▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

Microsoftアカウントの2段階認証をGoogle認証システムで管理する方法

About microsoft

先日の本ブログ記事にて、Googleアカウントは「Google認証システム」を用いて2段階認証を導入して簡単・超安全なセキュリティ固めをしようという内容をお送りしました。

About GoogleGoogleアカウントは2段階認証で安全に!Google認証システムの使い方
少なからず Google のサービスを利用しているユーザーは多いのではないでしょうか。 ぼくなんか Google のサービスにどっぷり依存して...

 

実は、その「Google認証システム」はGoogleアカウントだけではなく、よく利用されるGoogle以外のサービスアカウントも一括で管理できるスグレモノなのですっ!!例えば、Microsoftアカウントだったり、Dropboxアカウントだったり、Evernoteアカウントだったり。

今回はそんなGoogle以外のサービス「Microsoftアカウントの2段階認証をGoogle認証システムで管理する方法」を紹介します。

2段階認証とGoogle認証システムの説明

2段階認証とGoogle認証システムの詳しい説明は以下リンク先の「2段階認証とは?Google認証スシテムとは?」を読んでみてくださいね。

About GoogleGoogleアカウントは2段階認証で安全に!Google認証システムの使い方
少なからず Google のサービスを利用しているユーザーは多いのではないでしょうか。 ぼくなんか Google のサービスにどっぷり依存して...

Google認証システムを利用中の端末へインストール

まずは端末に「Google認証システム」アプリをインストールします。

本アプリは Android と iOS 端末共通のアプリで使い方も同じです。(最近では iOS 利用者さんも、GoogleマップやGmailなどのサービスを使うユーザーさんも多いですよね)

Android 版

名称:Google 認証システム
種類:ツール
価格:無料(広告なし)

iOS 版

名称:Google 認証システム
種類:ユーティリティ
価格:無料(広告なし)

インストールしたGoogle認証システムはしばらく置いておいて、ブラウザからMicrosoftアカウントへアクセスしてくださいね~。

Google認証システムの設定方法

Microsoftアカウントの2段階認証用のワンタイムパスワードをGoogle認証システムで使えるように設定するには、Microsoftアカウントページでの設定が必要になります。


  1. まずは、Microsoftのサービスならどれでもよいのでブラウザで開きます。画像は Outlook を開きました。右上のアイコン部をクリックするとドロップダウンメニューがせり出してきますので「アカウントの表示」を選択します。
  2. Microsoftアカウントの2段階認証の設定続いてメニューの「セキュリティ」を選択します。セキュリティの内容が表示されたら、画像ピンク枠の部分「その他のセキュリティオプション」を選択します。

  3. パスワードを必ず求められますので、Microsoftアカウントのパスワードを入力します。

  4. すでに2段階認証を導入済みの場合は次の「5」へすすんでください。2段階認証をまだ導入したことがない場合は、2段階認証を「有効化」してください。画像は「有効化」されている場合の表示です。

  5. 認証アプリ項目の「本人確認アプリをセットアップ」を選択します。
  6. Google認証システムでMicrosoftアカウントの2段階認証を管理する場合には、一番最後にある「その他」を選択して「次へ」。
  7. QRコードが表示されるので、この画面のまま放置して、端末のGoogle認証システムアプリを起動させます。
  8. Google認証システムをはじめて利用なら画像左参照で「開始」、すでに利用中なら画像右参照で「+」をタップします。
  9. 続いて、はじめてGoogle認証を使うなら画像左参照で「バーコードをスキャン」、すでに利用中なら画像右参照で「バーコードをスキャン」。

  10. 読み取り用のカメラが起動します。「7」番でPCブラウザに表示したままにしてある QRコード を読み込んで認証させます。認証が完了すると、Microsoftと記載されている6桁の数字コードが表示されます。次はその6桁コードを見ながらPCのブラウザへ戻ります。
  11. 放置していたブラウザ画面ですが、「アプリによって生成されたコード」のフォームに部分に端末のGoogle認証システムアプリに表示されている6桁の数字コードを入力して「次へ」を押します。

これで、Google認証システムアプリでMicrosoftアカウントの2段階認証用のコードが生成できるようになりました。

まとめ

というわけで、今回は「Microsoftアカウントの2段階認証をGoogle認証システムで管理する方法」を紹介しました。安心安全なインターネットライフをどうぞっ!

こちらもあわせてお読みください

ぼくは、今回紹介した「Google認証システムアプリ」を使って、複数のインターネットサービスのアカウントの2段階認証を一括で管理しています。Google認証システムアプリ1つで全部管理できるんだから本当に楽チンです。

Googleアカウントを管理する

About GoogleGoogleアカウントは2段階認証で安全に!Google認証システムの使い方
少なからず Google のサービスを利用しているユーザーは多いのではないでしょうか。 ぼくなんか Google のサービスにどっぷり依存して...

 

Amazonアカウントを管理する

About AmazonAmazonを安全に利用するなら2段階認証は絶対に設定すべきです!
ぼくはもう Amazon がなければある意味生活できないほど、Amazon にどっぷり浸かって生きております(笑)多くの方々は同じように Amazo...

 

Dropboxアカウントを管理する

Dropboxの2段階認証をGoogle認証システムで管理する方法
本記事が Tanweb.net 記念すべき「700記事」目となります!もうこんなに書いたんですなぁ・・・シミジミ・・・。 これもひとえに継続の...

 

Yahoo Japan ID を管理する

About YahooYahoo Japan ID の2段階認証をGoogle認証システムで管理する方法
みなさん! Yahoo Japan のアカウントをちゃんと2段階認証設定していますか? Yahoo Japan ID は、そのアカウント1つでメールはもちろ...

 

Google認証システムアプリを複数の端末に設定する

About Google2段階認証「Google認証システム」アプリを複数の端末で利用する方法
Google アカウントや Microsoft、Dropbox、Evernote などの幅広いアカウントの2段階認証を一元管理してワンタイムパスワードを生成して...