▶ Windows 10 全般の使い方や設定各種・快適術をまとめたリンク集

【超重要】新しいパソコンを購入したら真っ先に「回復ドライブ」を作ろう!

About Windows 10

最近のパソコンには、ひと昔前のパソコンには当たり前のように同梱されていた「リカバリディスク」が付属することはありません。

リカバリディスクとは、パソコンのプログラムにトラブルがあったときなどに、PC をまっさらな状態へ戻すことができる初期化用ディスクのことです。それが無いんです。

では、最近のパソコンはトラブルがあったときに、どのように初期化するのでしょうか?

答えは「自分で初期化用の回復ドライブを作っておき、それを使って初期化する」が正解です。(ただし、メーカー独自のリカバリメディア作成機能がある場合は、そちらを優先するとよいでしょう。)

Windows パソコンは、その個体独自のアプリケーションやドライバなども含まれているので、プログラムやストレージが壊れたときには回復ドライブを使って初期化します。

裏を返すと、この回復ドライブを作り忘れてしまうと、パソコンのプログラムが壊れてしまった時に、そのパソコンを初期化をすることが難しくなるということです。

今回は「そんな超重要な回復ドライブの作り方」を紹介します。

ここがポイント!

一部パソコンには今でもリカバリーディスクが付属しているものもあります。もし、購入された PC にリカバリディスクが有るなら、回復ドライブ作成は不要です。本記事をそっと離脱しちゃってくださいね。

最近の PC はストレージに初期化データが内蔵されている

冒頭で「最近のパソコンにはリカバリディスクが無い」と言いましたが、では初期化するためのデータはどこにあるか?

パソコンを初期化するためのデータは・・・

パソコンのストレージ(HDD / SSD)に回復パーティションとして内蔵されています。

Windows 10 は初期化する方法がとても簡単で、パソコン(OS)が起動する状態であれば、「設定→更新とセキュリティ→回復」からいつでも簡単に初期化することができます。

しかし、回復データをストレージに内蔵しているデメリットとして、プログラムの破損などでパソコンが起動しなくなってしまうと、内蔵の回復データを読み込むことができないので初期化することができなくなります。

その時点で、そのパソコンは「ジ・エンド」です。

しかし、あらかじめ「回復ドライブ」を作成しておくと、パソコン(OS)が動かない状態でも初期化させることが可能となります。

回復ドライブとは

回復ドライブとは

USB フラッシュメモリに PC 初期化用のデータを保存し、パソコントラブルの際にいつでも工場出荷時と同じような状態に戻せる、リカバリディスクと同等のものです。

したがって、新しいパソコンを購入したら、いの一番に作成しなければいけない超重要なものなのです!! これは絶対につくらなきゃアカンのですよっ!!

ただし、回復ドライブにバックアップされる Windows 10 バージョンは、そのバックアップした時のバージョンとなりますので、そこだけ注意してください。

というわけで、以下から回復ドライブの作り方を紹介します。

Windows 10 回復ドライブの作り方

必ず用意するもの

空の 32GBのUSBフラッシュメモリを用意して下さい。

なぜ、32GBかというと・・・

これ、ぼくのノートPCのストレージです。

ピンクの枠で囲っている場所が初期化用の回復データなのですが、全てのパーティションを足すと「15.5GB」あります。

最近の Windows 10 回復データはこのくらいの容量があるのは普通です(個体によっては 16GB で事足りる場合もあります)。

一見 16GB の USBメモリで足りるように思えますが、16GB の USBメモリは実質 14.7GB なので足りません。したがって 32GB のUSBメモリが必要になるというわけです。

ぼくが好んで使う USBメモリを2つほど紹介します。どちらも大手ブランドなので安心という理由からバックアック系によく選択するブランドです。

回復ドライブ用の USBメモリは、とても重要なデータを保管しておくための大切なもの・・・ケチらずにちゃんとしたものを買ってくださいね。

回復ドライブ作成の手順

  1. 32GB の USBメモリをパソコンと接続します。
  2. USBメモリは必ず「空」のものを接続してください。回復ドライブを作成するときに自動的に初期化されます(中にデータがあれば削除されてしまいます)。

  3. タスクバーの Windows 検索へ「回復ドライブ」と入力すると、回復ドライブが表示されるので、それをクリックしてください。

  4. 回復ドライブウィンドウが開いたら、「システム ファイルを回復ドライブにバックアップします」にチェックが入っていることを確認して「次へ」。必ずチェックを入れてから次へを押してください。

  5. 回復ドライブの保存先を探します。これは2~3分かかるので待ちます。

  6. 使用可能なドライブの部分に接続している USBメモリが表示されていることを確認したら「次へ」を押します。USBメモリはちゃんと空ですよね?

  7. 「USBメモリはフォーマットされるからデータが入っていると全部消えちゃうよ」という警告です。問題ないなら「作成」を押して下さい。

  8. 回復ドライブの作成がはじまります。回復ドライブの作成には、だいたい 1時間くらいかかるので待ちます。TVでも観ながら待ちます。

  9. この表示がでれば、回復ドライブ作成は完了です。「完了」を押して、安全な取り外しを行い USBメモリをパソコンから取り外します。
  10. あとは来るべきトラブルの際まで USBメモリを保管しておきます。何の USBメモリなのかわからなくなっては本末転倒。直接書くなり付箋を貼っておくなりしてくださいね。
注意

作成した回復ドライブは、作成したパソコンの初期化用データが保存されます。当然そのパソコンのみでしか使用できません。他のパソコンで使うことはできませんので注意してください(当たり前か)。

回復ドライブからパソコン初期化を行う手順

別記事にて掲載しております。

About Windows 10Windows 10 回復ドライブを起動してパソコンを初期化する手順
以前「パソコンを購入したらすぐに回復ドライブを作成しておこう」という記事をお届けしました。 パソコンにトラブルが起こったり、...

よく質問される回復ドライブの勘違い

質問者

回復ドライブを使ったら、今までインストールしてあったソフトも元通りに戻るのでしょうか?

これよく質問されるのですが、「回復ドライブとは」でご説明したとおり、回復ドライブは、パソコンの初期化、すなわち工場出荷時と同じような状態にするためのものなので、インストールしてあったソフトや設定などは元に戻りません。

たぶん、システムイメージと勘違いされているんだと思うのですよね。

今のパソコンの状態(ソフトや設定など)を一切合切に丸ごとバックアップしておくのがシステムイメージです。

Windows 10 の丸ごとバックアップ「システムイメージ」の作成手順は、以下の別記事を参照してください。詳しく紹介しています。

About Windows 10Windows 10 で OS をまるごとバックアップする方法
今回は「Windows 10 で OS をまるごとバックアップする方法」を紹介したいと思います。すべての初期設定が完了し、一番良い状態になって...

あとがき

回復ドライブの作成は、Windows 10 パソコンを利用するうえで、やっておかねばならないランキング最重要項目なので、タイトルにも【超重要】と記しました。

冒頭でも書きましたが、リカバリディスクが無いんですから作っておかなければならないんですよっ!! 後回しにして結局そのまま回復ドライブを作らない人が、その後どうなるかはお察いただければと・・・。

回復ドライブの作成は本当に大事なので、まだの方は、パソコンがちゃんと動いている今しか作れないんですよっ! 今すぐ作ってくださいねっ!!