▶【注目記事】Windows 11 を導入したら最初にやっておくべき初期設定

Dreamweaver 起動時に前回編集していたファイルを開かないようにする設定方法

Dreamweaver 関連の記事

※ 本記事にはプロモーションが含まれます

Dreamweaver のデフォルト設定では、タブを閉じないで Dreamweaver を終了した場合、次回起動時に前回編集していたファイルを開いてしまいます。

人によってだと思いますが、これが大変わずらわしいと感じるユーザーさんいるのではないでしょうか? ぼく自身がそのひとりです。

本記事ではその対処方法を紹介します。

今回の記事内容

今回は「Dreamweaver 起動時に前回編集していたファイルを開かないようにする設定方法」を紹介します。

前回編集していたファイルを開かないようにする設定手順

  1. Dreamweaver 起動時に前回編集していたファイルを開かないようにする設定方法01
    Dreamweaver を起動したらツールバーの「編集」をクリックして、メニューから「環境設定」を選択します。
  2. Dreamweaver 起動時に前回編集していたファイルを開かないようにする設定方法02
    カテゴリから「一般」を選択します。
  3. Dreamweaver 起動時に前回編集していたファイルを開かないようにする設定方法03
    起動時にドキュメントを開く 項目の「チェックを外します」。「適用」ボタンを押します。
  4. Dreamweaver を終了して再起動します。

あとがき

これで設定以後は、Dreamweaver 起動時に前回編集していたファイルを開かないようになります。困っている方はぜひお試しくださいね。