▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

WordPress – 管理画面にログインしている時にはGoogleアナリティクスで自分をカウントさせない方法

About WordPress

Google アナリティクスは無料で利用できて、非常に優秀なアクセス解析です。

しかし、ブログを更新した後などに自分でチェックをしたりするときにカウントさせてしまっては正確な解析ができません。

今回は「WordPress にて、管理画面にログインしている時には Google アナリティクスで自分をカウントさせない非常に簡単な方法」を紹介いたします。

IP アドレスで除外する方法あるじゃん!

Google アナリティクスの設定にて IP アドレスごとの除外設定がありますが、実はこれワナがあります。

ご家庭でインターネットを契約している場合、契約しているプロバイダから固有の IP アドレスが必ず割り当てられています。

しかし、この IP アドレスは状況によってころころ変わるのが一般的で、昨日と今日では IP アドレスが違っていることなどはざらにあります。

また、出先でブログを確認したり、WordPress を更新したりするときには結局アナリティクス設定外の IP アドレスを使用しなければなりません。

プロバイダから割り振られている IP アドレスを固定する方法はありますが、月額結構な金額がかかります。

それにお金を捻出するくらいなら SIM カードでも買った方が幸せになれると思います。

プラグインは使いません

今回紹介する方法は、特にプラグインは使いません。

ヘッダー部分に以下に記載する PHP を記述するだけで WordPress 管理画面ログイン時には Google アナリティクスで自分のカウントだけ止まります。

要は、この方法を実践すると、WordPress にログインしてからチェックすれば、自分は絶対にアナリティクスにはカウントされないということです

記述する PHP コード

WordPress で使える PHP の 条件分岐(if 構文)を使います。

以下のコードを <head> から </head> の間に記述してください。

「ここにアナリティクスのトラッキングコードを挿入」の場所に Google アナリティクスから割り当てられているご自分のコードを挿入してください。

この PHP は【管理画面ログイン時にはコードを非表示にしますよ】という命令を出しています。他にも「ログイン時には誤クリック防止のために広告を非表示にしたい」ときなどにも応用できます。

しっかり動作するとこうなります

手順やコード等に間違いがなければ、ソース上では以下のように表示されます。

WordPress 管理画面にログインしていない時

普通にトラッキングコードがソースに表示されています。

WordPress管理画面にログインしている時

gat02

このように PHP で挟んだトラッキングコード部分だけきれいに非表示になります。このようになっていれば、しっかり動作しているということです。

この状態の時には、アナリティクスにカウントされません。

また、管理画面のタブを閉じても、ログイアウトするかブラウザを閉じるまでは、ログイン状態のままですから、ブログを何度開いてもまったく問題なしです!

トラッキングコードの調べ方

Google アナリティクスのトラッキングコードは、アナリティクス管理画面の以下の場所から取得することができます。

①:上部のナビゲーションから「アナリティクス設定」を選択

gat03

②:「トラッキングコード」を選択

gat04

③:表示されているコードがトラッキングコードです

gat05

注意点とまとめ

この方法は、アナリティクスのトラッキングコードをマニュアルでページに貼り付けて利用する方法です。

仮にプラグインを使ってすでにアナリティクスが表示できるようになっている場合は、プラグインを無効または削除して、アナリティクスを一度利用できなくしてから貼り付けましょう。

そのまま利用してしまうと、2重コードとなりアナリティクスがアクセス計測できなくなってしまいます

要するに、プラグインを使ってアナリティクスを設定している場合には、本記事の方法は使えないということです。ご注意ください。

以上、今回は「WordPress にて、管理画面にログインしている時には Google アナリティクスで自分をカウントさせない非常に簡単な方法」を紹介いたしました。ノシ