Tanweb.net

PC・デジモノ・旅行など好きなことだけ語るブログ

有線LANスイッチングハブの失敗しない選び方。ギガ対応とメガ対応

有線LANスイッチングハブの失敗しない選び方。ギガ対応とメガ対応

Sponsor link

   
 デジモノ・家電

   
 デジモノ・家電

midashi-network

先日、どうしてもひとつのLAN穴で2台のPCを有線でつなげたくて、有線LANスイッチングハブなるものを購入してみました。

スイッチングハブはふた部屋で使いたかったので、当然2つ買ったのですが、1つはギガ対応、もう1つはメガ対応のハブと2パターンをチョイス。

今回は、実際にスイッチングハブでインターネット接続をしてみてギガタイプとメガタイプで速度がどのように差が出るのかなどをレビューしてみます。

Sponsor link

LANスイッチングハブとは

有線LANポートの数が足りないときに、ひとつのLAN穴を複数に増やすことができる魔法のアイテムです。LAN穴がひとつしかない部屋で複数の端末を有線で接続したいときには必須アイテムとなります。

購入の際は、利用状況や契約中の回線速度に合ったものを選ばないと失敗してしまうので注意が必要です。

今回購入したスイッチングハブ

100MBタイプ

Giga対応タイプ

この2つのタイプを購入してみました。

というのも、ハブを使うと回線速度が若干なり減速するという話を聞いたことがあり、自室で使う方は速度低下して欲しくないのでギガ対応タイプ。

もうひと部屋では、さほど速度を必要としないが2ポート欲しい感じでした。したがって、こちらは100MB上限タイプをチョイスしました。(安いから)

さて、実際にこのふたつを同じ時間帯の同じPCでネット接続してみて速度がどのように変化するのかを以下でレビューします。

テストの前にうちの回線速度のハナシ

我が家のネット回線速度は「ギガ対応」ではありません。有線接続で一番回線速度が早いときで最高「150MB」くらいのフレッツ光ファミリータイプです。

それを念頭に置いて以下のテストレビューを読んでいただければと思います。

また、回線速度は「USEN通信速度チェッカー」を使用して計測しています。

100MBタイプでのテスト結果

dsc_1513

まず、こちらのLogicoolさんの100MBタイプのハブでテストします。

ハブを使わずに、直接壁のLAN穴で計測したら「115MB」の速度がでていました。

ハブを使って計測・・・

  1. 1回目・・・63MB
  2. 2回目・・・70MB
  3. 3回目・・・60MB

やはりメガタイプは上限の100MBがリミッターなのか、若干の速度低下を起こしています。まあ、こいつを使う部屋は、そこまで回線速度を必要としない利用スタイルなので、これはこれで良しとします。

Gigaタイプでのテスト結果

dsc_1522

つづいて今度は、ELECOMさんのGigaタイプで計測してみます。

例によって、まずLAN穴へ直接つっこんで計測したら「120MB」の速度がでました。

ハブを使って計測・・・

  1. 1回目・・・105MB
  2. 2回目・・・115MB
  3. 3回目・・・120MB

なんということでしょう!!Gigaタイプは速度低下を起こさないんですね!!こりゃビックリです。値段が倍以上なので、その分性能も高いということが立証できました。

注意点

両スイッチングハブとも電源がセルフパワーですから、接続した2台のPCが同時にインターネットに接続して使えるというメリットがあります。

しかし、2台同時利用は回線速度が結構低下するので、そこは了承ください。

因みにぼくは2台同時利用はしません。ただ2台のPCを切り替えて使いたいということからのスイッチングハブ購入です。

まとめ

今回購入した有線LANスイッチングハブは両方共2000円以下でしたから、使い勝手と性能を鑑みてもコスパは素晴らしいと思います。

Gigaタイプのスイッチングハブは、回線速度が別にギガ契約ではなくても十二分に恩恵があるということが立証できました。回線速度の必要性によって臨機応変にハブのタイプをチョイスしれば間違いないですなっ♪(ハブの価格が違うからね)

これからスイッチングハブを買われる方の参考になれば幸いです。

今回紹介したスイッチングハブ

100MBタイプ

Giga対応タイプ