Tanweb.net

PC・デジモノ・旅行など好きなことだけ語るブログ

ノートPC用のCPUの選び方とCPU性能をわかりやすく数値で紹介!

ノートPC用のCPUの選び方とCPU性能をわかりやすく数値で紹介!

Sponsor link

   
 パソコン

   
 パソコン

仕事や趣味にちゃんと使えるノートPCって最近では高騰してお値段がたかいですよね! そこで中古ノートPCという選択肢もでてくるわけですが(もちろん新品が一番ですよ)、種類が豊富で「どれを買ったら良いか・自分に合っているのか」悩んでしまいます。

パソコンを購入する時には大前提として「自分がそのPCで何をしたいのか?」をよくよく考えて選択するべきで、適当に「性能が良いものを買う」というのはあまりよろしくありません。

今回は、ノートPC用のCPUにスポットを当てて「ノートPC用のCPUの選び方とCPUの性能をわかりやすく数値で紹介」したいと思います。

本記事はノートPC用のCPUの紹介になるので、デスクトップPC用のCPU紹介は以下のリンクから別記事をご覧ください。

>デスクトップPC用のCPU紹介はこちら

Sponsor link
Sponsor link

紹介するCPUについて

Intelの「core i シリーズ と core M シリーズ」を新旧おりまぜながらわかりやすく数値で表現してみます。

CPUは基本的に世代が進めば進むほど高性能になっていきます。

しかし、旧世代のものでも、ものによってはまだまだ現役で戦えます。例えば、3世代の一番下のグレードならば、2世代の上の方のグレードの方が性能が高いというケースもあります。しかし価格は後者の方が安い場合もあるのです。

そういった損をしないニーズに答えるための本記事でもあります。

ノートPC用のCPUはかなり数が多く全ての紹介はかないません。特に core 以下の低スペック用CPUは省かしてもらいます。また、この表に載っていない CPU に関しては大変申し訳ありませんがご自分でお調べください

CPU性能表の数値について

スコアやアベレージなどの言葉を使ってもいまいちピンと来ないので、CPU性能の数値単位はドラゴンボールでお馴染みの「戦闘力」で表現しました(笑)

因みに、全ての数値はPassMarkを参考にしています。

戦闘力ランクの説明

戦闘力 2000~3499

インターネットや動画を見たり、Officeなどの文書編集をやるには十分な性能のCPUです。また、軽い画像の編集もOKだと思います。動画編集やエンコード、3Dオンラインゲームをプレイするのは厳しいでしょう。アプリやフォルダをたくさん開くとPCが重くなります。

ヤムチャ クラスです。

戦闘力3500~5499

4コア以上のCPUなら動画の編集やエンコードもそこそこできます。Adobeソフトなどもここらへんから普通に動きますが、多重レイヤーなどは厳しいでしょう。軽いものなら複数のアプリを同時に開いても結構頑張れますが、重い処理はちょっと苦手です。

仕事で使うにはバランスの良いクラス帯だと思います。

クリリン クラスです。

戦闘力5500~7999

動画の編集やエンコードも快適に行えるはずです。困ったらこの辺をチョイスすると間違いないと思います。同時に重い処理もそこそここなせます。ようするになんでもそつなくこなせる性能帯です。ウェブサイト制作なんかはこの辺で十分快適です。オンラインゲームをやるならこの辺から(ただしグラフィック強化モデルや別途グラフィック搭載モデルを選ぶ必要があります)。

ピッコロさん クラス。

戦闘力8000~9999

最高の性能帯です。高処理・高負荷なんでもOK。CG制作、CAD、ゲーミングノートならば多くの3DゲームがOKのハイスペックです。同時に重い処理がガンガンできます。普通の人が買っても性能を持て余すかもしれません。

