カーオーディオがBluetooth非対応なのでオーディオレシーバーで対応させたという話

はい、7年モノの軽自動車に乗っているキタムラです。こんにちは。

ぼくの軽自動車に装備されているカーナビも当然7年前のモデルでマルチメディア機能が非常に乏しいのです(地図はバージョンアップして比較的新しい)。

今時カーオーディオでCDってもう聴かないじゃないですか~!  せめてSDカードやUSBメモリを挿して MP3 でも聴ければ良いのですが、USB穴もなくSDカード256MBまでしか認識できないし・・・。

こんなんでも7年前は最新だったんだよぉ・・・。

というわけで、CD自体を持っていないので、音楽再生もままならなくなった7年前のカーオーディオを Bluetooth 対応にして、スマホに突っ込んである音楽を車で楽しもう!

Bluetoothレシーバーを購入したのでそのレビューです。

今回買ったBluetoothオーディオレシーバー

今回買った Bluetooth レシーバーはこちらさんです!

Amazonで検索してみると、かさばらない小さいタイプはいろいろありましたが、その中で一番バッテリーが保つやつをチョイスしました。

因みに、このレシーバーは満充電で8時間連続再生ができます。

Bluetoothオーディオレシーバーの付属品や大きさ

充電用の「microUSBケーブル」と「メス x メスの変換プラグ」が付属しています。

大きさは、USBメモリとほぼ同じくらいで大変コンパクトサイズ!

Bluetooth オーディオレシーバーの使い方

オーディオ危機の「AUX端子(外部入力端子)」に本製品を挿すだけで準備完了です。

あとは、本機の電源をいれて、ペアリング済みのスマホで音楽を再生するだけで、音楽再生もままならなかったカーオーディオが最新式へと変貌します。

iPhone でも Android端末でも快適に再生できました。

音質はどう?

ひと昔前に流行ったFMトランスミッター方式ではなく、スピーカー(カーオーディオ)へ直接挿すタイプなので、出音はノイズも無くとてもクリアです。

CD再生しているのとなんら変わらないくらいのクオリティで音源を再生することができてますね。

若干CD再生時よりもカーオーディオの音量を高めに設定して、スマホ側のボリュームで微調整するのが一番快適な音量調整方法だと思いました。

本機の電源は自動でOFFになります

スマホからの信号が途絶えて5分ほど経つと、本機の電源は自動的にOFFになる仕様。

こんな使い方もできました

有線のヘッドフォンやイヤホンへ付属の変換プラグを使って本機と接続したら、即席Bluetoothヘッドフォン(イヤホン)として使えます。

音はすごく良いのに、CDもMDも壊れてラジオしか聴けなくなったミニコンポのAUX端子へ本機を接続したら高音質 Bluetooth ミニコンポへ早変わり。

使いみちが沢山あるBluetoothレシーバーいかがですか?

使いみちは無限大!…ってほどではないですが、いろいろ使いみちがあるBluetoothオーディオレシーバーは大変便利なアイテムでした!!


ぼくが今回買ったやつ(8時間連続再生)

もう少し小さいサイズのモデル(5時間)

サイズが大きいがバッテリーが長いモデル(15時間)