACアダプタ)がスマホを高速充電できるのか検証してみた

ダイソーで買える激安USB充電器(ACアダプタ)がスマホを高速充電できるのか検証してみた

100円ショップ「ダイソー」に売っている激安の USB 充電器(AC アダプタ)って本当に安いけど “本当に記載どおりの公称値でスマホを高速充電できる?” のでしょうか。

キタムラ

やっぱりちゃんとしたブランドのちゃんとした価格の USB 充電器じゃないとしっかりした充電ってできないんじゃないのかなぁ?

ダイソー USB 充電器…本当に安いですが不安です。

安物買いの銭失いにはなりたくありません・・・よね。

というわけで今回は、実際にダイソーの USB 充電器を買ってきて「ダイソーで買える激安USB充電器(ACアダプタ)がスマホを高速充電できるのか?」検証してみたのでレポートしてみたいと思います。

ダイソー300円 & 500円 激安 USB 充電器を買ってきました

ダイソー300円 & 500円 激安 USB 充電器を買ってきました

今回検証用に買ってきた USB AC 充電器はこちら! 300円と500円の2つ。

300円 USB 充電器のデータ

  • 自動判別機能
  • USB 穴は1つ
  • 最大 2.1A 出力

500円 USB 充電器のデータ

  • 自動判別機能
  • USB 穴は2つ
  • 片方が最大 2.4A 出力
  • もう片方が最大 1A 出力

公称値のチェックは「電圧電流計」を使います

電圧電流計 / バッテリーチェッカー

ダイソーの USB AC 充電器がちゃんと公称値どおりの充電ができるかどうかのチェックは、こちらの電圧電流計を使いました。

電圧電流計とはどういう代物なのかというと、USB 充電器と充電ケーブルの間に、このチェッカーを挟むことによって、充電器と機器にながれる A(アンペア)がどのくらいなのかを確認することができるアイテムです。

電圧電流計は、わりとお安いので興味がある方はお試しください。

300円 USB AC 充電器が公称値どおりかチェック

まずは USB 1つ穴の300円 USB AC 充電器をチェックしてみます。

ダイソー300円 USB AC 充電器が公称値どおりかチェック

最大 2.1A の高速充電に対応していると記載されています。

それではチェックしてみましょう!

まずは iPad でアンペアチェック

ダイソー300円 USB AC 充電器が公称値どおりかチェック

ダイソー300円 USB AC 充電器が公称値どおりかチェック

ダイソーの300円 USB AC 充電器と iPad を接続してみたところ、「2.02~2.05A」という数値が出ました。最大 2.1A なのでおおむね公称値どおり。立派な数値です。

iPhone 6s でアンペアチェック

ダイソー300円 USB AC 充電器が公称値どおりかチェック

ダイソー300円 USB AC 充電器が公称値どおりかチェック

iPhone は Apple の独自の充電仕様があると聞いたことがあります。その影響か、アンペアは「0.90~0.94A」を行ったり来たりしていました。

一応ダイソー以外の他ブランド Anker の充電器(PD じゃない仕様のやつ)で試しても同じような数値だったので、iPhone の充電は 1A が限界値なのでしょう。

Android スマホでもアンペアチェック

ダイソー300円 USB AC 充電器が公称値どおりかチェック

ダイソー300円 USB AC 充電器が公称値どおりかチェック

Android スマホと接続してみたら、「1.69~1.80A」を行ったり来たりしていました。

Android 端末には Apple 独自仕様みたいな制限はありませんので、普通に公称値に近い充電速度が出せるという感じです。

ダイソー 300円 USB AC 充電器はお値段以上の製品だった

ダイソー 300円 USB AC 充電器はお値段以上の製品だった

大きさを比較

ダイソー 300円 USB AC 充電器はお値段以上の製品だった

折り畳めるプラグ

ダイソーの300円 USB AC 充電器は、見ての通りとてもコンパクト。更にプラグも折り畳める親切設計で、かなり優秀なしっかりした製品だということがわかりました。間違いなくお値段以上です。

500円 USB AC 充電器が公称値どおりかチェック

続いて、USB 2つ穴の500円 USB AC 充電器のチェックをしてみます。

ダイソー500円 USB AC 充電器が公称値どおりかチェック

合計最大 3.4 A の高速充電に対応していると記載されています。

片方の USB 穴が最大 2.4 A で、もう片方が最大 1 A です。タブレット用とスマホ用でわかれている感じですね。

ダイソー500円 USB AC 充電器が公称値どおりかチェック

それではチェックしてみましょう!

まずは iPad でアンペアチェック

ダイソー500円 USB AC 充電器が公称値どおりかチェック

ダイソー500円 USB AC 充電器が公称値どおりかチェック

500円 USB AC 充電器は「2.30~2.35A」を行ったり来たりしていました。公称値が 2.4A なので、iPad に関してはこちらもかなり優秀な性能です。

ただ、もう片方の 1A の USB 穴にも iPad を挿してみたところ…同じく「2.30~2.35A」でたので、実際にはどちらの USB 穴でも同じ?

2.4A と 1A で仕分ける必要があったのでしょうか・・・。

iPhone 6s でアンペアチェック

ダイソー500円 USB AC 充電器が公称値どおりかチェック

ダイソー500円 USB AC 充電器が公称値どおりかチェック

iPhone 6s は 300円 USB AC 充電器と同じで、1A 未満のアンペア数でした。

因みに、1A の USB 穴だと「0.85~0.93A」を行ったり来たりするのに対して、2.4A の USB 穴の場合は「0.90~0.95A」を行ったり来たりでした・・・なぜでしょう。

Android スマホでもアンペアチェック

ダイソー500円 USB AC 充電器が公称値どおりかチェック

ダイソー500円 USB AC 充電器が公称値どおりかチェック

こちらも 300円 USB AC アダプタとほとんど同じ数値「1.84~1.90A」ほどが出ました。1A と 2.4A 両方の USB 穴でほとんど同じ数値だったので、シングルで充電する際には、どちらの USB 穴に挿しても同じなんでしょう。

ダイソー 500円 USB AC 充電器の特徴

ダイソー 500円 USB AC 充電器の特徴

大きさはやっぱりコンパクト

ダイソー 500円 USB AC 充電器の特徴

折り畳めるプラグ

ダイソー500円 USB AC 充電器は、USB 2つ穴なのにもかかわらずとてもコンパクトサイズです。また、300円と同じく折り畳めるプラグが便利です。

2.4A と 1A で USB 穴を仕分けていますが、シングルで使う分にはどちらに挿しても充電時のアンペアに差はないようです。

おそらく、2つの端末を同時に充電する際に、2.4A と 1A に振り分けられるのではないでしょうか。

iPad と iPhone を同時に充電するなら、この500円充電器はかなり重宝しそうです。

あとがき

今回は、ダイソーの USB AC 充電器「300円と500円」は本当に記載のとおりの充電性能があるのか? を検証してみました。

検証の結果、どちらも概ね記載どおりの性能値があると判断します!

旅行用や外出用なんかでコンパクトな持ち運びサイズのスマホ USB 充電器を格安で手に入れたい場合は、ダイソーの USB AC 充電器は結構おすすめなことが今回の検証でわかりました!

ダイソーの USB 充電器は安いけど大丈夫ですよ!  あなどれない性能でしたっ!!