Windows 10 を1803へアップデートしたらマイクが使えなくなった問題の解決方法

About Windows 10

パソコンを Windows 10 April 2018 Update(1803)へしてから、はじめてビデオフォンをやるぞ!ってときにマイクが使えないことに気が付きました。

バグか? バグなのかっ!?

と焦っていろいろ調べた結果、原因を見つけることができました。

今回は「Windows 10 を April 2018 Update したらマイクが使えなくなってビデオフォン(VC)が出来なくなった問題の対処方法」を紹介します。

設定からたったひとつスイッチをオンにするだけ

対処方法はとても簡単でした。

Windows 10 の設定からスイッチをたったひとつオンにしてあげるだけでした。

Windows 10 April 2018 Update後にマイクが使えない問題

「スタートメニュー(Windowsボタン押す)→設定(歯車アイコン)→プライバシー→マイク」の順で選択して、「アプリがマイクにアクセスできるようにする」のスイッチを「オン」にすると Skype などでビデオフォンが使えるようになりました。

これをオンにすることによって、その下の「マイクにアクセスできるアプリを選ぶ」のアプリたちが一斉にオンになってしまったので、要らないアプリに対しては「オフ」処理したほうがよいかもしれないですね(ぼくは全部オフにしちゃったけどw)。

あとがき

この不具合? 皆さんも起きているのかな? ぼくの場合はこの対処方法で解決いたしました。もし、同じような現象が起きているならお試しください。

しかし・・・Microsoft さん、意地悪すぎますよ・・・もう少しわかりやすくしないとユーザー居なくなっちゃうよ(泣)