Tanweb.net

PC・デジモノ・旅行など好きなことだけ語るブログ

光コラボの勧誘電話に気をつけて!100%NTTからの電話じゃないですよ!!

光コラボの勧誘電話に気をつけて!100%NTTからの電話じゃないですよ!!

Sponsor link

最近、自宅の電話に「光コラボ」の勧誘電話がよくかかってきます。その電話は、さもNTT東日本(西日本)からの電話と誤認するような言い回しで話を進めてくるのですが、100% NTTからの電話ではなく代理店などの業者です。

先日、うちの父がその毒牙にかかってしまい、危うく光コラボの契約をさせられる寸前までいってしまい、NTT東日本へ確認したり、消費者センターに相談したりと、大変面倒な処理をするはめになりました。

今回は、皆さんもぜひ気をつけていただいという思いから、ことの顛末や、もしも契約してしまったときの回避方法などを掲載します。

Sponsor link

最近本当に多い「光コラボレーション」勧誘の電話

最近、非常に多く「光コラボ」勧誘の電話がかかってきます。

その勧誘電話の多くは、NTTからの電話だと誤認するような言い回しで、「フレッツ光の制度がかわったのをご存知ですか?」や「光コラボに変更しないと継続してインターネットが利用できなくなることもあります」など、巧妙にグレーゾーントークを展開してくるのです。

その他にも、「今よりも回線料金が安くなる」などのお得感にうったえる言い回しもしてきます。

これらの電話を掛けてくる相手は 100% NTTではありません!「NTTはサービスのご案内でこちらからお客様へお電話をかけることはございません」とNTTに確認したら豪語されていました。

さて、では件の「光コラボ」とはどのようなサービスなのでしょうか?

光コラボとは?

光コラボとは「光コラボレーション」の略称で、通常NTTのフレッツ光インターネット回線は、NTTが我々消費者へ回線を販売しています。光コラボを契約すると、フレッツ光回線はNTT以外の事業者が販売する契約に切り替わります。光コラボで使う回線はフレッツ光と全く同じものです。

光コラボサービスがはじまり、今までNTTが販売していた回線を他の事業者が販売できるようになったというわけなので、各社が自分のところへ(無知な)契約者をかっさらうべく我先にとやっきになっているという図式が最近の光コラボ勧誘電話事情なのです。

光コラボの注意すべき点

光コラボには注意すべき点がいくつかあります。

  1. 電話を掛けてきている相手は絶対にNTTの人ではありません。
  2. フレッツ光は、支払いや相談窓口がすべて「NTT」です。そのため企業力でも信頼度でも安心できます。しかし、光コラボを契約してしまうと、その全てがよくわからない事業者に変更されてしまいます。
  3. 一度光コラボへ変更してしまうと、二度とNTT契約のフレッツ光にもどすことはできなくなります。もしも光コラボを解約すれば現在の電話番号も変更になります。
  4. 光コラボの勧誘は「今よりも安くなる」というお決まりの甘い言葉を吐きますが、現在の契約状況によっては損になることもあります。
  5. 光コラボを契約しなくても別にいままでインターネットは使えるし損もしません。別に光コラボと契約しなくても平穏無事のインターネットライフが送れます。

1:電話をかけてきている相手はNTTの人ではない

前項「光コラボとは?」で記載したとおり、NTT以外の事業者が、自分の顧客にしようと企んで電話をかけてくるのが光コラボ勧誘なので、電話の相手はNTTの人間では100%ありません。もっと言えば、電話の相手はその事業者自体の社員ではなく、下請け、孫請けのよくわからない会社の営業です。

2:NTTから別の事業者へすべてが変更されてしまう

今までフレッツ光だと支払い先や相談窓口がNTTなのですが、光コラボに変更すると、その契約した会社が支払い先になり、相談窓口はその契約した会社かと思いきや、下請け会社が相談窓口になるパターンが多いです。

3:光コラボに一度契約してしまうと、2度とフレッツ光には戻せない

これ、勧誘の電話で契約するときには絶対に言わないのですが、光コラボに一度契約してしまうと2度とNTTとの契約に戻すことはできなくなります。

もしも契約した事業者がダメすぎて解約しようものなら、現在の電話番号は解約となり、解約金がとられるという不幸にみまわれます。

そして、再びNTTと再契約しようものなら、ウン万の工事費がまたかかり、電話番号が新しくなってしまうので、教えなおしたり、登録し直したり・・・更なる大不幸に見舞われます。

4:現在の契約によっては高くなることもある

勧誘電話の相手はなんかの呪文のように「今よりも安くなります」を連呼しますが、現在の契約によっては割高になることもあります。また、事業者によって独自のサービスを展開していることから、あれよあれよという間にオプションを契約させられて、実際には高い月額を支払うことになる・・・ということもあります。

