Tanweb.net

PC・デジモノ・旅行などの価値ある情報をお届け!

Windows 10 誤って削除してしまったデータを復元できる便利なソフト

Windows 10 誤って削除してしまったデータを復元できる便利なソフト

Sponsor link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る

   
 Windows

   
 Windows

title-hukugen

先日、とある工務店さんが「大事な画像データを間違って削除してしまった。それが無いと会社が倒産してしまう。なんとかならないか?」と。

話を聞いてみると・・・削除してしまった画像データは3万点。画像を収めたフォルダをデスクトップにいつも置いておいて、誤って削除してしまったそうな・・・。そしてバックアップもとっていなかったという・・・。

なぜ、倒産するような大切なデータをデスクトップに置き、バックアップすらとっていないのかは完全に謎ですが・・・今回紹介する復元ソフトを使ったら3万点が無事に蘇ったので紹介します。

そでれは「Windows 10 PCにて謝って削除してしまったデータを高確率で復元できるソフト – ファイナルデータ」を紹介します。

Sponsor link
Sponsor link

データが消えた時の最後の切り札「ファイナルデータ」

こちらの「ファイナルデータ」という結構有名な有料ソフトウェアになります。

公式ページを開くと様々な系列ソフトがありますが、消えたデータの復元は「特別復元版」なのでそちらを選択します。

消えたデータは時間の経過とともに復元率が低下する

消えた(消してしまった)データは、時間が経てば経つほど復元成功率が下がっていきます。「大丈夫だろう」と舐めてかからないようにしてください。

1週間経つだけでも戻ってこなくなるデータだってあります。

このファイナルデータは「ダンロード版」も販売しているので、消してしまった直後、すぐに購入して使うことができます。深夜だってお構いなし。有り難いことです。

ファイナルデータは無料体験版があり、体験版で復元可能データを調べることだけはできます。それを行なってから買うのもアリです。

ファイナルデータで消えたデータを復元する前に

消えてしまったデータを復元するには、復元したデータを保存する別のHDDが必要になります。なぜなら、データを復元する元HDDへ復元済みのデータを保存することができないからです

データ復元には必ず外付けHDDなど別のストレージを用意しなければならないのです。このルールは他の復元ソフトでも同じです。

選ぶHDDは、安定感のある大手ブランドのものを選んだ方が無難です。

ファイナルデータの使い方

ファイナルデータをインストールしたら起動させます。

  1. 自分のデータ復元が該当するメニューを選びます。例えば今回の例の工務店さんの場合は約3万点の画像データなので「デジカメ画像の復元」を選択。
  2. 画面の支持にしたがって、復元したいドライブ、フォルダなどを選択して進めていきます。
  3. ストレージのスキャンがはじまります。これは復元できるものがあるかどうかのパーティション検索です。10分~15分くらいかかります。
  4. パーティション検索が終わると、復元可能なデータがズラッと表示されます。この時点で復元されるデータの全てがわかります。無料体験版はここまではできるので、購入まえに体験版で復元できるかチェックするのもアリです。
  5. データの復元先を「空の外付けHDD」に設定してください。
  6. データ復元作業が開始されるとあとは待つだけなのですが、えらい時間待つことになりますので覚悟しておいてください。これは仕方がないことです。因みに500GBの復元で約4時間ほどかかりました。
  7. 無事に復元が完了したら、空のHDDに大切なデータが復元されているか確認しましょう。パーティション検索で表示されたものがそのままあるはずです。

因みに、やっちゃった工務店さんの場合は、これで「約3万点・40GB」の画像データをサルベージすることに成功いたしました。よかったですねぇ。

ファイナルデータは高度な復元方法もあります

  1. ファイナルデータは、復元先を細かく自分で設定できる「高度な復元」機能もあります。PCの構造を熟知している方はこちらがおすすめです。
  2. 高度な復元を選択すると、細かく設定できるウィンドウが開きます。

ファイナルデータ超おすすめです

ぼく自身、無料・有料含むいくつかのリカバリーソフトを利用してきましたが、その中でもファイナルデータは群を抜いて復元率が高いです。

無料の復元ソフトなんか時間を食うだけで全然復元できませんもんね・・・。

SDカードやデータの飛んだHDDなどのデータ復元でお世話になりました。ファイナルデータでダメならもう業者に頼るほか無いな・・・という感じです。

ぼくは以前、HDDがまったく読み込めなくなってしまったときに、このファイナルデータですべてのデータを復活させることができました。

外付けHDD「フォーマットする必要があります」が出る場合の対処法
外付けHDDをPCに挿したら突然「ドライブ○:を使うにはフォーマットする必要があります。」と表示され、これ以上何も出来ず詰んでしまうことがあります。本記事をご覧になっている方は、今まさにその状況でしょうか? も…

ファイナルデータの入手は公式サイトからが安心です

公式サイトはこちら

いろいろ種類があるのですが、消えたデータの復元は「特別復元版」を選択してください。公式サイトはよくキャンペーンをやっているので、ここが一番安く買えるはずです。

1ライセンス1PCです

ファイナルデータは1ライセンス1PCです。1個買ったら複数のPCにいれられるということはありません。ご注意ください。

まとめ

誤ってファイルを消してしまったり、不可抗力でデータが消失してしまったときにはファイナルデータが助けになります。

お困りの方は、今回紹介の「ファイナルデータ」をデータ復元の選択肢のひとつとして試されてはいかがでしょう?

業者へもっていくのはそれからでも遅くはありません。

一応安全なデータ復元業者のリンクも貼っておきます。