パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

About PC

新しいパソコンを買おうか迷っている友人から相談をうけました。

  • 最近パソコンの動きが非常に遅い
  • 性能が低いのか? 動画をちょっといじるとフリーズする
  • すぐに CPU が 100%になってしまう
  • そもそもパソコンってどのくらい使えるの?

相談ではこのようなことを聞かれました。

ぼくは彼に「パソコンは、もちろん壊れたら買い換えるけど、性能不足を感じたたらそれはそれでもう買い替え時なんだよ」と伝えました。

今回は、パソコンの寿命はどのくらい? パソコンの買い換えの目安や古いパソコンの処分方法などのマメ知識をできるだけ簡単にまとめて紹介します。

パソコンの寿命ってどのくらいだろうか?

パソコンの寿命って一般的には5年くらいと言われています。

しかし、パソコンが壊れる = パソコンの寿命というわけではありません。

パソコンは性能不足になれば寿命といえます

もちろん壊れて寿命をむかえるパソコンもありますが、その他のに、まだ動いているが「時間の経過による性能不足」や「OS のサポート期限が終わる」ために買い換えざる負えないパソコンも寿命としてカウントされます。

パソコンを購入してから5年くらいが経過すると、世の中の IT 情勢に性能が対応しきれなくなってきて「買い換えるか」となる目安が5年というわけです。

3年過ぎればいつ壊れてもおかしくない

パソコンの耐久力は、購入したものの「当たり・ハズレ」や利用頻度などに左右されますので、一概にこの時期に壊れると断言することはできません。

しかし、デスクトップとノートPC 合わせて 10台を超えるパソコンを利用してきた経験から言うと・・・

パソコンは購入してから3年経過したらいつ壊れてもおかしくありません。

ぼくは利用中のパソコンが3年経過したら、そこから次のパソコン資金を積み立てるようにしています(笑)

ハードディスク(HDD)の寿命目安は調べることができる

パソコンが故障して起動しなくなる原因には、電源やマザーボードなどもありますが、多くのユーザーが直面する「パソコンが壊れた」はハードディスク(HDD・SSD)の故障ではないでしょうか。

ことハードディスク(または SSD)に関しては、寿命の目安を調べることができます。

ハードディスク(または SSD)の寿命は「CrystalDiskInfo(クリスタルディスクインフォ)」というフリーソフトを使うと簡単に調べることができます。

CrystalDiskInfo では「元気・注意・危険」と3パターンでハードディスクの現在の耐久度を教えてくれます。

詳しくは以下の別記事で紹介しているのでよかったら読んでみてください。

CrystalDiskInfo であらかじめハードディスクの耐久度をチェックしておけば、ハードディスクが壊れる前にデータの引っ越しができます。

その他のパーツが壊れてしまう

ハードディスク以外の電源やCPU、マザーボード自体の故障などがこれに当てはまります。

デスクトップ PC であれば、ほとんどのパーツは交換することはできます。しかし、ノートPC の場合はパーツ交換のハードルがグッと上がるので買い替えが必要になってきます。

保証期間がすぎてしまったパソコンの故障は、修理費用を鑑みた場合、新しいものを買ってしまうほうがおすすめです。

新しいパソコンへ買い換える目安

Lenovo ThinkPad 13

性能不足を感じたら

前述しましたが、日頃パソコンを利用していて、買った当時には感じなかった「動作が重い」「フリーズする」「やりたい事に対しての動きが悪い」など性能による不満を感じはじめたらパソコンを買い替えるタイミングです。

もうそのパソコンは、あなたのやりたい事に答えるには性能不足なのです。

ハードディスクが故障しかけている

前述の「CrystalDiskInfo」でハードディスクの耐久度を調べた時に「危険」が表示されてしまった場合は、速やかに新しいハードディスクへ交換する必要があります。

