Tanweb.net

PC・デジモノ・旅行など好きなことだけ語るブログ

Windowsフォトビューアーはどこ?Windows10導入後に困ったぞ!

Windowsフォトビューアーはどこ?Windows10導入後に困ったぞ!

   
 Windows

   Windows

Windows 10 PCを購入したら、写真表示でいままで使っていた「Windowsフォトビューアー」がありません。代わりになんか使いにくい?「フォト」なるものになっていました。困ったなぁ・・・なんてことになっていませんか?

安心してください!Windows 10 にもフォトビューアーはちゃんとあります。ただ、見えなくされているだけなんです!!

今回は、Windows 10 でWindowsフォトビューアーを使えるようにする方法を紹介したいと思います。

Sponsor link
Sponsor link

Windows フォトビューアー

これですこれ!特にWindows 7から10へ乗り換えた方は、見慣れたこのWindowsフォトビューアーが利用できずに泣いている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

実際ぼくも、10から新たに設定された「フォト」よりもこちらの「フォトビューアー」のほうが100倍使いやすいと感じます。

因みに Windows 7 や 8.1 導入のPCからアップグレードで 10 へしたPCは多分 Windows フォトビューアーが普通に使えてるはずです。

問題なのは、新しく Windows 10 パソコンを導入した場合にフォトビューアーが使えないことが多いということなんです。

では、事項から Windows フォトビューアーを使えるようにする設定方法を紹介します。

Windowsフォトビューアーを使えるようにする手順

  1. まず、下のリンクから「photo-viewer.zip」というファイルをダウンロードしてください。>photo-viewers.zip をダウンロード

  2. ダウンロードしたzipファイルを解凍すると「photo-viewer.reg」というファイルが表示されます。この photo-viewer.reg をダブルクリックしちゃってください。

たったこれだけで仕込みは万全!Windowsフォトビューアーが使えるようになっているはずです。

では、本当に使えるのかを確認してみましょう。

Windowsフォトビューアーが使えるか確認する方法

  1. 画像をなんでもよいので右クリックし、「プログラムから開く」から更に「別のプログラムを選択」をクリックしていきます。
  2. 多分デフォルトが「フォト」になっていると思います。下の「その他のアプリ」を選択します。
  3. スクロールしていくと、今までなかった「Windows フォトビューアー」があります!今後はWindowsフォトビューアーを使うという方は、Windowsフォトビューアーを選択肢、「常にこのアプリを使って .jpg ファイルを開く」にチェックをいれてOKを押せば次から jpeg画像はすべてフォトビューアーで閲覧できます。

まとめ

Windows 10 は画像の拡張子ごとにどのビューアーを使うか選ばなければなりませんので、「このファイルを開く方法を選んでください」が出たらその都度「Windowsフォトビューアー」を設定してあげてください。

一度既定のビューアーを設定した拡張子は、設定が変更されないかぎりは1度設定すれば以後それを使ってくれます。(画像・映像系のアプリケーションをインストールすると設定がリセットされることがあります)

というわけで、個人的にはフォトよりも100倍使いやすいと思っている Windows フォトビューアーを使えるようにする方法を紹介しました!

それでは良いWindows 10ライフをお過ごしください♪