▶【注目記事】Windows 11 を導入したら最初にやっておくべき初期設定

WordやExcelで「サインインする必要があります…」が出てきて消えない時の対処方法

Microsoft Office についての内容

Word や Excel などの Office 製品を使って作業していたら・・・

サインイン() してください キャッシュされた資格情報の有効期限が切れているため、変更内容ををアップロードできません。

サインイン() してください キャッシュされた資格情報の有効期限が切れているため、変更内容ををアップロードできません。

このようなエラーが出てきて、文書ファイルの保存ができなくなってしまう・・・そんなトラブルに見舞われることがあります。

文書ファイルの保存ができないのは困ります。何より、このエラーがずっと表示されているのはうっといしいですよねっ!!

今回は『Word や Excel などの Office で「サインインする必要があります…」が出てきて消えない時の対処方法』を紹介します。

OneDrive と Office の同期がおかしくなると起こるエラー

サインイン() してください キャッシュされた資格情報の有効期限が切れているため、変更内容ををアップロードできません。

Office ファイル編集中に出てくる「サインインする必要があります…」警告は、OneDrive と Office との同期に関連して起こります。

このエラーが出ている時にタスクバーの OneDrive アイコンを確認すると・・・

読込中の OneDrive アイコン

読み込み中のグルグル表示のアイコンになっているはずです。

OneDrive と Office 同期になんらかの不都合が生じていて読み込みが終わらないので、エンドレスでグルグルアイコンなわけです。

これを解消するには、OneDrive の設定から Office の同期設定をいじる必要があります。

「サインインする必要があります…」を解消する手順

  1. 「サインインする必要があります…」を解消する手順
    ① タスクバー(または隠れたインジケーター)にある OneDrive アイコンをワンクリックすると OneDrive の情報がせり上がってきます。② 右上の「歯車アイコン」をクリックします。③ メニュー内の「設定」をクリックします。
  2. 「サインインする必要があります…」を解消する手順02
    OneDrive の設定ウィンドウが開きます。「Office」タブを選択して、「Office アプリケーションを使用して、開いている Office ファイルを同期する」のチェックを外してください。チェックを外したら「OK」ボタンを押します。
  3. これで「サインインする必要があります…」が消えるはずです。

あとがき

この手順で OneDrive と Office ファイルの同期方法を変更しましたが、今までと変わらず Office ファイルはちゃんと OneDrive に保存されるので問題は起こりません。安心してくださいね。

今回は『Word や Excel などの Office で「サインインする必要があります…」が出てきて消えない時の対処方法』を紹介しました。

同エラー警告が出てしまった時にはお試しください。

 

本記事読者さんにおすすめの Bluetooth 小型マウス

筆者も愛用の「カチカチ」しないマウス。出先でマウスを使うならボタンを押した時に「カチカチ音」がしないほうが良いです。戻る・進むボタンもあっておすすめの逸品。