Tanweb.net

PC・デジモノ・旅行など好きなことだけ語るブログ

Windows 10 データのバックアップはSyncToyが便利

Windows 10 データのバックアップはSyncToyが便利

      2016/12/04
 Windows

更新日:2016/12/04   Windows

midashi-windows10

Windows 10 では、OS機能にファイルなどのデータバックアップ機能が追加されていました。しかし、それが非常に使いにくく、いらないフォルダまでバックアップしようとします。除外設定はあるのですが、なぜかデフォルトのフォルダ(ドキュメントやピクチャとか)は除外しても除外してもゾンビのように復活して勝手にバックアップされるのです。なんて自分大好きWindowsなんでしょう!!

というわけで、Windows7から引き続き、やっぱりデータのバックアップにはMicrosoft純正のバックアップアプリ「SyncToy」を使ったほうが良いという結論にいたりました。

今回は、そんな「SyncToy」の使い方をブログします。

Sponsor link
Sponsor link

SyncToyってどんなアプリケーション?

SyncToyはMicrosoftがPCのデータを簡単にバックアップできるようにとリリースした、とても有り難いバックアップ専用のデスクトップアプリです。

Microsoft純正でしかもフリーソフトですから誰でも無料で安心して利用することができ、Windows10でも使用することができます。もちろんWindows7や8.1でも大丈夫です。

どんなバックアップができるの?

SyncToyができるバックアップは・・・

  • 同期バックアップ・・・バックアップ元とバックアップ先の内容を常に同じにします。どちらを変更しても常に同じ内容になります。
  • 差分バックアップ・・・バックアップ元に常に合わせていきます。バックアップ元が変更されると、変更された部分だけがバックアップ先に保存されるので2回目からはバックアップが早く終わります。僕はいつもコレ。
  • 増分バックアップ・・・バックアップ元に常に合わせるのは差分と同じなのです。違いは、差分だと変更されたものは全て適用しますが、この増分は削除だけは行なわず、増えたデータだけをバックアップしていきます。

この3つのバックアップ方法から選ぶことができます。

SyncToyは自動バックアップ機能はありませんのでご注意ください。

SyncToyのダウンロード方法

SyncToyはこちら

素のままだと全て英語なので、日本語パッチから日本語化します。日本語パッチは以下のリンクからダウンロードできます。

SyncToy日本語化パッチDL元サイト

インストール方法

ダウンロードしたインストーラーは32bit(x86)版と64bit版のふたつあります。お使いのPCのOSに合わせてインストーラーを選択してください。

インストールは全部英語ですが、余計なアプリケーションをインストールさせようなどというのは皆無なので、チェックをいれて「NEXT」していけば勝手に終わります。

日本語パッチを効かせ方は、インストール後にProgram FilesにあるSyncToyフォルダの中にパッチファイルをいれてダブルクリックすればOKです。

詳しいインストールマニュアルは以下。

>SyncToyインストールマニュアル

Ads by - Admax

バックアップ方法

無事にインストール&日本語化が終わり、SyncToyを起動すると以下の画面のようにアプリが表示されます。

synctoy01

1.バックアップする為には「フォルダ・ペア作成」からバックアップ元とバックアップ先のフォルダを設定する必要がありますので、それをクリック。

synctoy02

2.左側「バックアップ元」、右側「バックアップ先」という具合にそれぞれ「参照」から元・先を選択して「次へ」。

synctoy03

3.同期バックアップ、差分バックアップ、増分バックアップのどれにするのかを選択します。

  • 同期・・・同期バックアップ
  • Echo・・・差分バックアップ
  • Contribute・・・増分バックアップ

僕はいつもEcho(差分)を選択しています。なぜなら、差分だとバックアップ元は何も傷がつかないからです。差分は常にバックアップ元の変更にあわせた上書きバックアップを作りつづけてくれるのです。

synctoy04

4.次はフォルダ・ペアの名前を設定します。わかりやすい名前をつけてください。次に同じ内容のバックアップを取るときに、SyncToyに表示されているここで作った名前を選択するだけでワンタッチでバックアップすることができます。

以上がSyncToyの設定方法です。この設定方法で複数のバックアップパターンをつくることができるのでOS以外の大事なデータをしっかりバックアップしまくっちゃいましょうねっ!

バックアップは定期的に必ずとっておいたほうが良いです。PCだけにデータを入れっぱなしは一番怖いです。PCやHDD・SSDなどは総じて突然死しますからクローンは多いにこしたことはありません。

まとめ

SyncToyは自動バックアップこそできないものの、大切なデータを簡単・迅速・安全に作成してくれます。Windows10でも普通に利用できるところが本当にありがたいです。

Windows10純正のバックアップは自動バックアップがありますが、その使い勝手は最悪だと僕は思います。バックアップでお悩みの方は是非一度SyncToyを使ってみてくださいね。