▶【注目記事】Windows 11 を導入したら最初にやっておくべき初期設定

Windows 10 / 11 対応の Microsoft 純正メモリ解放ツール「Microsoft PC Manager」を紹介します

Windows 10 / 11 対応の Microsoft 純正メモリ解放ツール「Microsoft PC Manager」の使い方を紹介

メモリ解放できるフリーソフトは様々ありますが、今回紹介するのは、Microsoft が開発している Microsoft 純正の PC マネージメントツール「Microsoft PC Manager」です。

現在もまだ開発中で、BETA 版が一般公開されて誰でも使えるようになっています。

その Microsoft PC Manager の中にメモリを解放してくれる機能が含まれていて、Microsoft 純正なだけあって、Windows 10 / 11 との相性が抜群で安全性・安定感もあって優秀な「メモリ解放ツール」となっています。

今回の記事内容

今回は『Windows 10 / 11 公式対応の Microsoft 純正メモリ解放ツール「Microsoft PC Manager」の使い方』を紹介します。

Microsoft PC Manager のダウンロード&インストール手順

Microsoft PC Manager のインストーラーは以下の Microsoft 公式サイト内のページからダウンロードすることができます。もちろん誰でも無料で利用できます。

また、ダウンロード&インストール手順は、以下の別記事でわかりやすく紹介しています。手順がよくわからない方や英語ページに不安を感じる方は参考にしてくださいね。

Microsoft PC Manager は PC に常駐しています

Microsoft PC Manager は PC に常駐しています

Microsoft PC Manager はインストールが完了すると、任意で終了させない限りは PC に常駐しています。隠れたインジケーターを表示するとアイコンがあるはず。

メモリ解放を行う際は、この隠れたインジケーターにあるアイコンから起動させます。

また、デフォルトで PC 起動時に Microsoft PC Manager も一緒に起動させるスタートアップ登録がされています。解除するには手動で設定が必要です(後述します)。

Microsoft PC Manager でメモリを解放する手順

  1. Microsoft PC Manager でメモリを解放する手順01
    隠れたインジケーターにある「Microsoft PC Manager」のアイコンをクリックします。
  2. Microsoft PC Manager でメモリを解放する手順02
    PC Manager ウィンドウが画面の右下に表示されます。
  3. Microsoft PC Manager でメモリを解放する手順03
    ① が「現在のメモリ消費量」です。画像では43%使っています。② の「Boost」ボタンを押すとメモリ解放が行われます。
  4. Microsoft PC Manager でメモリを解放する手順04
    メモリ解放は数秒で終わります。この事例では 43% ▶ 32% と 10% 以上ものメモリを解放してくれました。ついでに一時データも削除されて PC がスッキリ綺麗に!(隣の Temprary files)
ここがポイント!

自動でメモリ解放を行ってくれるわけではありませんので「メモリを使っているな~」「ファンが大きな音をたててるな~」となったら「Boost」ボタンです。

PC 起動と一緒に PC Manager を起動させたくない場合

PC の電源を入れて起動させた時に Microsoft PC Manager を一緒に起動させたくない。スタートアップから外したい場合は、以下の手順で処理できます。

  1. PC 起動と一緒に PC Manager を起動させたくない場合01
    隠れたインジケーターにある「Microsoft PC Manager アイコン」にマウスカーソルを合わせて「右ボタンクリック」します。
  2. PC 起動と一緒に PC Manager を起動させたくない場合02
    「Settings」をクリックします。
  3. PC 起動と一緒に PC Manager を起動させたくない場合03
    Start PC Manager automatically when | sign in to Windows 項目のスイッチが「On」になっているので、スイッチをクリックして「Off」にします。これで PC 起動時に一緒に起動しなくなります。
ここがポイント!

PC 起動と一緒に PC Manager を起動させたくない場合04

 

PC 起動時に一緒に起動させなくしても、インストール時に作成されたショートカットアイコンからいつでも Microsoft PC Manager を起動できます。

Microsoft PC Manager メモリ解放以外の機能を簡単に紹介

Microsoft PC Manager には以下の4つの機能が搭載されいて、メモリ解放はこの4つの機能のひとつに該当します。

機能①:PC をブーストする

この機能がメモリ解放の機能です。システムをクリーンアップし、メモリ解放&一時保存されているデータを削除します。PC を掃除してパフォーマンスを向上させます。

機能②:ストレージを管理する

PC の大掃除を行い、大きなファイルを管理します。ストレージ センスを使用して、Windows がストレージを解放できるようにします。

機能③:健康診断

システムの問題をすばやく見つけて修正します。ワンクリックで脅威をスキャンしてクリアします。

機能④:アンチウイルス保護

Windows セキュリティ(Defender 含む)と完全に統合されていて、いつでもどこでも PC を保護します。

あとがき

昨今パソコンの高性能化に伴い、要求されるメモリ容量も増加の一途をたどっています。

Windows 11 に関していえば 4GB じゃまず足りない。8GB が快適に利用できるギリギリのラインで、作業内容によっては 8GB でも足りないことが往々にしてあります。

メモリが足らなくてパソコンのファンが大きな音をたてることもしばしば。

メモリ不足はメモリ増設をするのが一番の解決方法ですが、様々な事情からそれができない人もいます。

Microsoft PC Manager は、そんな Windows PC のメモリ不足解消の救世主になるかもしれません。また、現在英語版のみですが開発が進めば日本語対応にもなるかもしれません。

Windows 10 / 11 のメモリ不足に悩んでいるなら、Microsoft 純正の「Microsoft PC Manager」を一度試してみても良いのではないでしょうか?

 

全国対応で、壊れたパソコン買取専門店【ジャンク品パソコン買取ストア】。電源が入らない…など壊れた PC でも現金化できます。捨てるよりも断然お得!

 

宅配買取では「送る前に店頭買取や出張買取も事前査定で実際の買取金額がわかる」ので安心です。

 

ジャンク品 PC 買取ストア