▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

インターネットが遅いときは回線速度を計測しよう!おすすめスピードテストを4つ紹介

インターネットが遅いときは回線速度を計測しよう!おすすめスピードテストを4つ紹介

パソコンやスマホで YouTube 動画を楽しんでいたら突然動画がストップしてアイコンがグルグル・・・ウェブサイトページがぜんぜん開かない・・・

インターネットって突然遅くなることってありませんか?

自分が接続しているインターネット回線がどのぐらいの速度なのかわかれば、契約を見直したり等の指標にすることができます。

今回は「インストール不要!ブラウザだけでインターネット回線の速度を計測できるおすすめのスピードテストサービスを4つ(パソコン・スマホ両対応)」紹介します。

ネットが遅いと判断するための大まかな基準を始めに紹介

これから紹介するインターネット回線速度計測ツールに共通しているのは、回線の「ダウンロード」と「アップロード」速度の計測数値です。

自宅のインターネット回線速度の、特にダウンロードの数値がいつも「20Mbps」を下回ってしまうなら、光回線なのに遅すぎるので、要ネット回線の契約見直し検討ですね。

回線速度が 20Mbps を下回ってくると、ネットが遅くてイライラすることも多々。

ダウンロードの数値がしょっちゅう「5Mbps」のように一桁台をマークするのであれば、もはやネット回線にお金を払っている意味がないぐらい遅いです。

その①:USEN GATE 02

USEN GATE 02 スピードテスト01

USEN GATE 02 は、個人的にイチオシのネット回線スピードテストサービスです。

計測ページがごちゃごちゃしておらずシンプルで、計測結果のデザインもとても見やすくて視認しやすいことが特徴。

USEN GATE 02 スピードテスト02

また、計測結果の下には補足として、このような「現在のインターネット速度で行えるアクションに対しての快適指数」を教えてくれます。

見やすさと親切さなら USEN GATE 02 がナンバーワン! ライトユーザーさん向け。

その②:Google スピードテスト

Google スピードテスト01

Google スピードテストは、Google 検索から直接回線速度を計測することができる「インターネット回線速度チェッカーの中で最もお手軽」なサービスです。

Google スピードテスト02

検索フォームに「スピードテスト」と入力して検索するだけで、一番上に表示され、「速度テストを実行」ボタンを押せばすぐに回線速度の計測がはじまります。

特にブックマークしておかずとも、検索語句を入力するだけで利用できるので、スマホからインターネット回線速度を計測する場合には一番お手軽のツールですね。

Google スピードテストは「レイテンシ」という項目も計測してくれます。

Google スピードテストはレイテンシも計測してくれる

レイテンシとは、インターネット通信のデータ転送における指標のひとつで、データのやり取りで、データが送られてくるまでの「通信遅延時間」のことです。レスポンスタイムという言い方もされます。

レイテンシの項目に記載の ms(ミリ秒)の数値が小さいほうが通信遅延時間が短く、データ転送の処理が優秀だと判断できます。

ネットの反応速度? 反射速度? みたいなものでしょうかね。

レイテンシの数値が2桁までなら良いと思います。3桁だとおそらく回線速度も結構遅い数値がでてしまっているのではないでしょうか? 理想は1桁ですね。

その③:ブロードバンドスピードテスト

ブロードバンドスピードテスト01

ブロードバンドスピードテストは、広告に囲まれて真ん中にぽつんと計測ツールがあります。ページの見た目はちょっとアレですが、アクセスした IP アドレスからしっかりと計測エリアを割り出して回線速度をチェックしてくれます。

ブロードバンドスピードテスト02

ここも計測結果はわかりやすいです。

もちろんスマホのブラウザからでもしっかりインターネット回線速度チェックできます。

その④:Fast.com

インターネット回線速度計測「Fast.com」01

Fast.com は、サブスク動画サービスの雄「NETFILIX」が提供しているインターネット回線速度チェッカーです。

ネット回線の計測後、「詳細を表示」を押すことで、Fast.com も「レイテンシ」の数値を確認することができます。

インターネット回線速度計測「Fast.com」はレイテンシの確認ができる

Google スピードテストよりも Fast.com のほうがレイテンシを含め情報量が多いのが特徴です。

個人的に Fast.com が好きだと感じる部分は、「広告がまったくない」ところと「PC と スマホどちらでも超見やすい」ということですね。

回線の見直しなら!こちらのインターネット回線がおすすめ

1位「NURO 光(ニューロひかり)」

SONY ネットワークコミュニケーションズの「NURO 光」が総合満足度1位。NURO 光は超高速の下り「最大2Gpbs」の速さなのに 「月額4,743円」の安さが魅力のインターネットサービス。大手回線事業者ですね。

NURO 光 公式サイト

2位「FLET’S 光(フレッツひかり)」

フレッツ光申し込みサイト

NTT 東日本(西日本)の「フレッツ光」が総合満足度2位。本家本元の回線事業者ですから「「回線事業者に対する信頼性」評価が一番高いのは当たり前! NTT という印籠に安心を見出すのでしたら鉄板かと。因みに我が家は「フレッツ光」です。

フレッツ光 公式サイト

3位「OCN 光(オーシーエヌひかり)」

OCN光

NTTコミュニケーションズの「OCN 光」が総合満足度3位。OCN は NTT の完全な子会社ですから「回線事業者に対する信頼性」の評価も高め。OCN が提供する格安 SIM「OCN モバイル ONE」の契約とまとめるとスマホもネットもお得な料金に。

OCN 光 公式サイト


※おすすめインターネット回線速度のランキングは、価格.com ネット回線満足度ランキング2020より抜粋。

あとがき

今回は、ぼくがよく利用する「インターネット回線速度計測ツール」を4つ紹介いたしました。どのツールもしっかりと回線速度を計測してくれるので重宝します。

現在の環境のインターネット回線速度が遅いと感じるなら、ぜひぜひ紹介した回線速度チェッカーでスピードテストしてみてください。

もし、毎日のように絶望的な速度が計測されるなら、ネット回線の見直しをおすすめいたします。