▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

自宅のWi-Fi速度は遅いの?速いの?回線速度はGoogle検索で簡単に調べられます

About Google

契約している自宅のインターネットの速度がどれくらいでているか? スマホの Wi-Fi 速度はどのくらいか?インターネットのスピード計測したいことって往々にしてあります。

ちょっと前までは、アプリや専用の回線スピードテストサービスなどで速度計測しなければなりませんでしたが、最近では Google 先生が回線スピードまで教えてくれるんです!

今回は「パソコン・スマホ・タブレット!一番簡単なインターネットの回線速度計測!!アプリも専用サービスも必要なしっ! ブラウザ1本で楽々計測」をお送りします。

今や Google 先生は回線速度も教えてくれる

Google の検索フォームに「スピードテスト」と入力して検索すると・・・

Google 検索から回線速度チェック

こんな風に「インターネット速度テスト」が検索の一番上に表示されます。青いボタン「速度テストを実行」を押します。

すると、上りと下り両方を順番に計測して・・・

最後は計測結果をこのように表示してくれます。

一応、他の専用速度計測サービスでも測って比べてみましたが、Google の速度計測とても正確です。もう流石としか言いようがありませんね。

ブラウザも関係なしで、Google 検索さえできればどんなブラウザでも大丈夫。Chrome、Edge、Firefox、Opera で試しましたが、どれでもバッチリ計測できました。

OS 問わずスマホやタブレットでもなんでも計測できる

スマホでも簡単スピードテスト

Android スマホでも、iPhone でも、iPad でも、ブラウザを開き、Google 検索に「スピードテスト」と入力すればパソコンと同じく「速度テストを実行」ボタンが表示されます。

速度テストを実行すれば、パソコンと同じくスマホでも、とくに専用アプリを使うこと無く、ブラウザだけで Wi-Fi や LTE の回線速度がこのように正確に計測できます。

もちろんブラウザの種類は関係ないです。Chrome でも Safariでも Dolphin Browser でもなんでも OK です。

便利すぎて涙がでます。

インターネット回線速度の快適度の目安

世の中ギガ対応スピードと「ギガ」を強調した宣伝文句をよく見かけますが、一般的な動画視聴やサイト閲覧に必要なインターネット速度は、100Mbps あればお釣りがくるぐらい快適に利用できます。

4K 動画や高精細の3Dゲームをやるときなどにギガ近い速度が必要になることがあります。

そこで、Google スピードテストで、どのぐらいの数値だと動画視聴やサイト閲覧に支障をきたすか? その目安を簡単に紹介しておきます。

目安の数値は「ダウンロード速度」の方を表したものです。

100Mbps 以上

非常に高速です。FHD や HD 動画視聴やサイト閲覧は問題なく快適に利用できます。

50Mbps~100Mbps

高速です。HD 動画視聴やサイト閲覧はストレス無く快適に利用できるでしょう。FHD 動画はたまに画質が荒くなるかもしれませんが、視聴中に読み込みが発生して停止するレベルではないでしょう。基本快適なはず。

20Mbps~49Mbps

普通です。HD 動画視聴やサイト閲覧はストレス無く快適に利用できるはず。FHD 動画はちょいちょい画質が荒くなったり読み込みが発生するかもしれません。個人的に昨今のネットを快適に利用するならここが最低ラインじゃないかと感じます。

10Mbps~19Mbps

遅いです。HD 動画視聴がギリギリで、たまに読み込みが発生すると思います。サイト閲覧はストレス無く表示できます。FHD 動画は厳しいでしょう。このラインが頻発するような自宅回線は契約見直を考えるレベル。

10Mbps 以下

諦めが肝心。動画視聴はかなり厳しいし、サイト閲覧もモッサリ表示になることもしばしばでしょう。一桁 Mbps はとにかく遅い。光回線の速度じゃないです。ぶっちゃけ、Wi-Fi を切ってスマホの LTE 回線に接続した方がマシです。

ネット回線の見直し!おすすめのネット回線はこちら

ネット回線満足度ランキング2020

価格.com ネット回線満足度

価格.com のネット回線満足度ランキング 2020(関東・甲信越)によると、

総じて NURO とフレッツ光はどのエリアでも人気のネット回線にランク入りをしています。因みに我が家は「フレッツ光」契約です。

フレッツ光契約のメリットは、光コラボと違い、回線とプロバイダが別契約となりますが、ネット回線は安心の NTT 契約です。その代わり、光コラボに比べると若干ですが月額が高くなります。

もし遅いな?と回線見直しをしたい場合は、フレッツ光の場合、プロバイダを変更するだけで済むので、解約や新規手続きの費用が安くすみます。また労力も光コラボに比べて少なく済みます。NTT 契約という安心安全を取るか、少しの安さをとるか? ですね。

あとがき

Google 速度テストは広告がまったくでないのもメリットです。

スピードテスト系のアプリを使うと広告が派手に表示されます。計測結果の数値よりも広告のほうがでかいとか・・・なかなか見苦しかったり。

キャプチャを SNS やブログ記事に貼るのには適さないのが悩みの種でしたから一挙解決。

スピードテスト系アプリなんかもうアンインストールしちゃいな YO !!

というわけで今回は、インターネットの回線速度も Google 先生に聞くと良いよっ! をお送りしました。