Tanweb.net

PC・デジモノ・旅行など好きなことだけ語るブログ

光回線の電話勧誘をスマートに断れる魔法の言葉を教えます

光回線の電話勧誘をスマートに断れる魔法の言葉を教えます

Sponsor link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

      2016/12/06
 インターネット, ネガティブスピーチ

更新日:2016/12/06   インターネット, ネガティブスピーチ

mudayone

昨今様々な会社がインターネット光回線業に参入して、日々そんな会社から勧誘の電話がかかってきてうんざりです。多い時で1日5件とか・・・。

最近では0120からの電話は完全に無視していますが、うっかり取っちゃた時に今回の断り方で教える「魔法の言葉」をいうと今のところでは、早ければ20秒、長くとも1分以内には切ることができます。

というわけで今回は「光回線の電話勧誘のスマートな断り方」を紹介します。

Sponsor link
Sponsor link

魔法の言葉を教えます

まずは、勧誘してきた相手の会社名を頭に叩き込みます。

そして、大抵は「●●様のご自宅のインターネット回線はNTTフレッツ光ご利用でよろしかったですか?」と聞いてきます。これは相手がうちを調べているわけではなく、ヤマをかけているだけです。

もしも、知っているならば情報源はNTT、他の会社で契約しているなら、その会社がこちらの個人情報を流しているということになるわけなので、本当なら情報源はバレバレになります。

大手の会社がそんなリスク背負うわけありません。だからヤマをかけているだけという根拠になります。

「そうです」と答えれば”しめた!”と食いついて来ますし、「わからない」と答えれば(言い方が悪いですが)リテラシーの低い住人がいる家庭は、昔ながらの「NTTフレッツ光」を利用している場合が多かったりしますので、結局食いついてきます。

そこで変える予定もない無い、もしくはよくわからない光回線勧誘の電話がかかってきたらこう言いましょう。

魔法の言葉はコレ

「最近docomo光に変えたばかりなんですよ~」

はい、これ超魔法の言葉です。

そしたら、現在の光回線のサービスはすべてマネマネビジネスでサービス名は違えど基本内容は似たり寄ったりで、2年縛りなどのシステムも一緒ですから相手は引くしかありません。

「あ~そうなんですね~失礼しました~」と切っていきます。

もしも「docomo系」もしくは「NTT系」の勧誘の電話だったら

「最近、au光に変えたばかりなんですよ~」

と単純に会社を変えれて言えばOK(笑)

まとめ

もう勧誘の電話とのやり取りなんてお互い化かし合いですよw

変える予定もない光回線の勧誘がかかってきた時には是非、正直に言わないで、魔法の言葉を言ってください。間違っても「わかららない」「わかる人がいないから」は言ってはいけません。

「わからない」「わかる人がいない」でもまあ断れないことはないですが、断れるまでにちょっと時間がかかります。そして相手は「じゃあ次はわかるひとがでるんじゃないか」と再びしつこくかけてきます。

本当に必要なものであれば、自分で調べたり相談しにいったりアクションを起こすはずですよね。今の御時世ネットで必要なものをなんでも検索できるのに、電話営業っていう欲しくもないものを欲しくさせる詐欺スレスレの仕事が未だに残っているのが不思議でしかたありません。むしろ法律で禁止するべきものだとすら思います。

僕は電話をとり魔法の言葉でお断りしたあとに、家電の着信履歴から即「迷惑電話」設定をして二度とかかってこないようにしています

お困りの方、是非お試しください。