Fire TV Stick の電源はどうやってオフにするの?

うちの母が「Amazon Fire TV Stick」を購入して、『ねえ、これ電源はどうやって切るの?いちちコンセントを抜かないとダメなの??』と尋ねてきた。

うん、たしかにその疑問はもっとも。Fire TV Stick には電源ボタンやスイッチの類いがない。普通に考えればコンセントの抜き差ししか思い浮かばない。

今回は「Amazon Fire TV Stick の電源の落とし方について」メモしておきます。

Fire TV Stick の電源の落とし方

上の画像が Amazon Fire TV シリーズのヘルプページのキャプチャですが、注意書きの部分に・・・

使用後に Amazon Fire TV をオフにする必要はありません。Amazon Fire TV は、省エネのために20分後にスリープモードになるように設計されています。

と記載されています。

コンセントを抜かなくても自動的にスリープモード(待機モード)になるんですね~。

マニュアルでスリープモードにしたい

とはいえ、「そのスリープまでの20分間の待機電力がもったいない!」「自分でスリープにしないと安心できない!」という方もいるんじゃないでしょうか?

ぼくはこのタイプです(笑)

ということで、Fire TV stick を自分で強制スリープにさせる方法を紹介します。

  1. Fire TV Stick リモコンの「ホーム」ボタンを長押します。4秒くらいかな?
  2. ホームボタンを長押しすると、テレビ画面には上の画像みたくいくつかのメニューが表示されます。そのなかの「スリープ」を選択するとスリープして消えます。

以上、マニュアルスリープの方法でした!簡単ですね。

スリープ時の注意点

Fire TV Stick を1ヶ月とか長期使わないであろう場合には、コンセントを抜くようにしましょう。これは別に Fire TV Stick に限ったことではなく、電化製品全般に言えることでもあります。

スリープ状態にしておくだけで Fire TV Stick は熱を持ちます

その都度コンセントを抜き差しする方が個体にも安全面でも良いはずです。ぼくは、その日もう使わないってなったらこちらを選択しています。

こんな風に スイッチ付きのコンセントタップ に Fire TV Stick の電源を差しておけば、いちいちコンセントを抜き差ししないでも、スイッチのON・OFFが簡単に行なえます。こういうタップは大変便利で、電源ボタンのない電化製品には大変重宝します。

こういうコンセントタップを節電タップっていうんですよね~♪

ソケット1個口タイプ

スイッチひとつでソケット複数タイプ

ソケットごとにスイッチがあるタイプ

節電タップはコンセント穴とスイッチが多いタイプじゃなければ、わりと安価なのでコスパがよろしく使い勝手を考えても導入する価値はあります。

有線で接続可能な環境なら有線接続するのがオススメ!

Fire TV Stick を有線で接続可能な環境であるなら、絶対に有線接続をすることをオススメします!! 理由は以下。

  • 有線接続は全てにおいて読み込み動作が高速
  • グルグル(読み込み)で待たされることがない
  • 動画が固まったりコマ送りになることがない
  • 回線速度不足による突然の画質低下がない
  • スマホのミラーリングも高速になる
  • NAS保存の動画などもストレス無く視聴できる

などなど Fire TV Stick を有線接続すると良いことしかありませんっ!

詳しくは別記事にて熱く語っていますのでよかったら読んでみてください。

Fire TV Stick 2018 と有線接続ケーブルFire TV Stick の映像がカクカクする!そうだっ有線接続しよう!!
Fire TV Stick を日頃から常用しているキタムラです。 Fire TV Stick は便利なもので、それひとつで hulu や FOD、dTV などプライムビ...

あとがき

Fire TV Stick は 2017年から Newモデルになりましたよね! プライムビデオ以外にも、dTVやHuluもこれひとつで観ることができたりと(要契約)、大変便利なツールです。

あと、一部Androidアプリだって使えるんですよ!! すごいよね~。

今回は「Fire TV Stick の電源について」をお送りいたしました。それでは充実の Fire TV ライフをお過ごしくださいね♪