スマホ&タブレットでビデオ通話や動画撮影が快適になる三脚ホルダーを紹介

ミニ三脚ホルダーと iPad

はい! 今回は↑↑こういうのを紹介します。

スマートフォンやタブレット端末でビデオ通話をするときって、時間が経てば経つほど端末を支えている腕がだるくなってツライですよね。ぷるぷるしてきます。

かといって、ありがちな立てかけるタイプのスマホホルダーだと、端末が上向きになるので、天井照明で逆光になって見苦しい映像をお届けするビデオ通話になってしまう。

というわけで、今回は「スマホやタブレットでビデオ通話や動画撮影、動画視聴がとても快適になる便利な専用三脚ホルダー」を紹介します。

スマホ用 三脚ホルダー

今回ぼくが購入したスマホ用の三脚ホルダーはこちら。

ミニ三脚ホルダーと iPhone

実際にスマホを装着したらこんな感じ。装着している端末は iPhone 6 です。

この商品を選んだ理由

Amazonでスマホ用の三脚ホルダーを探すと多くの商品がヒットしますが、ぼくがなぜこの商品を選んだのか?

まず、本体が2つに分離することができ、支柱とクリップ部分のどちらにも雲台装着用のネジ穴がついていること。汎用性があります。

スマホを挟むクリップが「バネ式」ではなく「ネジ式」なところ。バネ式は挟む力が強すぎてスマホに傷が付くかもしれません。

また、バネクリップを引っ張っているときにうっかり指を離してしまうと「バチン」とスマホに勢い良くクリップが落ちて、衝撃で内部の機器が壊れたら目も当てられません。

しかし、この商品のようにネジ式ならば自分で締め具合を調節できますし、指を離しても「バチン」することがなく端末に優しいと思ったからです。

縦横両方対応なところ。タブレットは横だけでも良いのですが、スマホは縦横両方に対応している方が使いやすいです。

実際に使ってみた

遠く離れた妻の弟へビデオ通話。両手が空くし、画面の傾斜を好みの向きへ簡単にあわせられるので超便利!! 装着している端末は iPhone 7 Plus です。

ビデオ通話を頻繁に行う方には大変おすすめだと思いませんか?

ハンドグリップに取り付けたり、ハンドグリップになる三脚ならこのように歩き動画撮影などで重宝します。

タブレット用 三脚ホルダー

上のスマホ用と同じブランドのタブレット用三脚ホルダーです。

実際にぼくの手元に届いたものです。

純正のカバーを付けた iPad(9.7インチ)を装着したらこんな感じ。10.5インチまでいけるみたいです。

タブレット用 三脚ホルダーの使い勝手

スマホ用と同様こちらもバネ式ではありませんが、ネジ式でもありません。

幅をひっぱって調整後、つまみを回してロックするタイプです。やはり端末を傷つけない設計が購入ポイントなのです。

装着してみた背面と側面の写真。

ぼくは離れた場所に住んでいる甥っ子とよく iPad を使ってビデオ通話をするので、持ち手が解放されるのは最高に助かります。iPad は重いですから腕が相当プルります。

三脚ホルダーに取り付けているミニ三脚も紹介します

マンフロットという有名なメーカーのスタイリッシュミニ三脚です。これ、有名なユーチューバー「カズチャンネル」のカズさんの動画でも何度か登場していますね。

マンフロットミニ三脚「PIXI」は軽量・頑丈・自由調節雲台・スタイリッシュな見た目で、今回紹介の三脚ホルダーやデジカメと相性が抜群です。

過去にこの三脚について熱く紹介しているのでよかったら読んでみてください。

旅行やおでかけのお供に超おすすめのミニ三脚 - マンフロットミニ三脚 PIXI
バックパックに気軽にいれられて、一眼レフにも使えるしっかりしたミニ三脚ないかな?と探していたらありました。その名も「マンフロッ...

スマホ&タブレット用 三脚ホルダーはこんな人におすすめ

  1. ビデオ通話を頻繁に行う人。
  2. スマホやタブレットで動画撮影をする人。スマホ撮影のユーチューバーさん。
  3. よく動画視聴する人。傾斜を調整できるので寝転がって動画視聴にも向いている

などなどまだありそうですね。

あとがき

スマホ用とタブレット用ともに安っぽさは感じません。しっかり作ってあります。

今回は様々な場面で利用できる「スマホやタブレットでビデオ通話や動画撮影、動画視聴がとても快適になる便利な専用三脚ホルダー」を紹介しました。