Tanweb.net

PC・デジモノ・旅行など好きなことだけ語るブログ

10月10日でOffice 2007 が使えなくなります!使い続けるリスクなどを紹介します

10月10日でOffice 2007 が使えなくなります!使い続けるリスクなどを紹介します

Sponsor link

   
 ソフトウェア

   
 ソフトウェア

来る2017年10月10日(火)で Office 2007 がマイクロソフトのサポートが切れるため、事実上の使用不可ということになります。

今回は「サポートが切れた Office を使い続けるとどんなデメリットがあるのか?」などを紹介しつつ、まだ Office 2007 を使用しているユーザーさんへ新しいバージョンへの切り替えをうながしていきたいと思います。

以前書いた記事で、「私は Word 2007とExcel 2007 を使っているのですがそちらは大丈夫ですよね?」という質問をいただいたのですが、それらを含む 2007 とつくもの全てひっくるめて「Office 2007」といいます!! お間違えなく。
Sponsor link
Sponsor link

Office はサポートが終了したらなんで使っちゃいけないの?

Office 2007 発売当時、高いお金を出して購入されたことと思います。 傍目にはまだまだ使えるのにサポート終了したらなぜ使ってはいけなくなるのでしょう?

Office 製品には10年間のサポート期間がもうけられています

Office 2007 だけではなく、すべての Office 製品はどれもリリースされてから「10年間」のサポートが提供されています。サポート期間中は「仕様の変更」や「新機能の追加」、「バグへの対応」、そして一番大切な「セキュリティの更新」を定期的に行なってくれます。

10年間のサポート期間は、Office製品をあなたが購入してから10年ではなくそのOffice製品がリリース(登場)してから10年なので勘違いをしないでくださいね。

サポートの終了した Office はこんなに危険

ついぞこの間、世界中を席巻した「ランサムウェア」は記憶に新しいことと思います。個人・企業問わずパソコンを人質にとるあのウイルスです。テレビやラジオ、雑誌にネットニュースなどで散々話題になったので知らない人の方が少ないのではないでしょうか。

そして、同時に「脆弱性(ぜいじゃくせい)」という言葉も聞き慣れた言葉になりました。プログラムのセキュリティが弱いところという意味ですね。

そう、サポート期間が終了した Office はセキュリティが更新されないため、脆弱性の塊と化すわけですまったくセキュリティが更新されませんので、その脆弱性は日が経つにつれ、危険度はグングンと跳ね上がっていくわけです。

そして、悪意のあるハッカー(クラッカー)にたまたま見つかってしまったときに、あなたのパソコンは不幸に見舞われるかもしれないのです。更に、友人・知人・仕事関係にまで飛び火して、いち大事になることだってあるかもしれません。

件のランサムウェアは古い Windows を使っているユーザーが対象で感染拡大しましたが、次は古い Office 利用者を狙ってこないとも限らないわけなんです。

業務に支障がでることもなきしもあらず

Office 2007で連携できていた外部のツールなども同時にサポートを打ち切られて急に使えなくなったり、古い Office のため、クライアントへ送った大切な書類が閲覧できない事態になったり(クライアントは最新版を使っている)と業務に影響がでる等のリスクも考えられます。

誰にでも起こりうること

よく「自分は大丈夫」「我が社は大丈夫」という方がいますが、「何を根拠にそう言うのでしょう? その自信はどこからくるんだい?」・・・サポートの切れたものを使っていれば、「ウイルスにやられる」「そこを起点に個人情報をすっぱ抜かれる」等の不幸は誰にでも等しく起こりうる問題だということを理解しなければなりません。

他人事じゃないんですよね~。

サポートが終了した製品を使い続けるリスクを公式サイトより紹介

旧バージョンと最新バージョンのリスクグラフです。

で、このグラフから 2007 は10月10日のサポート終了をもってはずれてしまうので、以降2007のグラフはセキュリティ更新がされないため真っ赤になってしまうというわけです。

>参考サイト(サポート終了のお知らせ – マイクロソフト公式)

新しい Office 製品を購入するときの注意点 

さて、Office 製品はなかなか高価なので、どうしても安いものを買いたい気持ちになるのはわかります。ぼくもできればそうしたいですから・・・。

しかし、マイクロソフトから出されている正規の Office 製品は、過度な割引を絶対に行いません!! もしも過度に安いものを見つけたら、それは「海賊版」や「違法品」かもしれないので絶対に手をださないようにしてください

中古の Office 製品はあまりおすすめできません

中古の Office 製品があまりおすすめできない理由を以下の別記事で紹介しているので、よかったらあわせて読んでみてくださいね。

中古の Office 製品を絶対に買ってはいけない3つの理由
10月10日で Office 2007 がサポート終了になる関係で、これから新しい Office を購入しようかと考えている方もいらっしゃるのではと思います。 Office製品はそこそこ高価なので、できるだけ安く手…

Office 2016 正規版はAmazonで買うとちょっとだけお得

Office 2016 は家電量販店やマイクロソフトの購入ページから買うよりも、Amazonで購入したほうがちょっとだけお得です。具体的には、Amazonからの購入だと消費税分くらいが得になります!!

例えば、Microsoft公式サイトや家電量販店だと、Office 2016 Personal は「32,184円(税込)」ですが、Amazonだと「29,252円(税込)」となります。

最近のOffice製品はどこで購入しても結局インターネットからのダウンロードになるのですからAmazonで購入したほうが得なんです!!

すぐに使えるオンラインコード版と認証コードが記載のカード版の2種類

Word・Excel・OutlookだけでOKならコレ。ぼくはこちらを以前購入しました。

パワーポイントも使いたい場合にはこちら。

Mac版はなぜだかWin版よりも安価。これでWord・Excel・パワポ使えます。

あとがき

今回は、この10月10日でサポートが終了する「Office 2007」についていろいろ書きました。高い Office を買い換えなければいけない・・・マイクロソフトの策に乗っかる悔しさはよくわかりますが・・・このまま使い続けるのは、やはりリスクが高いのです。ぜひぜひ早急なる切り替えをおすすめしますなり。

>サポート終了の重要なお知らせ(マイクロソフト公式)

>Office 2007 サポート終了のお知らせ(マイクロソフト公式)