Androidスマホで「アプリを一括で全て終了させる」方法

About Android

Androidスマートフォンで、ホームボタンをポンと押してアプリを終了した気になっていませんか?

パソコンでソフト(アプリ)を最小化すると、下のツールバーにしまわれます。しかし、きちんと閉じて終了しないかぎりソフトは起動しつづけていますよね?

それと同じ原理で、Androidアプリもホームボタンを押して見えなくしても、アプリが終了したわけではなく、一時的にしまわれているだけなのです。

今回はAndroidスマートフォンで「アプリを一括で全てまとめて終了させる」方法をブログしたいと思います。

はじめに

Androidスマートフォンをご利用の方にお聞きします。

アプリをなんでもかんでもホームボタンでしまっていませんか?

注意

アプリはホームボタンを押せば、画面上は消えるのでアプリは閉じられたと思うことでしょう。しかし、ホームボタンで画面から見えなくしただけのアプリは「しまわれている」だけで、現在も立ち上がって動いている状態なのです。

はっきりいって、なんでもかんでもホームボタンでアプリをしまってそのままの状態では、端末に大変な負荷がかかります。

そしてそのことがどのような弊害をもたらすのかを後述していきます。

アプリをしっかり終了しないとどうなるの?

以下にアプリをきちんと終了しないことのデメリットをリストアップします。

  1. メモリ不足で突然再起動する場合もある
  2. メモリ不足で動きが悪くなる、またはフリーズする
  3. 特定のアプリではそのままデータ通信をしてしまう
  4. バッテリーの減りが早くなる
  5. 端末内温度が上昇して壊れやすくなる

大きいデメリットはこの5つでしょうか・・・それではひとつづつ解説したいと思います。

メモリ不足で突然再起動する場合もある

Androidスマホには、メモリが足りなくなると自動的にアプリを落としていく機能はあるにはあります。

しかし、それはよっぽど端末のメモリが足りなくなった ときにやってくれるもので、その時にはすでにスマートフォンの動きが重くなっていたりして、追いつかずにフリーズしたり勝手に再起動してしまったりもします。

たまに知人から「最近スマホが調子悪くて、よく再起動するんだけど故障かな?」と相談されることがありますが、ほとんどの場合壊れていません。

おそらくは上記の理由からメモリ不足になっているだけなのだと考えられます。

メモリ不足で動きが悪くなる、またはフリーズする

これは前の項目とリンクしています。

例えば、メモリが1GBのスマートフォンだと、やはりメモリが少ない関係上、メモリ不足で動きが悪くなりやすいです。メモリ2GBクラスでも、アプリを終了しないでおくと1GBよりは保ちますがやはり動きは悪くなるはずです。

ただし、古いスマートフォンや低スペックのスマートフォンでしたら、これには該当しません。ただ機体のスペックが足りないだけです。

特定のアプリではそのままデータ通信をしてしまう

特にスマートフォンでゲームをやる方に注意です。

ゲームをやっている途中できちんと終了せずに、ホームボタンでゲームアプリをしまった状態にした場合、その状態でもゲームによっては通信しつづけるものもあります(ちゃんと切断するものもありますよ)。

その状態を放置し続けると、あっという間に 5GB、10GB とデータ量を使ってしまいます。

そして「追加料金を支払う」というデススパイラル・・・ゲームは恐ろしくデータ使用量が発生するので気をつけたいですね。

バッテリーの減りが早くなる

アプリはしまわれているだけで、絶賛稼働中の状態です。バッテリー減りますよ~。

端末内温度が上昇して壊れやすくなる

実際は画面内に表示されていないだけで、アプリは動き続けています。

メモリやCPUが回りっぱなしになっているので、当然端末内の温度は上昇し続けます。その状態が慢性化すれば、バッテリーの寿命が短くなったり、端末自体が壊れやすくなったりします。運が悪いと火災が起きたりします。実際にそんな例もありましたよね。

でもこのアプリ終了ボタンがないんだけど

そういうアプリもあります。そのようなアプリを全てバックボタンで戻って終了するのも結構ダルいです。以下でアプリを一括終了させる方法を解説いたします。

Androidスマホでアプリを一括で全て終了させる方法

大抵のスマートフォンでは「ホームボタン」長押し、またはそれに類するアプリ使用履歴ボタンをタップすると、以下の画像のような画面になります。

Screenshot_2014-10-30-22-06-02

Galaxy

screenshot_20161118-130836

Xperia

最近使ったアプリのリストがずらずらでてきます。この画像の場合は右下のピンクの線を引っ張った場所をタップすると・・・たったこれだけで起動中のアプリが全部終了します。全部です!

この行為をすることによってアプリが全部終了しますから、スマートフォンがいろいろリフレッシュし、早くなります。また、当然バッテリーの減りも気持ち遅くなります。

この画像の場合は「☓」ボタンみたいな表示ですが、「アプリを全部終了」や「アプリクリア」など機種によって表示方法は千差万別だったりしますが、機能や、やり方は同じです。

ここがポイント!

この方法でアプリを定期的に一括終了させればOKなので、ちょこちょこ気がついた時にやってあげましょう。

※語弊がないように補足しますが、もともとバックグラウンドで動くアプリに関しては終了してしまうと困るのでこれでは終了しません。

タブレット等一括終了ボタンの無い端末について

現在、残念ながらアプリの一括終了するための気の利いたアプリは無く、Recent Apps画面に表示されているアプリをひとつひとつスライドさせて終了するか、再起動しかないようです。

その辺はスマートフォンの方が気が利いています。(Nexus系のタブレットなどはこの辺が本当に不便ですよね)

まあ、Rootを取れば、一括終了ボタンを付与できるアプリがあるのですが・・・・それはちょっとですよね。

Recent Apps=アプリ使用履歴画面

まとめ

今回はAndroidスマートフォンで「アプリを一括で全てまとめて終了させる」方法をブログしました。本記事の方法は、Androidスマホを使用する上で、本当に大事な所作なので覚えておくと良いと思います。

また、この方法でも動きが改善されない場合や画面がおかしくなったりした場合などは、パソコンと同じで端末を再起動させると大抵のちょいトラブルは解消されます

兎にも角にも、Android端末はアプリをきちんと終了させないと、いろいろなデメリットが発生します。

終了ボタンがあるアプリは必ずそこで終了するクセをつけ、一括終了ができる端末では定期的にしっかりアプリを終了させましょう。