Tanweb.net

PC・デジモノ・旅行など好きなことだけ語るブログ

打ちやすいキーボードならメカニカルキーボードがおすすめ!実際に使ってみた感想

打ちやすいキーボードならメカニカルキーボードがおすすめ!実際に使ってみた感想

Sponsor link

みなさんは普段どんなキーボードを使っていますか?

ぼくは今まで2,000円程度のキーボードを使っていました。自分にとってキーボードとは「消耗品ですぐに交換するもの」という概念があり、「高級なコーボードは損」だと考えていました。しかし、今回「メカニカルキーボード」を人生で初めて導入してみて、その考えが180度覆ることとなりました。

はじめに結論を書きますが、打ちやすいキーボードはある程度お値段がするもので、おすすめはメカニカルキーボードだということです。

格安のキーボードしか使ったことがなかったぼくには目からウロコ。

「世の中にこんな気持ちのよいキーボードがあったのか!!」と心から感動しました。

Sponsor link
Sponsor link

メカニカルキーボードとはなんぞや?

ぼくが今回購入したメカニカルキーボードは、オウルテックの「OWL-KB109CBL」という品名で、8,000円前後とメカニカルキーボードの中ではお安めの部類です。高いものだと「東プレ」のキーボードなんかは2万円前後します。

さて、メカニカルキーボートとはなんでしょう? 普通の安いキーボードとはどのような違いがあるのでしょうか?

メカニカルキーボードとは、「キーのひとつひとつが独立した個別のスイッチ」になっていて、「スイッチひとつひとつにバネがついています」。

それに比べ、メンブレンタイプなどの普通のキーボードは「すべてのキー=ひとつのキー」という作りをしています。そこにカバーをつけているものが安価なキーボードとなります。

メカニカルキーボードは、打ちやすさ、打ち心地、耐性などが細かく配慮され、キーひとつひとつを作っていかなければならない分安価なキーボードよりも手間がかかり高価になります。

メカニカルキーボードはスイッチによって打ち心地が異なる

メカニカルキーボードは「軸(じく)」によって打ち心地が変わります。

大きく分けて、「赤軸茶軸青軸・黒軸」の4つがよく見かける軸で、左から順番にキーストローク(押し込んだ感じ)が重くなります。赤が一番軽くて、黒が一番重いといった風。

また、メカニカルキーボードは音が鳴るので職場などで使うときには音が静かな「赤軸か茶軸」が良いでしょう。人がいる職場で、青・黒軸を使うのは絶対やめといたほうがよいです。

ぼくが今回買ったものは「青軸」で、めちゃくちゃ音が鳴りますがその分めちゃくちゃ気持ちがいいです(笑)「青軸・黒軸」はひとりでタイピングができる環境の方専用機だと言えます。

4種の軸どれにもいえることですが「とにかく打ち心地が最高」だということです! どれを選ぶかは、好みや環境に左右されるでしょう。

メカニカルキーボードや軸のことに関しては、以下のウェブページにかなり詳しく記載されているので興味が湧いたらどうぞ読んでみて下さい。

今回ぼくが購入した「オウルテック OWL-KB109CBL」を紹介

前述しましたが、オウルテック「OWL-KB109CBL」は 8000円前後で買える、メカニカルキーボードの中でもリーズナブルなモデルです。リーズナブルですが打ち心地を含め性能はしかっりメカニカルしているのでご安心を。

メカニカルキーボードをこれから使ってみようかという方にもおすすめできる入門モデルと言えるでしょう。

キーボード同梱されていたもの(画像参照)

  • 本体
  • 説明書
  • PS2切替えジャック
  • ゲーム用キーカバー&キーカバー抜くやつ
  • パームレスト

109フルキーなのが嬉しいです。

キー配列はこんな感じ。ポイントは「Fn」キーを使って音のON-OFFや音量の調整ができることです。あとは一般的な109キーボードと同じです。

「Fn」キーを押しながらファンクションキーを押すとそれに対応した動作をしてくれます。

本体の裏側には傾斜をつけられる足があります。これ大事ですよね!!

実際に設置してみた画像です。

ぼくは日頃からお世話になっている使い慣れたパームレストがあるので、付属のパームレストは利用しません。

このパームレストなかなか良いんですよ!! ぼくは傾斜になっているパームレストは苦手で、これは傾斜が無く、手前も奥も同じ太さのため非常に手を置きやすく、堅めのクッション素材のため置いた手がとても楽です。

かなりおすすめですよ!Amazonでも楽天でも1,000円しないお手頃価格なのも魅力です。

パームレストを側面から見た画と実際に手を置いた画です。

オウルテック「OWL-KB109CBL」で実際にタイピングしてみた動画

実際にぼくがタイピングしてみた動画です。参考になれば幸いです。

いやいや~、まったくもって良い音をさせてますよねぇ♪(若干机の振動音もひろっちゃってますがご容赦を)

今までの2,000円のキーボードと比較すると雲泥のタイピングのしやすさです。

まとめ

まとめはこの一言につきます。

「メカニカルキーボードは、めちゃくちゃ気持ちが良い! 異常なほど気持ちが良い!!」

打つのが気持ち良くて、更に打ちやすいので自然と文章が入力したくなるんです! 文章を入力するのが多い方やブロガーさんはそれだけでモチベーションがあがること間違いなしです。

キーボードに1万以上は高いな~という場合は今回紹介した、オウルテック「OWL-KB109CBL」」が大変おすすめですよ!!

まだの方は是非メカニカルキーボードお試しください。