個人的に調べた上での感想ですが、光コラボはフレッツ光から変更するメリットはほとんどありません!!月数百円くらいの料金差ならば、面倒な作業をしない現状維持のままが良くないですか? それに勧誘事業者のやり口が汚すぎるのも契約したくないポイントです。

うちの父のはこうやって騙された

巧妙な話術のせいで、NTTからの電話だと信じ切っていた父は、相手の言うがまま、PCを起動して、まずフレッツ光の「光コラボレーション(転用)お手続き」ページを表示させられました。

左上のピンク枠の部分「NTT東日本公式ホームページ」と記載されています。このページもなかなかクセモノで、その部分を確認した父は「やっぱりNTTからの電話で間違いないんだな」と勘違いしまてしまったそうです。

実際に、光コラボの転用をするためには、NTT公式ページより手続きをしなければならないので、相手は自分はNTTの関係者と言い張り、このページを開かせてくれば、詳しくない人間なら信じてしまうのは無理もありません。

しかし、NTT自体はサービスの勧誘で電話を掛けてくることは100%ありませんし、光コラボの契約を迫ってくるのはNTT意外の事業者なんだということを知っていれば、この時点でおかしいと気がつき断ることができます。

父はそのまま言うとおりに「転用お手続きへ進む」を選択させられます。

この時点で父は、「この手続は本当に必要なのですか?」と尋ねたところ、相手は「この設定をしないといずれインターネットが使えなくなるかもしれませんので、今やっておいた方がよいですよ」と言ったそうです。すべて断定していないところが大変イヤラシイですね!!

つづいて、こちらのフォームに個人情報を入力させられます。父いわく電話口の相手はとても丁寧に入力の手助けをしてくれるそうです・・・・。

そして、フォームが入力し終わるとこの画面になります。ここで電話口の相手は「転用承諾番号」を聞いてきます。

この「転用承諾番号」を相手に伝えてしまうとジ・エンドなんです!!

さて、転用承諾番号を父から聞き出した相手は、いよいよ本性を表します。

わりと早めの口調でまくしたてるように、「これで転用手続きはは完了です。今後は○○(事業者名)という名前で料金明細が届くようになります。また、相談窓口は○○(事業者名)と提携している○○(下請け名)が請け負いますのでよろしくお願いします」「それから、以後3年契約になりますので、期間内の解約は○万円の違約金が発生いたしますご了承ください」・・・。

ここで父はやっと「こいつはNTTじゃない。騙された!」と思ったらしく、「おたくはNTTじゃないんですか?」と再び尋ねると・・・

相手は転用承諾番号をすでに聞いて任務を達成しているので「自分は○○(事業者名)の代理店でNTT関連のサービスをまかされている○○(下請け名)の○○と申します」とやっと本当の素性を明かしたのです。

これに、頭にきた父は、

「私はNTTという会社の信用と契約しているんだ!! 決してお金と契約しているんじゃあない!!いい加減なことはするな!! キャンセルしてくれ!! 二度と電話もするな!!」

と怒鳴ったそうです。

それで、電話口の女性勧誘員は「申し訳ありません。本日の内容はキャンセルとして手配いたします」と電話を切ったそうです。

これが父と光コラボ勧誘とのやりとりの大まかな内容です。

後日談

あとでこの話を聞いたぼくは、「これはまずいかも」と思い、休み明けの朝一番にNTTへ電話を掛けて契約内容を確認してみました。

NTTのオペレーターさんによると、契約内容はまだ変更されてはいなかったのですが、契約変更を願い出る届け出が提出されているということでした

それで、これを取り下げるには、契約をした会社に直接願い出て取り下げないといけないとのこと。

しかし、父と電話を下相手は最後に自分の会社をわかりにくく伝えただけなので、ちゃんとした会社名がわかりません。わかるのは電話番号だけです。その番号に電話をしてもいつでも話し中で繋がりません。

そこで、NTTの方の勧めもあり、消費者相談センターへ相談してみることにしました。

消費者相談センターの相談員さんにわけを話して、かかってきた電話番号を伝えると、大元の事業者が判明。消費者相談センターのデータベースは大したものです!

相談員さんがその会社へ掛け合ってくれて、無事にキャセルすることができました。

これにてホッと胸をなでおろした今回の顛末でした。

消費者相談センター・・・頼りになります!!


>2ページ目では「光コラボ勧誘電話の断り方」と「もしも転用承認番号を教えてしまった時の対処法」を詳細に解説します。

1 2