▶【注目記事】Windows 11 を導入したら最初にやっておくべき初期設定

税込み価格の内税計算が面倒なのでオリジナルの自動計算ツールを作ったので共有します

※ 本記事にはプロモーションが含まれます

例えば、納品する商品の価格が「ちょうど10万円のときにかかっている消費税っていくらなんだろう?」など、「内税」の計算をすることってままあります。

どうしても外税(税抜価格の最後に消費税を上乗せする)で価格請求をおこなうと、請求額に端数が発生してしまいちょうど良い金額にできないんです…。

ちょうど良い請求額にするためには面倒な内税の計算が必要になるわけです。

ちなみに、内税の計算式は以下。

税込価格 ÷(1 + 消費税率)× 消費税率 = 内税(消費税)

ぼくが利用している請求書は外税の計算にしか対応していないので「無いなら自分で作ってしまおう!」という感じで本題となります。

誰でも無料で使える「内税自動計算ツール」を自作したので紹介します。

今回の記事内容

今回は「税込み価格の内税計算が面倒なのでオリジナルの自動計算ツールを作ったので共有します」という内容でお送りします。

自作の【内税 自動計算ツール】

自作の【内税 自動計算ツール】

画像をクリックするとツールが開きます

自作した「内税自動計算ツール」はこんな感じで、税込み価格に消費税(内税)がいくら含まれているのかを自動計算して算出してくれるだけの大変シンプルなツールです。

本ツールで出来ること。

  • 税込価格に含まれる内税を自動計算する
  • 消費税率 8% と 10% を選んで計算できる
  • 自分が便利なので内税を抜いた税抜き価格も自動計算する
  • 金額に入力した数字をクリアボタンで消去できる
  • ブラウザがあればどこからでも利用できる
  • PC からだけじゃなくスマホやタブレットからも利用できる

内税を算出ためだけの超シンプル機能。

内税自動計算ツールには以下の「税込み価格から内税を算出する計算式」を組み込んでいますので問題なく内税計算ができちゃいます。

税込価格 ÷(1 + 消費税率)× 消費税率 = 内税(消費税)

この計算を省けるだけでも個人的にはかなりの時短恩恵を得られたかな…と思います。

自作の「内税自動計算ツール」はブラウザがあれば誰でも無料で利用できます。

\ ぜひ使ってみてください /

▶ 内税 自動計算ツールはこちら

あとがき

インボイス制度が導入されてから内税の計算をすることが多くなったのではないでしょうか?ぜひ本ツールを請求書作成などでお役立てください。