▶ Windows 10 全般の使い方や設定各種・快適術をまとめたリンク集

アドセンス「広告クローラのエラーが生じており…」の原因が WordPress のプレビューが原因だった場合

アドセンス「広告クローラのエラーが生じており…」の原因が WordPress のプレビューが原因だった場合

ある日突然アドセンスに「広告クローラのエラーが生じており、収益の損失が発生する可能性があります」という表示が出てきら、その原因はもしかしたら WordPress のプレビューを見すぎたことかもしれません。

こんな警告が表示されたら正直結構ビビってしまいますが、内容と原因を確認してみると案外問題ないものだったりします(もちろん問題アリの場合ということも)

今回は『Google アドセンス「広告クローラのエラーが生じており…」の原因が WordPress のプレビューが原因だった場合』の紹介です。

警告は通知欄とページ上部警告帯で表示

広告クローラのエラーが生じており、収益の損失が発生する可能性があります(通知欄)

広告クローラのエラーが生じており、収益の損失が発生する可能性があります

「広告クローラのエラーが生じており、収益の損失が発生する可能性があります」警告は、通知欄とページ上部の警告帯で表示されます。

広告クローラのエラーが生じており、収益の損失が発生する可能性があります(操作リンク)

この警告が出てしまった時には、「操作」リンクから原因を確認することができます。さっそく押してみましょう。

広告クローラエラーの原因が WordPress のプレビュー?

WordPress の投稿前記事プレビューが原因だった

操作ページに移行して原因を調べてみると、エラーが出ている箇所の URL が「WordPress 運営サイトのドメイン/p=12345/preview=true」が原因でした。

この URL は、WordPress 記事投稿前にプレビューボタンからプレビューすると生成される URL です。

通常プレビューにもアドセンス広告は表示されてしまうので、一般公開しない仮の URL である記事プレビューにアドセンスのクローラが回ってきた結果、誤作動で広告クローラエラーを吐き出してしまう・・・

というのが本記事で紹介エラーにおける原因です。

ここがポイント!

特別な処置を施していない限りは、プレビューにもアドセンス広告が表示されてしまいます。記事執筆の段階でプレビューを表示しすぎて(見すぎて)しまうと、アドセンス管理画面に広告クローラのエラーが表示されることがあります

WordPress プレビュー起因の広告クローラエラーの対処法

この警告は、様々な起因から表示されるのですが、今回は WordPress の投稿前記事プレビューが原因だったので・・・他の原因と違い特に対処する必要はありません

プレビューページというもともと一般公開されない URL に対して「収益の損失が発生する可能性がある」という注意書きですから、あってないようなものです。

WordPress 投稿前記事のプレビューページ URL が原因だった場合はスルーで大丈夫。収益には全く問題ありません!