▶【注目記事】Windows 11 を導入したら最初にやっておくべき初期設定

アドセンス広告を誤って自分でクリックしてしまったときの対処方法

Google AdSense 関連の記事

※ 本記事にはプロモーションが含まれます

運営ブログ内に配置してある Google アドセンスの広告を「自分でクリックする行為」は、違反とされています(当たり前ですよね)。「誤クリック」というやつです。

しかし、長くブログをやっていれば、うっかり誤クリックしてしまうこともあります。

では、アドセンス広告を誤って自分でクリックしてしまった場合にはどのように対処したらよいのでしょうか?

今回は「運営ブログに設置されたアドセンス広告を誤クリックしてしまった時の対処方法」を紹介します。

実はアドセンスを誤クリックしても報告する必要は無い

実のところ、うっかりミス程度のアドセンス広告誤クリックであれば、特に何もする必要は無く、報告の義務などもありません。

上リンク先の公式ヘルプ「間違って自分の広告をクリックした場合に必要な対処」によると・・・

パブリッシャー様がご自身の広告を故意にクリックすることは許可されませんが、誤ってクリックするケースは十分に考えられます。このような場合に Google まで特別にご連絡いただく必要はありません。有効と見なされたすべてのクリックとインプレッションに対する収益は、アカウントに適切に配分されておりますのでご安心ください。

と記述されています。

Google アドセンスは、クリックされたIPアドレス等をかなり緻密に計測していて「運営者本人がクリックしたかどうか」を完全に把握しています。

更に、アドセンス広告をクリックした後のユーザーの動きなどもデータ取りして、適切なクリックであるかどうか?も判定の対象にしているようなのです。

ここがポイント!

したがって、それが誤クリックかどうかはすぐに判断されクリックのカウントからは除外されるので「特に誤クリックの報告は要らない」ということのようです。

キタムラ

う~ん、賢い。

ただし、サイトログなどで確認をして、自分以外の第三者から過剰なクリックをされる攻撃をうけている場合は、運営へ報告を入れたほうが良いです。

アドセンスの自己クリック(ズルのクリック)は危険

ブログ初心者やアドセンスを導入したてのユーザーが陥りやすい事象として、アドセンスの自己クリック(ズルのクリック)がありますが、これは大変危険な行為。

うっかりな誤クリックが数回まで程度であれば、自動的なクリック除外措置でまったく問題ありません。しかし、過剰な自己クリックを繰り返すと「絶対にバレる」ので、確実にアドセンスアカウントの停止や下手すると永久剥奪になります。

おおいに注意してください。

実際に聞いたことがあるアドセンスのアカウント剥奪例・・・

  • ネットカフェの PC から繰り返し自己クリック
  • スマホで場所を変えて繰り返し自己クリック
  • 自分以外の家族のPCからローテーションして繰り返し自己クリック
  • 友人・知人・恋人に頼んで繰り返しの(ある意味)自己クリック

インターネットには見えない様々な情報が含まれているので、Google アドセンスはこれらの行為をしっかり監視できます。そのどれもが救いようもない愚行ばかり。

このような浅はかな行為はすぐにバレます。悪質だと判断され「アドセンスから永久退場」の処分が下る可能性が高いのです。

すべてのアドセンス自己クリックはバレていると考えてくださいね。

あとがき

今回は、「運営ブログのアドセンス広告をうっかり自分でクリックしてしまった時にはどうすればよいか?」をお送りしました。

キタムラ

自分のアドセンスを誤ってクリックしてしまったときには「基本はスルー」で、(ないとは思いたいが)複数回連続でクリックしてしまったときは、不安なら運営に自己申告(報告)をするということで。