Tanweb.net

PC・デジモノ・旅行など好きなことだけ語るブログ

WordPressを更新したら不具合が!簡単にダウングレードする方法を紹介

WordPressを更新したら不具合が!簡単にダウングレードする方法を紹介

Sponsor link

   
 Wordpress

   
 Wordpress

WordPress の最新版がリリースされたので、すぐに更新したら不具合がでた・・・なんて経験ありませんか? ぼくはつい先日 WordPress 4.8 が来たので更新したところ、ウィジェットで不具合がでて困り果てた結果、次のアップデートで修正されることを期待して 4.7 へダウングレードしました。

一度更新してしまうと、もう簡単にはもどれないイメージの WordPress ですが、意外と簡単にダウングレードはできるんです!

今回は「Wordpress を最新版へ更新したら不具合が!簡単に WordPress をダウングレードする方法」を紹介します。

Sponsor link
Sponsor link

用意するもの

WordPress をダウングレードするには、なにはともあれ「FTP」クライアントソフトが必要です。有名かつ使いやすいのは「FileZilla」や「FFFTP」などです。

「FileZilla」は Windows と Mac 双方で使うことができ、「FFFTP」は Windows のみで利用できます。因みにぼくは FFFTP を利用しています。

>FileZilla ダウンロード先

>FFFTP ダウンロード先

どちらのクライアントソフトも無料で手に入れることができ、暗号化(FTPS)接続もできる高機能さです。

いちおうバックアップを必ずとりましょう

今回紹介の方法を用いると、『自分が失敗をしなければ特にバックアップは入りません』が、失敗するかもしれないので、ぜひバックアップはとっておきましょう。

もしも、ダウングレードに失敗して、バックアップを取っていなかった場合は、今まで積み上げてきたものが無くなりますので覚悟の上で1発勝負してくださいね。

一応簡単にWorpressが丸ごとバックアップできる方法を紹介しておきます。

Wordpressの全データをボタンひとつで完全バックアップするすごいプラグイン
本ブログ Tanweb.net はWordpressを使って運営されています。Wordpressなので当然レンタルサーバーを使ってセルフで管理しております。 同じようにWordpressでウェブサイトやブロ…

 

WordPress のダウングレード方法

まずは特定のファイイルを消去します

FTPクライアントソフトで WordPress の格納場所へ接続をします。そして、以下の項目を残して全て削除します(画像の青く選択されている部分を削除)。

絶対に消してはいけない「残すファイル」

  1. wp-content
  2. .htaccess
  3. .wp-config

この3つは必ず残してください。消してしまうと復帰できなくなります。

ぼくの場合はログインURL変更の為のファイルがあるので全部で4つでした(画像うえから8個目のぼかし部分)。

任意の Worpress バージョンをアップロードします

まずは自分の使いたい WordPress バージョンを用意しましょう。

>Wordpress 新旧ダウンロード可能ページ

↑のページからは最新版から旧版まですべてのバージョンをダウンロードできます。

任意の WordPress バージョンをFTPクライアントへアップロードします。

その際「wp-content」だけは外してアップロードします(画像参照)。

絶対に wp-content は入れちゃだめですよ。

wp-content をアップロードしてしまうと、ウェブサイト(ブログ)のデータが全て上書きされて消えてしまい大惨事になります。細心の注意を払うようにしてください。

あとがき

これで、もう一度自分の WordPress サイトへログインしてみると「データベースの更新」がでてきますので、更新してあげるとダウングレードが完了して今まで通り使うことができるようになります。データベースの更新は、バージョンが近い場合には出ないこともあります。

というわけで、今回は WordPress の簡単なダウングレードの方法を紹介しました。最新版へ更新したら不具合がでしまい困った! そんな時にやってみてください。