Tanweb.net

PC・デジモノ・旅行など好きなことだけ語るブログ

Microsoftアカウントの2段階認証をGoogle認証システムで管理する方法

Microsoftアカウントの2段階認証をGoogle認証システムで管理する方法

Sponsor link

   
 Windows, モバイルアプリ, インターネット

   
 Windows, モバイルアプリ, インターネット

先日の本ブログ記事にて、Googleアカウントは「Google認証システム」を用いて2段階認証を導入して簡単・超安全なセキュリティ固めをしようという内容をお送りしました。

Googleアカウントは2段階認証で安全に!Google認証システムの使い方
少なからず Google のサービスを利用しているユーザーは多いのではないでしょうか。ぼくなんか Google のサービスにどっぷり依存していて、なくなると生活がいろいろやばくなります(笑) 一番利用者が多…

実は、その「Google認証システム」はGoogleアカウントだけではなく、よく利用されるGoogle以外のサービスアカウントも一括で管理できるスグレモノなのですっ!!例えば、Microsoftアカウントだったり、Dropboxアカウントだったり、Evernoteアカウントだったり。

今回はそんなGoogle以外のサービス「Microsoftアカウントの2段階認証をGoogle認証システムで管理する方法」を紹介します。

Sponsor link
Sponsor link

2段階認証とGoogle認証システムの説明

2段階認証とGoogle認証システムの詳しい説明は以下リンク先の「2段階認証とは?Google認証スシテムとは?」を読んでみてくださいね。

Googleアカウントは2段階認証で安全に!Google認証システムの使い方
少なからず Google のサービスを利用しているユーザーは多いのではないでしょうか。ぼくなんか Google のサービスにどっぷり依存していて、なくなると生活がいろいろやばくなります(笑) 一番利用者が多…

Google認証システムを利用中の端末へインストール

まずは端末に「Google認証システム」アプリをインストールします。

本アプリは Android と iOS 端末共通のアプリで使い方も同じです。(最近では iOS 利用者さんも、GoogleマップやGmailなどのサービスを使うユーザーさんも多いですよね)

Android 版

名称:Google 認証システム
種類:ツール
価格:無料(広告なし)

iOS 版

名称:Google 認証システム
種類:ユーティリティ
価格:無料(広告なし)

インストールしたGoogle認証システムはしばらく置いておいて、ブラウザからMicrosoftアカウントへアクセスしてくださいね~。

Google認証システムの設定方法

Microsoftアカウントの2段階認証用のワンタイムパスワードをGoogle認証システムで使えるように設定するには、Microsoftアカウントページでの設定が必要になります。

  1. まずは、Microsoftのサービスならどれでもよいのでブラウザで開きます。画像は Outlook を開きました。右上のアイコン部をクリックするとドロップダウンメニューがせり出してきますので「アカウントの表示」を選択します。
  2. 続いて「セキュリティ」タブを選択します。セキュリティタブの内容が表示されたら、画像ピンク枠の部分「その他のセキュリティオプション」を選択します。
  3. パスワードを必ず求められますので、Microsoftアカウントのパスワードを入力します。
  4. すでに2段階認証を導入済みの場合は次の「5」へすすんでください。2段階認証をまだ導入したことがない場合は、2段階認証を「有効化」してください。画像は「有効化」されている場合の表示です。
  5. 認証アプリ項目の「本人確認アプリをセットアップ」を選択します。
  6. Google認証システムでMicrosoftアカウントの2段階認証を管理する場合には、一番最後にある「その他」を選択して「次へ」。
  7. QRコードが表示されるので、この画面のまま放置して、端末のGoogle認証システムアプリを起動させます。
  8. Google認証システムをはじめて利用なら画像左参照で「開始」、すでに利用中なら画像右参照で「+」をタップします。
  9. 続いて、はじめてGoogle認証を使うなら画像左参照で「バーコードをスキャン」、すでに利用中なら画像右参照で「バーコードをスキャン」。
  10. 読み取り用のカメラが起動します。「7」番でPCブラウザに表示したままにしてある QRコード を読み込んで認証させます。認証が完了すると、Microsoftと記載されている6桁の数字コードが表示されます。次はその6桁コードを見ながらPCのブラウザへ戻ります。
  11. 放置していたブラウザ画面ですが、「アプリによって生成されたコード」のフォームに部分に端末のGoogle認証システムアプリに表示されている6桁の数字コードを入力して「次へ」を押します。

これで、Google認証システムアプリでMicrosoftアカウントの2段階認証用のコードが生成できるようになりました。

まとめ

というわけで、今回は「Microsoftアカウントの2段階認証をGoogle認証システムで管理する方法」を紹介しました。安心安全なインターネットライフをどうぞっ!

こちらもあわせてお読みください

ぼくは、今回紹介した「Google認証システムアプリ」を使って、複数のインターネットサービスのアカウントの2段階認証を一括で管理しています。Google認証システムアプリ1つで全部管理できるんだから本当に楽チンです。

Googleアカウントを管理する

Googleアカウントは2段階認証で安全に!Google認証システムの使い方
少なからず Google のサービスを利用しているユーザーは多いのではないでしょうか。ぼくなんか Google のサービスにどっぷり依存していて、なくなると生活がいろいろやばくなります(笑) 一番利用者が多…

Amazonアカウントを管理する

Amazonを安全に利用するなら2段階認証は絶対に設定すべきです!
ぼくはもうAmazonがなければある意味生活できないほど、Amazonにどっぷり浸かって生きております(笑)・・・皆さんはどうでしょう? この記事を読んでいるアナタはAmazonがきっと大好きなはず! 日々のお買…

Dropboxアカウントを管理する

Dropboxの2段階認証をGoogle認証システムで管理する方法
本記事が Tanweb.net 記念すべき「700記事」目となります!もうこんなに書いたんですなぁ・・・シミジミ・・・。これもひとえに継続の賜物と、なによりも訪れてくれる読者の方々のお陰でござりまする。ありがとう…

Google認証システムアプリを複数の端末に設定する

2段階認証「Google認証システム」アプリを複数の端末で利用する方法
GoogleアカウントやMicrosoft、Dropbox、Evernoteなどの幅広いアカウントの2段階認証を一元管理してワンタイムパスワードを生成してくれる超絶便利セキュリティツールである「Google認証シ…