フリーザ様 クラスですね。

戦闘力10000以上

性能が凄すぎてやりたいことがみつかりません・・・大は小を兼ねすぎるぐらい兼ねています。なんでも出来ます・・・エクストリームすぎますね。

超サイヤ人 クラス。


ノートPCの場合は、グラフィックボードを増設することができません。したがって “グラフィック性能が低い” ため、いくらCPU性能が良いものを購入しても、別途グラフィック機能を有した「ゲーミングノート」を購入しない限りは、3Dオンラインゲームを快適にプレイするのは厳しいでしょう

CPU型番末尾のアルファベットの意味

ノートPC用のCPU型番の末尾には「5157U」など必ずアルファベットがふってあり、それぞれ意味があります。

例えば、「H」が付いているモデルなら、グラフィック能力が高められているということなので、3Dオンラインゲームも種類によっては快適にできたりします


  • 「H」・・・ハイグラフィックス(GPU強化型)モデルに付きます。
  • 「HK」・・・内蔵グラフィックス(GPU)を強化+オーバークロック対応。
  • 「HQ」・・・内蔵グラフィックス(GPU)強化+クアッドコアモデル。
  • 「U」・・・超省電力CPUでバッテリーの保ち重視。その分処理能力は抑えめ。
  • 「Y」・・・極省電力CPUで一番省電力だが「U」よりも更に処理能力は低い。
  • 「M」・・・モバイル用という意味の「M」で、性能は抑えめ。
  • 「XM」・・・エクストリーム・モバイル。「M」の超すごい版。4コア。
  • 「QM」・・・クアッドコア・モバイル。「M」がクアッドコアになるとこれ。
「H」が付くCPUはグラフィックス強化モデルですが、「H」単体のほとんどが Intelグラフィックスです。したがって、要求スペックの低い3Dゲームはできますが、高処理系のゲームや動画編集などの作業は力が足りないはず。「HQ」が付くモデルの殆どは別途グラフィック機能を有しているので、高処理系のゲームや動画編集などの作業もガンガンできます。(MacはHQモデルもIntelグラフィックスなのでコスパが悪い)

CPU性能数値の注意点

>デスクトップ用CPUの数値紹介

うえの別記事にて、デスクトップPC用のCPU数値を紹介しています。そちらと比較して、ラップトップ用のCPUとデスクトップ用のCPUで同じ位の数値があったとすると、デスクトップPC用のCPUの方が処理能力は上です。

ラップトップ(ノートPC)用CPUはデスクトップ用CPUと違い、バッテリーの保ち重視ですから電力を抑えめにしてあり、出せるパワーに制限があります。またラップトップの多くが2コアなのに対して、デスクトップは4コア以上です。

そのため、同じ位の数値だった場合は、例えデスクトップ用の方が古い世代だったとしてもそちらの方が性能が上だと判断します。

また、ラップトップ用CPU内で同じ位の数値は「コア数」が多いもの「GHz数値」が大きい方が高性能となります。

Ads by - Admax

core M シリーズ戦闘力

第一世代

  • M-5Y71・・・1.2GHz:戦闘力:3032
  • M-5Y70・・・1.1GHz:戦闘力:3021
  • M-5Y51・・・1.1GHz:戦闘力:2551
  • M-5Y31・・・0.9GHz:戦闘力:2763
  • M-5Y10c・・・0.8GHz:戦闘力:2799
  • M-5Y10a・・・0.8GHz:戦闘力:2150
  • M-5Y10・・・0.8GHz:戦闘力:2722

第2世代

  • m7-6Y75・・・1.2GHz:戦闘力:3552
  • m5-6Y57・・・1.1GHz:戦闘力:3254
  • m5-6Y54・・・1.1GHz:戦闘力:3326
  • m3-6Y30・・・0.9GHz:戦闘力:3056

