▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

Windows 10 は Defender だけで十分なのか?標準搭載のウイルス対策ソフト

Windows 10 は Defender だけで十分なのか?

新しいPCを購入した知人からよく「ウイルス対策ソフトは何を買えば良いのか?」と質問されますが、Windows 10 には「Windows Defender」というウィルス対策ソフトがはじめから搭載されています。

PCの 使い方によってはこの Windows Defender で十分安全を確保出来ます。

今回は「どのようなユーザーが Windows Defender で十分で、市販のウィルス対策ソフトが必要なのはどのようなユーザーか?」という内容でブログしてみます。

Windows Defender と市販のセキュリティソフト

国内全体や世界的にみてもセキュリティ対策ソフトなしで利用している Windows PC ユーザーが未だに多く、ウィルスにやられてしまったりその他トラブルに見舞われたりと被害が絶えません。

そういったマルウェアなどの被害を少しでも緩和しようという Microsoft の配慮が標準搭載された「Windows Defender」なのです。

しかし、Windows Defender が初めから入っているからと市販のセキュリティソフトが必要ないかといえばそうではありません。やはり市販のセキュリティソフトの方が優れている点も多くあります。

以下の項目から Windows Defender はどのようなユーザーさんに向いているのかを説明します。

Windows Defender の性能

Windows Defender セキュリティセンター

Windows Defender は主に「マルウェア(ウイルス等)対策・スパイウェア対策」の機能を中心に、パソコンの最低限の安全性を確保できるように Windows 8 から現在のように OS に標準搭載されるようになった Microsoft 純正のセキュリティ対策ソフトです。

常時監視「リアルタイム保護」

パソコンの動作を常時監視してウイルスが入り込もうとしたり実行しそうなときにそれらを遮断する「リアルタイム保護」機能。

PCファイルの保護「スキャン保護」

PCに保存されているファイルをチェックし、ウイルスに感染しているものがないかどうかを探す「スキャン保護」機能。

ランサムウェアやトロイの木馬を強力にシャットアウト

コントロールされたフォルダアクセス機能による改ざん防止機能。(Fall Creators Update から実装)

EMET が Defenderに統合

アプリケーションなどの脆弱性を監視して保護する機能。(Fall Creators Update から実装)

様々な市販ソフトと Defender を比べたデータ

紹介するデータは、「AV-Comparatives」という組織がセキュリティソフトを世界規模で正規的に調べた結果がグラフ化されたものです。

AV-Comparativesとは

PCのウイルス対策製品やモバイルセキュリティなどのソフトウェアが提供元が約束したとおりに動作するかどうかをチェックする世界的な第三者機関です。世界中のテスターといくつかの学術機関などと連携をして統計をとっているそうです。

AV-Comparatives で認定されたセキュリティソフトは「世界的に認められるセキュリティソフト」の承認を公式に受けることができます。

このグラフの見方

  1. 赤はウイルスを防げなかった部分。黄色はユーザーが自分でウイルスを招いてしまって防げなかった部分。グレーの部分はしっかりシャットアウトした部分。グレーが多ければ多いほど優秀なセキュリティソフトということになります。
  2. オレンジの折れ線グラフは、偽陽性(ぎようせい)を表しています。偽陽性とは、本当は陰性なのに誤って陽性と判断することを言います。ようするに、ウイルスでもなんでもなく安全なものでも誤って弾いてしまう「誤検出」の多さを表します。
  3. Avast や AVG など、多くのユーザーが無料で利用しているものもリストにありますが、ここで紹介されているのは “あくまでも有料版” のデータです。無料版は機能制限がされていて、セキュリティの脆弱さは明白ですから当然この比較に入ることはありません。
  4. Microsoft の部分が Windows Defender なのですが、Windows 10 の Defender データです。Windows 7 の Security Essentials ではありません。
ここがポイント!

AV-Comparatives の計測グラフは定期更新されていて、評価は定期的に変動します。

今まで評価が低かったセキュリティソフトがシステムアップデートされたのか突然評価が高くなることもあります。もちろん逆パターンもあります。

このグラフをキャプチャした時がこの計測結果だったということです。

AV-Comparatives の計測結果を見て思う Defender の性能

Windows 10 の Defender は「Microsoft」の部分なのですが、何ヶ月間分かを追ってみると、総じて安定感がありセキュリティ性能はなかなか優秀な感じです。

データ上では市販のセキュリティソフトと比べても見劣りしない印象。

AV-Comparatives の計測グラフは定期更新されるのですが、Defender は、ほとんどが「ユーザーが自分でウイルスを招いてしまって感染」パターンが多いです(黄色いグラフ)。

