Tanweb.net

PC・デジモノ・旅行など好きなことだけ語るブログ

右クリックメニューの「送る」からZIP圧縮ができない(フォルダエラー対処法)

右クリックメニューの「送る」からZIP圧縮ができない(フォルダエラー対処法)

Sponsor link

      2017/06/05
 Windows

      2017/06/05
 Windows

midashi-windows

Windows PCからフォルダやファイルを右クリックメニューの「送る」からZIPに圧縮しようとしたら、突然「フォルダー アクセスの拒否」と表示されて圧縮できなくなることがあります。

zip01

今回はその対処方法を紹介いたします。

Sponsor link

まず一番最初に試してみること

フォルダエラーがでて圧縮出来ない場合は、その圧縮したいフォルダのなかになんらかのWindowsシステムファイルが含まれていて圧縮不可になっている可能性があります(隠しファイル含む)

まず最初に以下の方法を試してみてください。

圧縮したいフォルダのクローンを作ってあげて、そのクローンを圧縮すれば大抵は圧縮することができるはずです(クローンにはシステムファイルはコピーされないため)。

これで回避できればラッキーです!

この方法で回避できなければ、以下の少々難易度が高い方法を行います。

圧縮エラーが出ないように設定しましょう

まずは、コンピューターを開きます。

コンピューターまたはなんでも良いのでフォルダを開くと以下画像のような画面になります。

zip01

画像のピンクの枠で囲った場所に「C:\Users\ユーザー名\AppData\Local」をコピーして貼り付けます。「ユーザー名」の部分はご自分のユーザー名に打ち直してください。

※ユーザー名がわからない場合は、ローカルディスク(C)→ ユーザー → ここにユーザー名を示すフォルダがありますので参照ください。

Tempフォルダのプロパティを開きます

zip02

前項目を適切に行うと上の画像のような感じで「Temp」フォルダがありますのでそちらを右クリックしてメニューを表示させます。

zip03

メニューが開いたら「プロパティ」をクリックします。すると「Tempのプロパティ」が展開します。

ad link

Tempのプロパティの確認と追加

zip04

もしも上画像の枠ように「割り当てられていません」と表示されているなら、なんらかのトラブルでユーザー権限が消えてしまっています。また、こちらにユーザーが登録されていても何らかの原因でフォルダエラーがでていますので、ここからユーザー登録をしなおします。

「編集」をクリックします。「編集」をクリックすると「以下のユーザーまたはグループの選択」が開きます。

zip05

「詳細設定」をクリックします。

zip06

「詳細設定」をクリックすると上画像のような画面になりますので、「検索」をクリックします。すると下のピンク枠の部分にアナタに関連のユーザー名がずらずらならぶことと思います。

その中からアナタが現在使用しているユーザー名を選択して「OK」をクリックします。

zip07

すると上画像のように枠に選択したユーザー名がはりますので「OK」をクリックします。

これで普段通り「フォルダ(ファイル)右クリック」→「送る」から圧縮できるようになります。

※今回の対処法は Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10共通の対処法です。

注意点

もしもこれらの方法でもやっぱりフォルダエラーがでて圧縮出来ない場合は、ぼくにはちょっと他の方法はわかりません。

因みにZIPに圧縮できるサイズ上限は2GBです。またメールに添付できるファイルサイズの上限は25MBが一般的です。それを超えてしまう場合はなんらかのファイル転送サービスを利用しましょう。

以上です。お困りの方のお役にたてば幸いです。

記事のシェアをお願いします

本記事がお役に立ったのなら、是非ともソーシャルボタンからFacebookやTwitter、はてなブックマークなどで拡散しいただけないですか? シェアしてくれる方が少なすぎて切ないんです。投げ銭がわりに是非よろしくお願いします。