自分で交換できる方は、新しいハードディスクへ交換すれば大丈夫ですが、そうではない方は新しいパソコンへ買い換える必要性が生じます。

因みに「CrystalDiskInfo」で「危険」になったハードディスクは、明日壊れるかもしれないし、1週間後かもしれません・・・とにかく近い内に壊れる予定なのでご注意を。

異音がしだした

特に起動の際に、いつも聞こえない大きい音がする場合は故障が近い合図かもしれません。例えば「ガリガリガリ」「ゴォォォオ」「ブーーーーン」など、とにかくいつもは聞こえていなかった音が聞こえだしたら要注意です。

勝手に電源が落ちる、または付いたり消えたりする

電源ユニットの故障が考えられます。

デスクトップ PC の電源ユニットの交換はある程度パソコンの構造に精通していれば可能ですが中難度といえます。難しそうならパソコンの買い換えを検討しましょう。

ノートPCの場合は交換できませんので新しいパソコンへの買い替えを検討しましょう。

焦げ臭い

パソコンを使っていると焦げた臭いがただよってくる・・・これは完全にアウトです。どこかの電気系統に不具合が生じているので使い続けるのは危険です。

火災の恐れもあるので、早急にデータをバックアップして使用を停止しましょう。

新しいパソコンへ買い替えが必要です。

購入してから5年が経過している

前述したことと被りますが、5年が経過したパソコンは時代の流れに性能がついていけない可能性が大です(特に購入時から低スペックだったもの)。

性能不足を感じているはずです。要パソコン買い替えかと。

Windows 7 パソコンを使っている

Windows 7 は 2020年1月14日にサポートが終了します。当然そこからはセキュリティなどの更新が一切なくなりますので、事実上の使ってはいけない OS となります。

そろそろ Windows 10 への買い替え時じゃないでしょうか。

ここがポイント!

パソコンはとにかく動いているうちに買い換えるのがベストです。壊れてからでは、大切なデータを取り出すのは一苦労ですし、もしかしたら復旧できないかもしれません。

新しいパソコンの選び方

自分に合ったパソコンを選ぶのが一番なのですが、どこを見たらよいのか? なかなか難しいですし、考えるだけでもエネルギーを使いますよね。

本ブログの別記事では、パソコンを買う時にどこをチェックしたら良いのかを詳細にわかりやすく紹介していますので読んでみてください。

おすすめのパソコンブランド

一応本記事でもおすすめのパソコンブランドを紹介しておきます。

デスクトップ PC はマウスコンピューターがおすすめ

BTO パソコンと呼ばれる、自分に合った性能をカスタマイズして購入できる完全国産パソコンブランドです。価格と性能のバランスが大変良いです。

ノート PC ならレノボがおすすめ

元 IBM といえば知っている方も多いのではないでしょうか?(IBMのPC部門を買収)

丈夫で堅牢、キーボードの打ち易さに定評のあるパソコンブランドです。公式サイト限定のクーポンを使うと高性能機が 25% オフなどの割引を毎日やっているのでお得です。

学生さんには学割なんかもあるのでおすすめですよっ!

古いパソコンのおすすめ処分方法

動くパソコンであれば買い取ってもらい、いくらかの足しにするのが妥当なのですが、今回は、動かないパソコンでも買い取ってくれるサービスも合わせて紹介します。

動くパソコンならこちらで高額買取してくれます

こちらの「パソコン買取アローズ」は、ちょこちょこ買い取り額アップキャンペーンをやっていて、動くパソコンであればしっかり買い取ってくれます。おすすめ。

動かないパソコンはこちらで買い取ってくれます

壊れたパソコン買い取り専門店とちょっと変わり種の「ジャンク品パソコン買取ドットコム」です。壊れたパソコンを買い取ってくれるのは助かります。

因みに送料無料ですよ。

あとがき

今回は、パソコンの寿命や買い替えのコツ、おすすめ処分方法について結構ながながとブログしました。

本記事が、パソコンの調子が悪い方、これからパソコンを買い換えようと考えている方の参考に少しでもなれば幸いです。