第3世代

  • m3-7Y30・・・1.0GHz:戦闘力:3617

10万円近い、またはそれ以上のラインナップが並ぶ Core M 搭載のPCですが、戦闘力をみた上で結論をだすなら「コスパ悪し」ですね。同じ10万円クラスなら core i5 を買った方が幸せになれるという結果。

core i3 シリーズ戦闘力

末尾にQが付いていないものは基本2コアです。

i3 第1世代

  • -390M・・・2.67GHz:戦闘力:2177
  • -380M・・・2.53GHz:戦闘力:2100
  • -370M・・・2.40GHz:戦闘力:2023
  • -350M・・・2.30GHz:戦闘力:1901
  • -330M・・・2.13GHz:戦闘力:1793
  • -380UM・・・1.3GHz:戦闘力:1164
  • -330UM・・・1.2GHz:戦闘力:1071

i3 第2世代

  • -2370M・・・2.4GHz:戦闘力:2753
  • -2350M・・・2.3GHz:戦闘力:2612
  • -2348M・・・2.3GHz:戦闘力:2610
  • -2330M・・・2.2GHz:戦闘力:2529
  • -2328M・・・2.2GHz:戦闘力:2520
  • -2312M・・・2.1GHz:戦闘力:2376
  • -2310M・・・2.1GHz:戦闘力:2424
  • -2377M・・・1.5GHz:戦闘力:1827
  • -2375M・・・1.5GHz:戦闘力:1778
  • -2367M・・・1.4GHz:戦闘力:1701
  • -2365M・・・1.4GHz:戦闘力:1669
  • -2357M・・・1.3GHz:戦闘力:1580

i3 第3世代

  • -3130M・・・2.6GHz:戦闘力:3374
  • -3120M・・・2.5GHz:戦闘力:3214
  • -3110M・・・2.4GHz:戦闘力:3066
  • -3227U・・・1.9GHz:戦闘力:2455
  • -3217U・・・1.8GHz:戦闘力:2299
  • -3229Y・・・1.4GHz:戦闘力:1686

i3 第4世代

  • -4110M・・・2.6GHz:戦闘力:3873
  • -4100M・・・2.5GHz:戦闘力:3443
  • -4000M・・・2.4GHz:戦闘力:3241
  • -4158U・・・2.0GHz:戦闘力:2914
  • -4120U・・・2.0GHz:戦闘力:3050
  • -4030U・・・1.9GHz:戦闘力:2699
  • -4025U・・・1.9GHz:戦闘力:2800
  • -4010U・・・1.7GHz:戦闘力:2443
  • -4005U・・・1.7GHz:戦闘力:2458
  • -4030Y・・・1.6GHz:戦闘力:2471
  • -4020Y・・・1.5GHz:戦闘力:2197
  • -4012Y・・・1.5GHz:戦闘力:2178
  • -4010Y・・・1.3GHz:戦闘力:1852

i3 第5世代

  • -5157U・・・2.5GHz:戦闘力:3661
  • -5020U・・・2.2GHz:戦闘力:3180
  • -5015U・・・2.1GHz:戦闘力:3022
  • -5010U・・・2.1GHz:戦闘力:3061
  • -5005U・・・2.0GHz:戦闘力:2921

i3 第6世代

  • -6100H・・・2.7GHz:戦闘力:4154
  • -6100U・・・2.3GHz:戦闘力:3873

Core i5 シリーズ戦闘力

末尾にQが付いていないものは基本2コアです。

i5 第1世代

  • -580M・・・2.67GHz:戦闘力:2644
  • -560M・・・2.67GHz:戦闘力:2593
  • -540M・・・2.53GHz:戦闘力:2449
  • -520M・・・2.4GHz:戦闘力:2380
  • -480M・・・2.67GHz:戦闘力:2421
  • -460M・・・2.53GHz:戦闘力:2335
  • -450M・・・2.4GHz:戦闘力:2120
  • -430M・・・2.27GHz:戦闘力:2105
  • -560UM・・・1.33GHz:戦闘力:1664
  • -540UM・・・1.2GHz:戦闘力:1389
  • -520UM・・・1.07GHz:戦闘力:1349
  • -470UM・・・1.33GHz:戦闘力:1265
  • -430UM・・・1.2GHz:戦闘力:1336