Defender はセルフに近いセキュリティソフト

Defender はセキュリティ性能こそなかなか優秀なのですが、欠点として市販のセキュリティソフトと比べると機能があまり手厚くないことが挙げられます。

Defender には、手厚いメールセキュリティ・個人情報保護・ネットバンク保護など、市販のセキュリティソフトなら当たり前にある機能が足りていません。

Defender は、一応バックグラウンドで自動的にウイルスチェックはしていますが、かゆいところに手が届くようなセキュリティソフトではなく、セルフチェック・セルフサービスに近い印象なのです。

だから「ユーザーが自らウイルスを招いてしまって感染」が多いのではないでしょうか。

Defender は使う人を選ぶセキュリティソフトなのかもしれませんね。

市販のセキュリティソフトについて

Trend Micro が、よく知られているウイルスバスターですが、いつ見ても「偽陽性(危険じゃないのに誤検知)」が多いです。

個人的には「ESET(イーセット)」や「Kaspersky(カスペルスキー)」が更新が頻繁で動作もとても軽いので好きですね(これらも計測結果は変動しますけど)。

Windows のセキュリティは公式ブログでチェックできる

Defender も含む、Windows 10 のセキュリティに関しては、日本 Microsoft のセキュリティチームがかなり頻繁に細かくブログ配信してくれていて、日々の Defender 性能の変化を確認することができます。

ぼくはこのブログを feedly していつも確認しています。

Windows Defender だけで大丈夫なユーザーとは?

AV-Comparatives のデータを見ても分かる通り Defender は「無料」ということであるなら、なかなか優秀です。ただし、ウイルス定義の更新は遅いように見受けられます。

前述したとおり、Defenderは、他の市販セキュリティよりもユーザー個々の知識に依存なところがあり、細かい使い勝手に多少難があるのと、機能的にはあくまでも必要最低限の簡易的なものです。

また、多くの市販のセキュリティソフトには電話サポートがあるので、「ウイルスにやられたかも?」「対処方法教えて!」という時には心強いです。しかし、Defender にはそういったサポートは一切ありません

市販セキュリティのように、ひたすらセキュリティ対応だけを専門的にやっている会社のサポート能力や使い勝手と比べてしまうこと自体がナンセンスなのかもしれないですが。

パソコンから個人情報を多く扱ったり、メール送受信やネットショッピングを日常的に頻繁に行う方、Defender では精神的・危険回避能力的に不安を感じる方は、やはり市販のセキュリティソフトを導入するほうが良いのかもしれません。

以下余談ですが、セキュリティソフトを利用するうえでの大切な注意点。

Windows Defender おすすめの使い方

通常、Windows パソコンには複数のセキュリティソフトを入れることはできませんが、Windows Defender だけは例外で、他のセキュリティソフトを入れても「唯一不具合がでることなく稼働させられるセキュリティソフト」です。

Windows Defender は別のセキュリティソフトが入っていても唯一稼働するセキュリティソフト

ぼくは ESET を利用しているのですが、画像の通り、ESET が稼働状態でも同時に Defender も稼働しています。市販のセキュリティソフトに Defender を組み合わせて一緒に使用できていますね。

このように Defender は、他のセキュリティソフトと併用できますから、よりマルウェアからの保護が安全になるというわけで、おすすめの使い方です。

おすすめ市販セキュリティソフト

あとがき

Windows Defender は、一般的なパソコン利用では問題ないほどの基本性能は有しています。もはや無料のセキュリティソフトはDefenderに勝てないんじゃないのかな。

自分のPCの使い方を考えた時に、市販のセキュリティソフトが必要かどうかをよく考えて、特に必要なさそうであればわざわざ有料セキュリティを導入せずとも Defender だけで良いのかもしれません。

しかしながら、特にPCをお仕事で使われる場合は、メールやファイルなど外部とのやり取りも頻繁ですし、自分も含め相手の安全も考慮しなければなりません

そのようなことから有料セキュリティは導入したほうが良いんじゃないかとは思います。

今回は「どのようなユーザーがWindows Defenderで十分で、市販のウィルス対策ソフトが必要なのはどのようなユーザーか?」という内容でブログしてみました。

おすすめセキュリティソフト

【キタムラも愛用中のウイルス対策ソフト】

 

販売から30年以上!アンチウイルス界の老舗セキュリティソフト「ESET」。話題の詐欺広告なんかもしっかり対応。検出率・軽さ・価格と三拍子そろっておすすめ!

 

ESET 公式サイト