▶ Windows 10 全般の使い方や設定各種・快適術をまとめたリンク集

Windows 10 タスクバー右側にアイコンを表示させる方法(隠れたインジケーターから常駐アプリを出す)

About Windows 10

以前の Windows OSでは タクスバーの右側に、「常駐アプリ」や「ハードウェアの取り外し」などのアイコンを「隠れたインジケーター」の「カスタマイズ」から簡単に設定することができました。

kakureteiruinzikeita

以前の Windows 7 や 8.1 はこのように「カスタマイズ」からタスクバーへ表示したい機能やアプリを選ぶことができました。

2016-11-11_11h19_03

しかし、Windows 10 からは、隠れたインジケーター部にカスタマイズがなくなってしまい、別のところから設定しなければならなくなしました。

隠れたインジケーターから出したい常駐アプリって意外とあったりまします。

今回は「Windows 10 タスクバー右側にアイコンを表示させる方法」を紹介します。

タスクバー右側へアイコンを表示させる方法

  1. 2016-11-11_12h26_06タスクバーの何も無いところをどこでも良いので「右クリック」します。するとメニューがせり上がってくるので「設定」を選択します。
  2. 2016-11-11_12h28_37
    「設定」を選択すると「タスクバー」というウィンドウが開きます。スクロールをすると通知領域項目に「タスクバーに表示するアイコンを選択してください」があるのでそれをクリックします。
  3. 2016-11-11_12h30_11
    すると「タスクバーに表示するアイコンを選択してください」という表示に切り替わります。ここに出ている一覧から、タスクバーの右側に表示させたい常駐アプリやWindowsの機能を「オン」にすることによって常に表示させることができます。
  4. 2016-11-11_12h30_32例として、使用頻度の高そうな「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」を「オン」にしてみました。
  5. タスクバーの右側にはアイコンがちゃんと表示されています。外部メディアを抜くとタスクバーからは消え、また外部メディアを挿すと表じされます。

あとがき

タスクバーの隠れたインジケーターから出しておきたい常駐アプリってありますよね。そんな時には本記事の設定手順でタスクバーへ出してあげてください。

というわけで、今回は「Windows 10 タスクバー右側にアイコンを表示させる方法」をお送りしました!