▶【注目記事】Windows 11 を導入したら最初にやっておくべき初期設定

Windows 11 タスクバーの時間に「秒」を追加表示する方法

※ 本記事にはプロモーションが含まれます

Windows 10 から Windows 11 になって意外と困ったことは、タスクバーのカレンダー表示内から時刻の「秒」表示が廃止されたことなんです。

Windows11からカレンダー内の秒表示が無くなった

Windows 10 ではタスクバーの時刻をクリックして出てきたカレンダー内に「秒表示がある時刻」があったんですよね。

パソコンの時刻は常にインターネットから取得しているから正確なので、腕時計や卓上時計の時刻を合わせるのに重宝するんですよね。

キタムラ

だからこそカレンダーから「秒」表示が無くなったのがめちゃくちゃ困るんです!

そんな困っているユーザーの声が Microsoft へ届いたのかどうなのか?

Windows 11 タスクバー年月日時間に秒を追加表示

Windows 更新による追加機能で「タスクバーの時刻表示に秒を追加表示」できるようになりましたので手順を紹介します。

今回の記事内容

今回は『Windows 11 タスクバーの時刻表示に「秒」を追加する方法』を紹介します。

Windows 11 タスクバーの時間に秒を追加表示する手順

  1. Windows 11 タスクバーの時間に秒を追加表示する手順01
    タスクバーの何もないところをマウス「右ボタンクリック」します。メニュー内の「タスクバーの設定」を選択します。
  2. Windows 11 タスクバーの時間に秒を追加表示する手順02
    タスクバーの設定が開きます。「タスクバーの動作」をクリックします。
  3. Windows 11 タスクバーの時間に秒を追加表示する手順03
    下へスクロールすると「システムトレイの時計に秒を表示する」をクリックしてチェックを入れます。
  4. Windows 11 タスクバーの時間に秒を追加表示する手順04
    「システムトレイの時計に秒を表示する」にチェックを入れたらタスクバーの時間を見てください。
  5. 「システムトレイの時計に秒を表示する」をクリックしてチェック05
    時・分だけだったタスクバーの時刻に「秒」が追加されました。設定は以上です。

あとがき

とても些細なことなのですが、タスクバーの時間表示に「秒」が在るのと無いのではパソコンの使い勝手に雲泥の差があると思っています。

パソコンがとても便利になります。

Windows 11 パソコンのタスクバーに「秒」表示が無くてお困りの方は、ぜひサクッと設定してみてくださいね。