Windows 10 スリープが勝手に解除される原因が「USB Composite Device」だった場合の対処方法

About Windows 10

ちょっとだけ外出するからデスクトップ PC をスリープにして出かけていったら、スリープが解除されてしまっていた・・・こんなことないでしょうか?

それがたまたまなら良いのですが、毎回スリープ解除されてしまうとスリープする意味が無いですよね。

今回は『Windows 10 で、スリープ解除されてしまう原因が「USB Composite Device」である場合の対処方法』を紹介します。

スリープが解除される原因を特定する方法

スリープが解除される原因を特定する方法は、本ブログ別記事にて掲載していますので、それに従っていけば原因特定ができます。

About Windowswindows PC スリープにしてもすぐに解除されてしまう原因と対策
新しいPCや中古のPCを買った時、OSをWindows10へアップグレードした時などによく起こる現象で「PCをスリープモードにしたら一瞬で解除さ...

今回は、いくつかあるスリープ解除原因のなかの「USB Composite Device」が原因だった場合の対処方法を紹介します。

USB Composite Device が原因の場合の対処方法

  1. Windows 10 スリープが勝手に解除される原因が「USB Composite Device」だった場合の対処方法
    まず、タスクバーの検索(コルタナ)に「デバイスマネージャー」と入力して、表示されたデバイスマネージャーをクリックします。
  2. Windows 10 スリープが勝手に解除される原因が「USB Composite Device」だった場合の対処方法
    「マウスとそのほかのポインティングデバイス」をクリックすると、マウス一覧がアコーディオン表示されるので、パソコンに接続してあるマウス名称を「右クリック」して「プロパティ」を選択します。
  3. Windows 10 スリープが勝手に解除される原因が「USB Composite Device」だった場合の対処方法
    「電源の管理」タブを選択の後、「このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」のチェックをはずして OK します。
  4. これで完了です。一度パソコンを再起動して、スリープを試してください。解除されなくなっているはず・・・です。
注意

多くはマウスの誤反応だと思うのですが、マウスの設定を変更してもなおスリープ解除されてしまう場合は、キーボードやそのほか接続してある USB 機器を疑う必要があります。

あとがき

「USB Composite Device」は、スリープ中にマウスが反応しちゃって勝手に解除されているケースが多いです(稀にキーボードも原因になっている場合があります)。

「USB Composite Device」が原因で勝手にスリープが解除される場合は、デバイスマネージャーのマウス設定を変更すれば “8割がた” 直るはずです。

というわけで、今回は『Windows 10 で、スリープ解除されてしまう原因が「USB Composite Device」である場合の対処方法』の紹介でした。