▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

Microsoft Store アプリは別ドライブやSDカードへ移動できる!Cドライブの容量節約の小技

About Windows 10

Windows 10 は、デスクトップアプリの他に Microsoft Store から便利な Windows アプリを入手してインストールすることができます。

Microsoft Store の Windows アプリは、デスクトップアプリの使えない Windows 10 S パソコンや、性能の低いモバイルパソコンなどで重宝します。

しかし、Windows アプリを主力として使うようなパソコンの多くは、ストレージ(Cドライブ)容量が少ないはずです。

複数の Windows アプリを入れるとすぐにストレージ容量が足りなくなってしまうなんていうことも無きにしもあらず。

今回は「Microsoft Store アプリは別ドライブや SD カードへ移動できる!Cドライブの容量節約の小技」を紹介します。

Windows アプリを別ドライブや SD カードへ移動する手順

  1. Windows アプリを別ドライブや SD カードへ移動する手順01
    Windows の設定を起動して「アプリ」を選択します。
  2. Windows アプリを別ドライブや SD カードへ移動する手順02
    アプリと機能が開きますので、スクロールして別ドライブ(SD カード等)へ移動させたい Windows アプリを探します。
  3. Windows アプリを別ドライブや SD カードへ移動する手順03
    移動させたいアプリを見つけたら、アプリ名をクリックします。「移動」ボタンがあるのでそれを押します。
  4. Windows アプリを別ドライブや SD カードへ移動する手順04
    「このアプリの現在のインストール場所」が表示されるので、「このアプリの移動先ドライブを選んでください:」をクリックします。
  5. Windows アプリを別ドライブや SD カードへ移動する手順05
    移動できるドライブが一覧表示されるので選択してください。SD カードや USB メモリを挿しているパソコンであればそれも一覧に表示されます(ここでは無いですが)。移動したいドライブが選択できたら「移動」ボタンを押します。
  6. これで、そのアプリは選択したドライブへ移動しました。移動したアプリの分だけ C ドライブに空きがうまれます。
アプリ移動の注意点

Windows アプリを別ドライブや SD カードへ移動する手順06

 

移動できる Windows アプリは、Microsoft Store から自ら手動でインストールしたアプリのみです。初めからパソコンにプリインストールされていたアプリは、移動ボタンがグレーアウトして移動することができませんので注意してくださいね。

Windows アプリの移動で空く容量はバカにできない

Windows アプリの移動で空く容量はバカにできない

例えば、今回のサンプルで紹介した Windows アプリ「Photoscape X」は、ストレージの使用容量が 377MB もあります。

別ドライブへ移動するだけで、これだけの容量が C ドライブが空くわけですから・・・ストレージ容量の少ないパソコンであるほど、移動はバカにできませんよね。

あとがき

本記事紹介の小技は、Windows 10 OS の入っている Cドライブ(ボリューム C)の空き容量が心もとない場合や、もともとのストレージ容量が少ないパソコンを利用している場合に役に立ちます。

Cドライブの空きが確保できずにお困りの方で、まだアプリの移動を試していないなら、ぜひやってみてください。足しになると思いますよっ!

今回は「Microsoft Store アプリは別ドライブや SD カードへ移動できる!Cドライブの容量節約の小技」を紹介しました。