▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

漏洩した可能性のあるパスワードを教えてくれる Chrome の便利機能!(Google セキュリティ診断)

漏洩した可能性のあるパスワードを教えてくれる Chrome の便利機能!(Google セキュリティ診断)

インターネットを利用していると、本当に様々なネットサービスに登録します。登録の際にはユーザー ID とパスワードを作成しますよね。

有名どころの大手サービスなんかだと、2段階認証(2要素認証)がありますが、そういったセキュアな機能が無いサービスもまだまだ結構あります。

ユーザー ID とパスワード入力のみで、なおかつ同じパスワードを使いまわしている場合は、結構な確率でパスワードが漏洩している可能性があります。

では、どのサービスのパスワードが漏洩している可能性があるのか?

Chrome を使っているなら簡単に調べることができます。

  • 今回は「漏洩した可能性のあるパスワードを教えてくれる Chrome の便利機能! Google セキュリティ診断を使ってパスワード変更をしよう!!」をお送りします。

本記事は Windows と Mac 共通で対応している内容です。

漏洩した可能性のあるパスワードを調べられる便利機能

Google セキュリティ診断

Google が提供するサービスのひとつに「Google セキュリティ診断」というものがあります。このセキュリティ診断は、Google アカウントに紐付けされた Chrome に保存されているパスワードが漏洩の可能性があったときに教えてくれる機能があります。

仮にパスワードが漏洩していて、悪意のある人間が自分に成りすましてサービスアカウントを利用してしまえば、犯罪に利用されるかもしれませんし、その他よからぬことに利用されてしまうかもしれません。

そんなことにならないために、定期的にこの「Google セキュリティ診断」を確認して、パスワード漏洩の可能性があるネットサービスのパスワードを変更すると安全安心です。

Google セキュリティ診断の使い方

Google セキュリティ診断でパスワードの漏洩をチェックするには、ブラウザに Chrome を利用していて、なおかつ Chrome に Google アカウントが紐付いている必要があります。

漏洩の可能性があるパスワードを変更していく手順

  1. まずはパソコンで Chrome を起動して「Google セキュリティ診断」へアクセスします。
  2. Google セキュリティ診断の使い方01
    パスワード チェックアップが開きます。「パスワードを確認」ボタンを押します。
  3. Google セキュリティ診断の使い方02
    確認のために Google アカウントの入力を求められます。パスワードを取り扱うのでかなり厳重ですね。適切なアカウント入力ができたら「次へ」ボタン。
  4. Google セキュリティ診断の使い方03
    画面が切り替わると、漏洩した可能性があるパスワードが何件あるのかが表示されます。右にある「∨」アイコンをクリックします。
  5. Google セキュリティ診断の使い方05
    Chrome に保存されている、漏洩している可能性があるネットサービスのユーザー ID とパスワードがサービス毎一覧になって表示されます。
  6. Google セキュリティ診断の使い方06
    ①:ネットサービスの URL ②:そのサービスに登録されているユーザー ID ③:そのネットサービスのトップページへアクセスできるリンク ④:パスワードの編集メニュー
  7. Google セキュリティ診断の使い方07
    まずは「パスワードを変更」ボタンを押します。
  8. パスワードを変更ボタンを押すと、該当するサービスのサイトトップページが開きます。そこからログインをして、そのサービスのパスワードを変更します。
  9. Google セキュリティ診断の使い方08
    サービスのパスワードを変更すると、Chrome 上部から「パスワードを更新しますか?」が出てくるので「パスワードを更新」ボタンを押します。
  10. Google セキュリティ診断の使い方09
    Google セキュリティ診断に戻って、「結果を更新」ボタンを押すと、「7」~「9」の手順でパスワードを更新したサイトが一覧から消えるはずです。
注意

Google セキュリティ診断は、パスワードを扱う重要性から、セキュリティのため15分ほどで自動ログアウトしてしまいます。作業を続ける場合は再度ログインしてください。

現在のパスワードを確認する手順

一覧にある各サービスサイトの現在のパスワードは簡単に確認できます。

  1. 現在のパスワードを確認する手順01
    パスワード変更ボタンの右側にある「︙」アイコンを押して、「パスワード表示」を選択します。
  2. 現在のパスワードを確認する手順02
    該当サービスサイトで現在登録されているパスワードが表示され、確認することができます。

漏洩した可能性のある一覧からサイトが消えない場合

上の手順でサービスサイトのパスワードを変更したのに、漏洩した可能性のあるパスワード一覧から消えてくれない場合は以下の手順を施します(稀に起こります)。

  1. 漏洩した可能性のあるパスワード一覧から消えてくれない場合01
    パスワード変更ボタンの右側に「︙」アイコンがあるのでクリック。メニューが出たら「保存されているパスワードを更新」を選択します。
  2. 漏洩した可能性のあるパスワード一覧から消えてくれない場合02
    ここに変更したパスワードを手動で入力して「保存」ボタンを押します。これで一覧から消えます。パスワードは入力ミスに気をつけてください。

おすすめセキュリティソフト

【キタムラも愛用中のウイルス対策ソフト】

 

販売から30年以上!アンチウイルス界の老舗セキュリティソフト「ESET」。話題の詐欺広告なんかもしっかり対応。検出率・軽さ・価格と三拍子そろっておすすめ!

 

ESET 公式サイト

あとがき

ウェブサービスによって登録してある個人情報の量が違うはずです。

特に登録してある個人情報の量が多いウェブサービスのパスワードが漏洩している可能性があるなら、Google セキュリティ診断を使って早急にパスワード変更しましょう。

アカウントが乗っ取られて、つまらないことに巻き込まれたりするのは嫌ですからね。