PC・デジモノ・旅行など他にも色々語りたいブログ

Sponsor link

WordPress – 管理画面にログインしている時にはGoogleアナリティクスで自分をカウントさせない方法

      2016/12/06

midashi-wordpress

Googleアナリティクスは無料で利用できて、非常に優秀なアクセス解析です。しかし、ブログを更新した後などに自分でチェックをしたりするときにカウントさせてしまっては正確な解析ができません。

今回は「Wordpressにて、管理画面にログインしている時にはGoogleアナリティクスで自分をカウントさせない非常に簡単な方法」を紹介いたします。

Sponsor link
Sponsor link

IPアドレスで除外する方法あるじゃん!

Googleアナリティクスの設定にてIPアドレスごとの除外設定がありますが、実はこれワナがあります。

ご家庭でインターネットを契約している場合、契約しているプロバイダから固有のIPアドレスが必ず割り当てられています。しかし、このIPアドレスは状況によってころころ変わるのが一般的で、昨日と今日ではIPアドレスが違っていることなどはざらにあります。

また、出先でブログを確認したり、Wordpressを更新したりするときには結局アナリティクス設定外のIPアドレスを使用しなければなりません。

プロバイダから割り振られているIPアドレスを固定する方法はありますが、月額結構な金額がかかります。それにお金を捻出するくらいならSIMカードでも買った方が幸せになれると思いますw

プラグインは使いません

今回紹介する方法は、特にプラグインは使いません。ヘッダー部分に以下に記載するPHPを記述するだけでWordpress管理画面ログイン時にはGoogleアナリティクスで自分のカウントだけ止まります。

要は、この方法を実践すると、WordPressにログインしてからチェックすれば、自分は絶対にアナリティクスにはカウントされないということです

記述するPHPコード

以下のコードを<head>から</head>の間に記述します。

「ここにアナリティクスのトラッキングコードを挿入」の場所にGoogleアナリティクスから割り当てられているご自分のコードを挿入してください。

このPHPは【管理画面ログイン時にはコードを非表示にしますよ】という命令を出しています。他にも「ログイン時には誤クリック防止のために広告を非表示にしたい」ときなどにも応用できます。

しっかり動作するとこうなります

手順やコード等に間違いがなければ、ソース上では以下のように表示されます。

WordPress管理画面にログインしていない時

gat01

普通にトラッキングコードがソースに表示されています。

WordPress管理画面にログインしている時

gat02

このようにPHPで挟んだトラッキングコード部分だけきれいに非表示になります。このようになっていれば、しっかり動作しているということです。

トラッキングコードの調べ方

Googleアナリティクスのトラッキングコードは、アナリティクス管理画面の以下の場所から取得することができます。

1.上部のナビゲーションから「アナリティクス設定」を選択

gat03

2.「トラッキングコード」を選択

gat04

3.表示されているコードがトラッキングコードです

gat05

注意点とまとめ

この方法は、アナリティクスのトラッキングコードをマニュアルでページに貼り付けて利用する方法です。仮にプラグインを使ってすでにアナリティクスが表示できるようになっている場合は、プラグインを無効または削除して、アナリティクスを一度利用できなくしてから貼り付けましょう。

そのまま利用してしまうと、2重コードとなりアナリティクスがアクセス計測できなくなってしまいます。ご注意くださいね。

以上、今回は「Wordpressにて、管理画面にログインしている時にはGoogleアナリティクスで自分をカウントさせない非常に簡単な方法」を紹介いたしました。ノシ

シェアしていただけたら嬉しいです!

この記事がお役にたちましたら、ブログやTwitter等でシェアしていただけると嬉しいです。また、疑問・質問がありましたらコメントやメールでお気軽にポチッとしてください~♪