Wi-Fi ルーターの熱による速度低下を防ぐため!ミニ扇風機を設置しました!!

About Network

我が家のインターネットを司る情報盤の位置関係上、Wi-Fi ルーター(親機)をクーラーの効いた部屋に設置することは叶いませぬ。

しかし、夏の日本家屋は暑い! とにかく暑いのです!!

24時間インターネットライフを支え闘ってくれている Wi-Fi ルーターも放って置くと暑さと発熱で通信速度が遅くなるどころか壊れてしまうのです。

そうならない為に少ないお脳を絞って考えたのは・・・「ミニ扇風機を24時間当てれば良いんじゃない?」ということw

パソコンの CPU もあんな小さな CPU ファンで冷やされているわけで、Wi-Fi ルーターだってきっと大丈夫!! 今回はそんな内容です。

Wi-Fi ルーターは熱いと遅くなったり壊れたり・・・

とある記事に Wi-Fi ルーターメーカーに速度低下についての直撃取材が掲載されていました。その記事によると・・・

A社回答:「熱や湿気による劣化がありえます」

ハードウェア要素として、発熱による部品の特性変化により電波の送受信に関わる性能が悪化する場合もあります。

熱対策が不十分な製品や、仕様を超えるような高温環境での利用、また想定を超える高負荷状態が連続した場合には短時間で劣化・故障に至らなくとも、高温状態にあるということは部品にとってストレスとなりますので、なるべく熱くならないよう使うことが望ましいです。

【メーカー直撃】Wi-Fiルーターってなんで遅くなるんですか?[最新版]360.life)より

ということらしいのです。

実際に、最近我が家の Wi-Fi ルーターの速度が著しく低下して不調をきたしていたため、新しいルーターを購入したばかり。

おそらく「熱」でおかしくなったんだろうな・・・と考えられます。

同じ轍を踏まぬため、浅知恵をしぼって考えついた方法が以下。

ミニ扇風機で常に風を Wi-Fi ルーターへ当て続けるっ!

こんな感じで、Wi-Fi ルーターへミニ扇風機の風を夜寝ている時以外は一日中常に当てつづける作戦を敢行いたしました!!

で? 実際のところ効果はあったの?

ミニ扇風機が無い時と風を当て続けたときでは、ルーターを触ったときの熱さが全然違うのです。肌で熱さが違うと感じるくらいですから、だいぶ放熱してくれてるんじゃなかろうか? うん。

先にも記載しましたが、パソコンの CPU があんな小さなファンで冷やされていることを考えれば絶対に効果はあるはずなんです。

導入したミニ扇風機は 1000円以下

ぼくが購入したときは 700円でした。コスパが大変よろしいです。

扇風機から生えている USB 端子を急速充電できない 700mA という旧世代の充電機につないで、過電流にならないように配慮しつつ1日18時間労働で回っていただいております。

価格が価格なので、暑さもやわらぐ9月いっぱいまで壊れずに回ってくれればそれでよしっ! という見込みでおります。

あとがき

というわけで、 Wi-Fi ルーターの熱は耐久力や回線速度にダイレクトに影響を及ぼします。クーラーの無い場所に Wi-Fi ルーターを設置している方は、熱対策にミニ扇風機いかがですか?