▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

Word 文章が2ページ目に少しあふれた!1ページにまとめる方法

Excel オートフィルの使い方02

Office「Word」で書類を作成していて、あと少しというところで、文章が数行あふれてしまい2ページ目まで進出してしまう・・・意外とよくある「Word あるある」じゃないでしょうか?

Word 数行あふれて2ページ目になってしまう

このたった数行の文章オーバーって情けない感じで、なんとかして1ページ目にまとめたいと思いますよね。

本記事で紹介する方法を利用すれば、数行のページあふれなんて簡単に調整して1ページ目にまとめることができます!!

今回は「Word 文章が2ページ目に少しあふれた!1ページにまとめる手順」を紹介します。

Word 2ページ目にあふれた文を1ページ目にまとめる手順

  1. Word ルーラーを表示
    まず「表示」タブを選択します。「ルーラー」があるので、それにチェックをいれます。
  2. Word ルーラーが表示された状態
    入力エリアの上と左に「ルーラー(定規)」が表示されます。使うのは左側のルーラーです。
  3. ルーラーの境目01
    まず、1ページ目の上段にあるルーラーの境目(白とグレー境界)を左クリックして押したまま、マウスを上へ移動させます。するとグレーの部分が短くなり白い部分が上がってきます。
  4. ルーラーの境目02
    同じ用に1ページ目の下段にあるルーラーの境目を左クリックして押したまま、こちらはマウスを下へ移動させます。するとグレーの部分が短くなり白い部分が下がってきます。
  5. ルーラーで余白を少なくすれば1ページにまとまる
    上段・下段のルーラーで書類の余白を少なくする調整を行うことで、2ページ目にあふれてしまっていた数行は、このように1ページ目に自動的にまとまります。
  6. 余白を調整しても印刷には影響なし
    印刷プレビューを確認してみると、ちゃんと部数は「1」で、プレビューも1ページ以内に文章が収まっていることが確認できます。

あとがき

フォントサイズや行間にもよりますが、本記事の方法を利用することで、5行ぐらいまでなら2ページ目にあふれた文章を1ページにまとめることが可能です。

たった数行のために2ページ印刷するのは紙がもったいないですし、見た目も悪く、読み手への配慮にもかけます。

2ページ目へ文章が数行あふれてしまった時にはぜひ本記事の方法をお試しください! すっきり解決しますよっ!!