Tanweb.net

PC・デジモノ・旅行など好きなことだけ語るブログ

windows 10でエクスペリエンスインデックスを確認する方法

windows 10でエクスペリエンスインデックスを確認する方法

Sponsor link

      2016/12/03
 Windows

更新日:2016/12/03   Windows

midashi-windows10

Windows 10 へアップグレードされた方、新たに 10 を購入されたかた、様々かと思います。特に、Windows 7 から Windows 10 へ移行した方は「エクスペリエンスインデックス」が無いことに気がつきましたか?

exindex07

こういうのです。

エクスペリエンスインデックスは、今使っているPCの性能を数値化して表してくれる非常に便利なものでした。性能に関して難しい専門用語を並べられてもよくわからないという方でも、数字に置き換えればわかりやすいですよね。

しかし、Windows 8 からこのエクスペリエンスインデックスが廃止されてしまい、当然Windows 10でもありません。

今回は、「Windows 10 でエクスペリエンスインデックスを確認する方法」を紹介したいと思います。これでアナタのPC性能もバッチリ確認できますよっ!

Windows 10 でエクスペリエンスインデックスを使う方法

exindex00

①:まず、Windowsスタートアイコンを右クリックし、でてきたメニューから「コマンドプロンプト(管理者)」を選択します。

exindex01

②:コマンドプロンプトが起動したら、「winsat.exe formal」と入力してEnterを押します。(コピペで良いよ)

exindex02

③:すると、たくさんのテキストが流れだします。動きが止まるまで待ちます。この時に絶対にコマンドプロンプトを閉じないでくださいね。

exindex03

④:3分ほど待つと文字が流れるのがストップします。ピンク枠で囲った部分のテキストが最後に表示されていれば作業は終了しています。コマンドプロンプトを閉じます。

exindex05

⑤:続いて、「C:\Windows\Performance\WinSAT\DataStore」をフォルダルート部分にコピペして「DataStore」というフォルダを開きます(普通では開くことができないフォルダですからコピペで開くのです)。

このフォルダ内のおそらく一番下「【日付】Formal.Assesment(Initial).WinSAT.xml」を⑥でつかいますので場所をチェックしフォルダはそのままです。

exindex04

⑥:つづいて Windows 10 PCのエクスペリエンスインデックスを確認することができる「WinSAT Viewer」というウェブサイトを開きます。

>WinSAT Viewer

開くと画像のようなウェブページが表示されますので、先ほど⑤で開いたフォルダの中の「【日付】Formal.Assesment(Initial).WinSAT.xml」というファイルを画像の3番の位置へドラッグ&ドロップします。

exindex06

⑦:すると、エクスペリエンスインデックスが表示されます。因みにこれはぼくが使っているPCがのエクスペリエンスインデックスで、上から4つ目までのスコアが7以上でていれば、そこそこなんでも高負荷な作業が快適にこなせる性能のPCだと思います。

あ、でも3Dのゲームみないなのはグラフィック8以上かな・・・。

注意点

PCのハードウェアを変更したら(HDDやメモリなどの内部のもの)、①~④までのコマンドプロンプト作業を再びやる必要があります。環境が変わらなければ、コマンドプロンプト作業を再度行う必要がなく、エクスペリエンスインデックスを再確認したい場合には⑤からの手順でOKです。

というわけで、今回は「Windows 10でエクスペリエンスインデックスのスコアを確認する方法」を紹介いたしました~。