Windows 10 標準ブラウザ Edge は利用前にしっかり初期設定を行ってから使おう!

About Edge

Windows 10 になってから、標準搭載のブラウザ(はじめからあるブラウザ)は「Microsoft Edge(エッヂ)」になりました。

Edge は登場から数年が経過して、動作も軽く安定性していて十分使えるブラウザになりました。特にブラウザにこだわりがなければ Edge 利用で全然問題ありません。

しかしながら、Edge は初期状態だとちょっとばかし使い勝手が悪いのです!

例えば、最初に開くページ、ホームボタンを押したときに表示されるページ、使用する検索エンジンが Bing だったり・・・これらの設定を変更して Edge の使い勝手を良くする必要があるのです。

今回は「Windows 10 標準ブラウザ Edge は利用前にしっかり初期設定を行ってから使おう!」ということで、Edge の初期設定を紹介します。

お気入りバーを表示させよう

Edge お気に入りバー

お気に入りバーとはこの部分。

お気に入りバーを表示させておき、よく閲覧するウェブサイトまたはウェブページをお気に入りバーに登録することによって、よく閲覧するページへのアクセスが良くなります。

Edge を利用するなら必ず設定してください。

お気に入りバー表示する手順

  1. Edge の設定
    右上にある「…」アイコンをクリックして出るメニュー内の「設定」を選択。
  2. Edge お気に入りバーを表示させる方法
    全般タブが選択されていることを確認して、全般内の「お気に入りバーを表示する」を「オン」にします。これで Edge 画面上部にお気に入りバーが表示されます。

お気に入りバーへウェブページを登録する手順

  1. ウェブページをお気に入りバーへ登録する方法
    ブックマークしたいウェブページを開いた状態で、アドレスバーの右にある「☆」をクリックすると、お気に入り登録が表示されます。保存する場所を「お気に入りバー」に変更して「追加」を押すと、そのページへのリンクがお気に入りバーに表示されます。
  2. Edge お気に入りバーの順番変更
    お気に入りバーに登録されたページリンクは、ドラッグ & ドロップで並び順を自由に変更することができます。要らなくなったページリンクは、右クリックして「削除」を選択すればお気に入りバーから削除できます。
ここがポイント!

蛇足ですが、「Ctrl + Shift + B」キーの同時押しでブックマークバーを隠したり表示させたり切り替えられます。縦幅が短い 16:9 ノート PC などでは重宝するショートカットなので覚えておくと良いでしょう。

Edge の標準検索エンジンを Bing から変更しよう

Edge の標準検索エンジンを Bing から変更しよう

アドレスバーに検索語句を入れてネット検索をするユーザーさん多いと思います。

Edge は初期状態だと既定の検索エンジンが「Bing」になっています。Bing は残念なことに、Google や Yahoo 検索と比べると検索する能力があきらかに劣ります。

既定の検索エンジンを Google または Yahoo に変更することで使い勝手がめちゃくちゃ向上します。これは間違いないです。

検索エンジンを変更する手順

  1. Edge の設定
    画面右上の「…」アイコンをクリックして、メニュー内の「設定」を選択。
  2. Edge の標準検索エンジンを Bing から変更しよう
    詳細設定タブを選択して、アドレス バー検索項目の「検索プロバイダーの変更」ボタンを押します。
  3. Edge の標準検索エンジンを Bing から変更しよう
    検索エンジンの変更メニューがでますので、Google または Yahoo の好きな方を選択した後「既定として設定する」ボタンを押します。
  4. Edge の標準検索エンジンを Bing から変更しよう
    アドレスバーで語句検索をすると、このように設定した検索エンジンでしっかり検索結果が表示されるようになります。今回は Google に設定してみました。

Google や Yahoo が検索エンジン変更の候補に無い場合

  1. Google や Yahoo が検索エンジン候補に無い場合
    このように Edge の検索エンジン変更候補にが Bing だけしか無い場合は・・・
  2. Google や Yahoo が検索エンジン候補に無い場合
    Edge で Google または Yahoo を表示させたうえで、検索エンジンの変更設定にいくと、リストに候補として Google や Yahoo が表示されます。

Edge を起動した時に表示されるページを設定しよう

Edge を起動した時に表示されるページを設定しよう

Edge を起動すると初期状態では MSM のページが表示されます。

ユーザー

ブラウザを起動して最初に表示されるページは Yahoo Japan がいいんだけど・・・

ブラウザの使い勝手を考えれば、自分が普段から起点として利用しているホームページが起動と同時に表示されて欲しいですねっ! 

以下 Edge 起動時に表示されるページを変更する手順です。

  1. Edge を起動した時に表示されるページを設定しよう
    まずは、Edge 起動時に表示して欲しいホームページを開いて、そのページの URL をコピーしてください。
  2. Edge の設定
    右上の「…」アイコンをクリックして、メニュー内の「設定」を選択。
  3. Edge を起動した時に表示されるページを設定しよう
    全般タブを選択して、Microsoft Edge の起動時に開くページ項目のピンク枠で囲った部分をクリックして「特定のページ」を選択します。
  4. Edge を起動した時に表示されるページを設定しよう
    入力フォームが出るので、そこに「1」でコピーした URL を貼り付けます。貼り付けたら「フロッピーディスク」のアイコンを押します。
  5. Edge を起動した時に表示されるページを設定しよう
    これで Edge 起動時に表示されるページが任意のものに変更されます。ここでは Yahoo に設定しましたが、どんなページの URL でも設定できますからご自由にどうぞ!

ホームボタンの表示 & 設定をして使い勝手を向上させよう

ホームボタンの表示 & 設定をして使い勝手を向上させよう

Edge は、アドレスバーの横に「ホームボタン」を表示させることによって、ホームボタンを押せばいつでもホームとして登録したページを表示させることができます。

ホームボタンはとても便利なので、Edge を利用するなら必ず表示 & 設定をしましょう。

以下、ホームボタンの表示 & 設定手順です。

  1. ホームボタンの表示 & 設定をして使い勝手を向上させよう
    まずは、ホームボタンを押したら表示して欲しいホームページを開いて、そのページの URL をコピーしてください。
  2. Edge の設定
    右上の「…」アイコンをクリックして「設定」を選択します。
  3. ホームボタンの表示 & 設定をして使い勝手を向上させよう
    全般タブを選択して、「ホームボタンを表示する」項目を「オン」にします。これでまずはホームボタンが表示されます。「ホームページの設定」項目を「特定のページ」に変更します。
  4. ホームボタンの表示 & 設定をして使い勝手を向上させよう
    ページの URL を入力するフォームが出るので、そこへ「1」でコピーした URL を貼り付けます。URL を貼り付けたら「フロッピーディスク」アイコンを押します。
  5. これで Edge にホームボタンが表示されて、ホームボタンを押した時に開くページの設定が完了しました。

あとがき

Microsoft Edge はリリースから数年が経過して十分な経験値を獲得したこと、そして Windows 10 標準のブラウザだけあって、10 OS との親和性が高く動作がとても軽快なブラウザです。

今まで Internet Explorer を使ってきたユーザーのブラウザ移行先として十二分な性能を持っているといえます。

今回本記事で紹介した4つの設定を Edge に行うことによって、飛躍的に使い勝手が向上しますので、Edge をメインブラウザとして利用する方はぜひ設定してみてください。