i5 第2世代

  • -2540M・・・2.6GHz:戦闘力:3765
  • -2520M・・・2.5GHz:戦闘力:3567
  • -2450M・・・2.5GHz:戦闘力:3402
  • -2430M・・・2.4GHz:戦闘力:3275
  • -2410M・・・2.3GHz:戦闘力:3160
  • -2435M・・・2.4GHz:戦闘力:3269
  • -2415M・・・2.3GHz:戦闘力:3298
  • -2557M・・・1.7GHz:戦闘力:2654
  • -2537M・・・1.4GHz:戦闘力:2103
  • -2467M・・・1.6GHz:戦闘力:2327

i5 第3世代

  • -3380M・・・2.9GHz:戦闘力:4402
  • -3360M・・・2.8GHz:戦闘力:4407
  • -3340M・・・2.7GHz:戦闘力:4224
  • -3320M・・・2.6GHz:戦闘力:4071
  • -3230M・・・2.6GHz:戦闘力:3926
  • -3210M・・・2.5GHz:戦闘力:3806
  • -3437U・・・1.9GHz:戦闘力:3629
  • -3427U・・・1.8GHz:戦闘力:3542
  • -3337U・・・1.8GHz:戦闘力:3209
  • -3317U・・・1.7GHz:戦闘力:3087
  • -3439Y・・・1.5GHz:戦闘力:2957
  • -3339Y・・・1.5GHz:戦闘力:2228

i5 第4世代

  • -4340M・・・2.9GHz:戦闘力:4722
  • -4330M・・・2.8GHz:戦闘力:4509
  • -4310M・・・2.7GHz:戦闘力:4547
  • -4300M・・・2.6GHz:戦闘力:4396
  • -4210M・・・2.6GHz:戦闘力:4201
  • -4200M・・・2.5GHz:戦闘力:4035
  • -4210H・・・2.9GHz:戦闘力:4522
  • -4200H・・・2.8GHz:戦闘力:4412
  • -4308U・・・2.8GHz:戦闘力:4358
  • -4288U・・・2.6GHz:戦闘力:4410
  • -4278U・・・2.6GHz:戦闘力:4338
  • -4258U・・・2.4GHz:戦闘力:4088
  • -4350U・・・1.4GHz:戦闘力:3610
  • -4310U・・・2.0GHz:戦闘力:3679
  • -4300U・・・1.9GHz:戦闘力:3739
  • -4260U・・・1.4GHz:戦闘力:3543
  • -4250U・・・1.3GHz:戦闘力:3436
  • -4210U・・・1.7GHz:戦闘力:3389
  • -4200U・・・1.6GHz:戦闘力:3273
  • -4302Y・・・1.6GHz:戦闘力:3013
  • -4300Y・・・1.6GHz:戦闘力:2528
  • -4220Y・・・1.6GHz:戦闘力:2262
  • -4202Y・・・1.6GHz:戦闘力:2262
  • -4210Y・・・1.5GHz:戦闘力:2360
  • -4200Y・・・1.4GHz:戦闘力:2396

i5 第5世代

  • -5287U・・・2.9GHz:戦闘力:4710
  • -5257U・・・2.7GHz:戦闘力:4389
  • -5350U・・・1.8GHz:戦闘力:2775
  • -5250U・・・1.6GHz:戦闘力:3616
  • -5300U・・・2.3GHz:戦闘力:3759
  • -5200U・・・2.2GHz:戦闘力:3502

i5 第6世代

  • -6440HQ・・・2.6GHz:戦闘力:6701
  • -6300HQ・・・2.3GHz:戦闘力:6031
  • -6267U・・・2.9GHz:戦闘力:5017
  • -6360U・・・2.0GHz:戦闘力:5038
  • -6260U・・・1.8GHz:戦闘力:4379
  • -6300U・・・2.4GHz:戦闘力:4373
  • -6200U・・・2.3GHz:戦闘力:3984

