▶【注目記事】Windows 11 を導入したら最初にやっておくべき初期設定

インターネット中ちょっとメモしたい時に便利なインスタントメモ帳を作成【ブラウザメモ帳】

インターネット中ちょっとメモしたい時に便利なインスタントメモ帳を作成【ブラウザメモ帳】

※ 本記事にはプロモーションが含まれます

インターネット中にちょっとメモしておきたいことって往々にしてあります。

ただ、あくまでも「ちょっとメモしておきたこと」なので、クラウドメモにメモを取ってしまうと自動保存されてしまい、後ほど削除するのが面倒だったりするのです。

こういう電子メモパッドみたいなイメージで、ブラウザからその場限りのインスタントなメモができると残らないし処理も楽だし使い勝手が良いと考えていました。

ブラウザの拡張機能にあるかもとめっちゃ検索して探したのですが、あまり希望に沿うようなものはありません。

それに拡張機能だとブラウザがより重くなってしまうよね。

キタムラ

じゃあ自分で作っちゃおうか!

というわけで、ブラウザがあれば誰でも無料で使えるインスタントメモ帳を自作しましたので共有したいと思います。

今回の記事内容

今回は「インターネット中ちょっとメモしたい時に便利なインスタントメモ帳を作成しました」ので紹介します。

ブラウザから利用するメモツール「インスタントメモ帳」

今回自作したツールは以下の「インスタントメモ帳」です。

ブラウザから利用するメモツール「インスタントメモ帳」01

▶ 画像をクリックするとツールがタブで開きます

別に残す必要はないんだけど、インターネット中にサッとメモしておきたくなることって結構あります。

そんなときに便利に使えるメモツールがこの「インスタントメモ帳」です。

このインスタントメモ帳の特徴

このインスタントメモ帳の特徴

一度に450文字程度を表示できる

  • テキスト入力で走り書き(走り入力?)ができる
  • メモの保存はできない(その名の通り “インスタント” なのです)
  • タブを閉じればメモは完全に消えて履歴は一切残りません
  • PC と iPad(横置き)で利用することを想定して設計しています
  • スマホでは使えません(厳密には使えるけど使いにくいよ)
  • 電子メモパッドのように一瞬で入力テキストを消すクリアボタンを完備
  • HTML ページなので軽い(拡張機能なんか入れるよりも軽い)

インスタントメモ帳はこちらから

卓上メモや電子メモパッドのように走り書きをしておいて、そのメモが必要であれば後ほどクラウドメモなりにコピーする。ぼくはそんな使い方をしています。

▶ インスタントメモ帳

インスタントメモ帳はタブ固定して使うと便利です

インスタントメモ帳はタブ固定して使うと便利です

インスタントメモ帳は、上の画像のようにブラウザの「タブ固定」していつでもメモできるようにしておくとなかなか便利です。

キタムラ

ぼくは ChatGPT の命令書をここで下書きして貼り付けたり、一時的にメモしておきたいページの一節をコピペしておいたり…などなどいろいろなメモに使っています。

まあ、自分が使いやすいよう自分のために作ったメモ帳なのですが、誰でも自由に使えるように公開してあります。事務作業などでも重宝するんじゃないかと思うんですよね。

お試ししてみて良さそうならブックマークして使い倒してやってください。