Tanweb.net

PC・デジモノ・旅行など好きなことだけ語るブログ

ブログで「購読する」「メルマガ購読」無料なのに購読?おかしいよね?

ブログで「購読する」「メルマガ購読」無料なのに購読?おかしいよね?

Sponsor link

単純にぼくが常日頃から疑問に思っていることなのですが・・・

様々なブログやネットサービスで、“無料なのに、「購読」という言葉” が気になります。ブログのほぼ100%が無料なのに「購読する」や「○○に登録して新着情報を購読!」にはじまり、一番たちの悪いのが「無料購読」・・・。

今回は「ここが変だよ! 無料なのになんで【購読】?」を童話「王様の耳はロバの耳」よろしく、ブログ記事という穴へ向けて叫びたいと思います。

Sponsor link

そもそもの購読の意味

ぼくの広辞苑さんで「購読」を調べてみると・・・

書籍・新聞・雑誌などを買って読むこと。「定期購読する」「購読者」

と記述されています。

そうなんです! 「購読」とは「買って読むこと」なんです!!

だから無料のブログや無料のメルマガに購読はおかしい

で、「無料 / 購読 / おかしい / 他」この辺のワードでいろいろググってみると・・・

  • それに代わる言葉が日本語には見当たらない。
  • 知らないで使っている
  • みんなが使っているから

使っている側はこの辺りが多かったかな。

そして、やはり使い方としておかしいと思っている方も多数いらっしゃるようです。

  • 「無料購読」…そのうちお金をとられるのか?
  • 「メルマガ購読」…有料なの?

など「購」が使われている為、お金のやり取りが発生すると考えるユーザーも少なからずいるようです。

ターゲットによっては読者を逃すかもしれない

例えば、以前のうちの母のケース、よく閲覧する某旅行関係ウェブサイトに「お得な情報やクーポンをお届けするメルマガ購読はこちら」と記載されています。母は「お得な情報を知りたいからメルマガ登録しようと思ったけど有料だからやめる」と言いました。

このように、

  • 年配層
  • たまにしかネットをやらないユーザー
  • わりとちゃんとした日本語を使うユーザー

など主に「年配ユーザー・ライトユーザー」あたりの読者を逃してしまうんじゃないでしょうか? そういった層をターゲットにしているブログは気をつけたいところです。

仮に、1ヶ月にひとり「購読」と記載していることによって逃しているとしたら、1年で12人の読者を失っているということになります。ひとりでも多くの読者を増やしたいと切望するならでかいと思いませんか?

あとがき

今回の「購読」については、ただのあげあし取りかもしれません。しかし、ぼくはいつも「無料購読」や「(無料なのに)メルマガ購読」を見ると頭の先がチリチリします。

同じように、少なからずおかしいと考える人や有料だと勘違いする人がいるのも事実です。特にライトユーザーをターゲットにしているなら絶対に表現を変えたほうが良いと思うんだけどな・・・。

  • 「メルマガ購読」なら「無料メルマガ登録」とか
  • 「ブログを購読する」なら「ブログの読者になる」や「新着情報をチェック」とか

そんな感じ?

とにかく「購読」は「お金を支払って読む」ことなんです。

以上、コラムでした。