i5 第7世代

  • -7300HQ・・・2.5GHz:戦闘力:6807
  • -7200U・・・2.5GHz:戦闘力:4694

Core i7 シリーズ戦闘力

末尾のアルファベットに「X」か「Q」があれば4コア。無ければ2コア。

i7 第1世代

  • -940XM・・・2.13GHz:戦闘力:3975
  • -920XM・・・2.0GHz:戦闘力:3818
  • -840QM・・・1.87GHz:戦闘力:3419
  • -820QM・・・1.73GHz:戦闘力:3251
  • -740QM・・・1.73GHz:戦闘力:3207
  • -720QM・・・1.6GHz:戦闘力:3029
  • -640M・・・2.8GHz:戦闘力:2865
  • -620M・・・2.67GHz:戦闘力:2748
  • -640LM・・・2.13GHz:戦闘力:2240
  • -620LM・・・2.0GHz:戦闘力:1977
  • -680UM・・・1.47GHz:戦闘力:1686
  • -660UM・・・1.33GHz:戦闘力:1900
  • -640UM・・・1.2GHz:戦闘力:1672
  • -620UM・・・1.07GHz:戦闘力:1323

i7 第2世代

  • -2960XM・・・2.7GHz:戦闘力:7166
  • -2920XM・・・2.5GHz:戦闘力:7066
  • -2860QM・・・2.5GHz:戦闘力:7054
  • -2820QM・・・2.3GHz:戦闘力:6637
  • -2760QM・・・2.4GHz:戦闘力:6626
  • -2720QM・・・2.2GHz:戦闘力:6101
  • -2670QM・・・2.2GHz:戦闘力:5923
  • -2630QM・・・2.0GHz:戦闘力:5545
  • -2640M・・・2.8GHz:戦闘力:3929
  • -2620M・・・2.7GHz:戦闘力:3826
  • -2675QM・・・2.2GHz:戦闘力:5541
  • -2635QM・・・2.0GHz:戦闘力:5442
  • -2677M・・・1.8GHz:戦闘力:2851
  • -2637M・・・1.7GHz:戦闘力:2917
  • -2617M・・・1.5GHz:戦闘力:2803

i7 第3世代

  • -3940XM・・・3.0GHz:戦闘力:9301
  • -3920XM・・・2.9GHz:戦闘力:9226
  • -3840QM・・・2.8GHz:戦闘力:8842
  • -3820QM・・・2.7GHz:戦闘力:8498
  • -3740QM・・・2.7GHz:戦闘力:8332
  • -3720QM・・・2.6GHz:戦闘力:8146
  • -3630QM・・・2.4GHz:戦闘力:7592
  • -3610QM・・・2.3GHz:戦闘力:7464
  • -3632QM・・・2.2GHz:戦闘力:6928
  • -3612QM・・・2.1GHz:戦闘力:6818
  • -3540M・・・3.0GHz:戦闘力:4678
  • -3520M・・・2.9GHz:戦闘力:4519
  • -3635QM・・・2.4GHz:戦闘力:6651
  • -3615QM・・・2.3GHz:戦闘力:7384
  • -3687U・・・2.1GHz:戦闘力:4229
  • -3667U・・・2.0GHz:戦闘力:3953
  • -3537U・・・2.0GHz:戦闘力:3841
  • -3517U・・・1.9GHz:戦闘力:3590

i7 第4世代

  • -4910MQ・・・2.9GHz:戦闘力:9439
  • -4900MQ・・・2.8GHz:戦闘力:9080
  • -4810MQ・・・2.8GHz:戦闘力:8656
  • -4800MQ・・・2.7GHz:戦闘力:8494
  • -4710MQ・・・2.5GHz:戦闘力:7996
  • -4700MQ・・・2.4GHz:戦闘力:7710
  • -4712MQ・・・2.3GHz:戦闘力:7154
  • -4702MQ・・・2.2GHz:戦闘力:7135
  • -4610M・・・3.0GHz:戦闘力:4954
  • -4600M・・・2.9GHz:戦闘力:4830
  • -4720HQ・・・2.6GHz:戦闘力:8031
  • -4710HQ・・・2.5GHz:戦闘力:7814
  • -4700HQ・・・2.4GHz:戦闘力:7755
  • -4722HQ・・・2.4GHz:戦闘力:8052
  • -4712HQ・・・2.3GHz:戦闘力:7512
  • -4702HQ・・・2.2GHz:戦闘力:7506
  • -4578U・・・3.0GHz:戦闘力:4671
  • -4558U・・・2.8GHz:戦闘力:4336
  • -4650U・・・1.7GHz:戦闘力:4014
  • -4600U・・・2.1GHz:戦闘力:4095
  • -4550U・・・1.5GHz:戦闘力:3807
  • -4510U・・・2.0GHz:戦闘力:3931
  • -4500U・・・1.8GHz:戦闘力:3787
  • -4610Y・・・1.7GHz:戦闘力:3738
  • -4980HQ・・・2.8GHz:戦闘力:10081
  • -4960HQ・・・2.6GHz:戦闘力:9770
  • -4870HQ・・・2.5GHz:戦闘力:9356
  • -4860HQ・・・2.4GHz:戦闘力:9323
  • -4850HQ・・・2.3GHz:戦闘力:9066
  • -4770HQ・・・2.2GHz:戦闘力:8939
  • -4760HQ・・・2.1GHz:戦闘力:8340
  • -4750HQ・・・2.0GHz:戦闘力:8296

i7 第5世代

  • -5950HQ・・・2.9GHz:戦闘力:10951
  • -5850HQ・・・2.7GHz:戦闘力:9459
  • -5700HQ・・・2.7GHz:戦闘力:8375
  • -5557U・・・3.1GHz:戦闘力:4935
  • -5650U・・・2.2GHz:戦闘力:4190
  • -5550U・・・2.0GHz:戦闘力:4246
  • -5600U・・・2.6GHz:戦闘力:4307
  • -5500U・・・2.4GHz:戦闘力:4002

i7 第6世代

  • -6920HQ・・・2.9GHz:戦闘力:9697
  • -6820HQ・・・2.7GHz:戦闘力:8795
  • -6820HK・・・2.7GHz:戦闘力:9108(Q無いけど4コア、OCモデル)
  • -6770HQ・・・2.6GHz:戦闘力:9687
  • -6700HQ・・・2.9GHz:戦闘力:8135
  • -6567U・・・3.3GHz:戦闘力:5623
  • -6650U・・・2.2GHz:戦闘力:4931
  • -6560U・・・2.2GHz:戦闘力:4816
  • -6600U・・・2.0GHz:戦闘力:8296
  • -6500U・・・2.6GHz:戦闘力:4814

i7 第7世代

  • -7700HQ・・・2.8GHz:戦闘力:8981
  • -7820HQ・・・2.9GHz:戦闘力:9426
  • -7920HQ・・・3.1GHz:戦闘力:9961
  • -7500U・・・2.7GHz:戦闘力:5239

7700HQ は MacBook Pro(2017)の標準CPUで、カスタマイズで 7820, 7920HQ にできます。MBP 2017 の CPU はかなり良いものを積んでいるということですね。

あとがき

どのシリーズも第4世代くらいまでは種類が無駄に多くて大変でした(執筆していて軽く投げ出したくなりました・笑)。

全てを掲載しきれているわけではないと思うので、無いものは申し訳ありませんが自分で調べてみてください。

>デスクトップのCPU数値はこちら

おすすめ中古PCショップ「ジャンクワールド」

デスクトップ・ノートPC、スマートフォンやタブレットまで様々購入できる中古ショップ。PCはかなりの品揃えで、即戦力のグラボ付きハイスペック機が5万円前後、そこそこ良い性能のノートPCが2万円台など結構おいしいラインナップです。

ちゃんとした古物取扱のショップですから全品保証付きで安心できます。オークションの中古はいろいろ不安がありますからねぇ。

>ジャンクワールド公式ページ

新品パソコンならメーカー直販がコスパが良く安心も確保

以下のメーカー直販が安心と価格面の両方を確保できておすすめです。以下ぼくが良く利用する、おすすめPCブランド直販サイトです。


>マウスコンピュータ公式ページ


>Lenovo公式ページ


>ASUS公式ページ


>ドスパラ公式ページ