Tanweb.net

PC・デジモノ・旅行など好きなことだけ語るブログ

RAMとは?ROMとは?メモリってなに?ストレージってなに?

RAMとは?ROMとは?メモリってなに?ストレージってなに?

Sponsor link

   
 パソコン, モバイル

   
 パソコン, モバイル

Twitterを眺めていたら、こんなツイートが起点になって盛り上がっていました。

これがネタなのか本気なのかはわかりませんが、実際に自分の周辺の何人かに「RAMとROMの違い」を尋ねたところ確率 100% で「わからない」という結果に・・・

携帯電話所有ユーザーの実に70%以上がスマートフォンを持っているというこのご時世なのに・・・なんて由々しき事態なんだっ!!

というわけで今回は「RAMとは?ROMとは?メモリってなに?ストレージってなに?」という内容をできるだけ簡単にざっくりまとめてお送りします。

Sponsor link
Sponsor link

ROMとは?

ROM(ロム)と読み、「Read Only Memory」の略称です。

よくスマートフォンの端末性能に「ROM」と記載されていますが、ROMとは、内蔵ストレージ(内蔵フラッシュメモリ)のことをいい、端末の全てのデータを保存する場所のことをROMといいます。端末の設定などもみんなこのROMに保存されています。

パソコンではROMを「HDDやSSD」と表現しますよね「HDD 500GB」など。スマートフォンでは「ROM 32GB」のように表現します。

ROMの容量が大きいほど沢山のデータを保存することができます。

先程「ROMは内蔵ストレージのこと」だと書きました。

ではストレージとは一体なんなのでしょうか?

ストレージとは?

ストレージとは「データを保存する場所」のことです。

ストレージの仕組みはこんな感じです。

あれ? じゃあやっぱりROMと同じだよね? と疑問に思いますよね! そうなんです。ROMとストレージはまったく同じものを指していて、その都度場合によって使い分けているだけなのです。

  • スマホなどモバイル端末のデータ保存容量を示す時には主に「ROM」。
  • パソコンの保存容量なら「HDD500GB」や「SSD128GB」など。
  • SDカードだと「容量 / データ容量 32GB」などとそのまま表現しますね。
  • DVDなどの光学ディスクも上に同じく「容量 4.7GB」です。
  • USBフラッシュメモリも「容量 16GB」などですね。
このように、種類によって使い分けている感じで、これらのIT機器のデータを保存する場所を総じて「ストレージ」と言います。したがって、「iPhoneのROMは64GBです」でも「iPhoneのストレージは64GBです」どちらの表現でも “日本ならば” 正解です。

注意点、「iPhoneのHDDは64GBです」この表現は間違いです。

なぜなら、iPhoneはストレージにHDDではなく、「フラッシュメモリ(フラッシュROM)」を使っているからです。

とにかく「データを保存する場所=ストレージ」なので、使い分けが難しい場合はどんな時でも「ストレージ や 容量」と表現しちゃえば間違いないと思われます。

RAMとは=メモリのことです!ではメモリとは?

RAM(ラム)と読み、「Random Access Memory」の略称で、俗に言う「メモリ」のことです。

ではスマホやパソコンなどのコンピューターにおける「メモリ」とはなんなのでしょうか? 簡単な仕組み画像を見てみましょう。

まず、メモリを例えるなら「机や作業台」がわかりやすいかもしれません。

コンピューターはストレージに保存してあるデータやアプリをその都度取り出してきて、作業台(メモリ)の上に広げて作業します。

したがって、当然、作業台が大きければ大きいほど沢山の素材を手元に広げて作業できるので効率がよくなります。

作業台に置けない素材は床にでも転がして「後でまた使えばいいじゃん」と人間なら思うかもしれませんが、コンピューターは人間のように横着しません。几帳面に使い終わったものをストレージにもどします。

しかし、作業台が大きければ、あとで使うやつは作業台の空きスペースに置いておくので、使いたい時にはすぐに使えます。逆に作業台が小さければ、空きスペースが無いので、使うたびに収納(ストレージ)へしまって出してを繰り返さなければいけません。この動作がスマホやPCが重くなる原因のひとつになります。

もうひとつメモリの仕組みがあります。これも図で簡単に説明します。

大きなデータ、俗に言う「重いデータ」が扱えるかどうかです。

作業台が小さいと、その台の幅を超える素材は、例え置けたとしても広げることができませんから、その素材を扱って作業することはできないということです。これは人間でも同じことではないでしょうか? 無理やり小さい台の上で大きな素材を広げてあなたは細かい作業ができますか? 思うように作業を進めれなくてストレスたまりませんか?

これが、少ないメモリで大きなデータを扱えない理由です。

ざっくりといろいろ端折った簡単な説明でしたが、これが「RAM=メモリ」です。

まとめ

ROM(ロム)はストレージの表現のひとつ

主にスマホなどモバイル端末のデータを保存する場所のことを指す言葉。

RAM(ラム)は「メモリ」のこと

メモリ容量によってコンピューターがどれだけ効率よくデータやアプリを扱えるかが変わります。CPUと抱き合わせで、コンピューターの「重い / 軽い」を司っているといえるでしょう。


ぼくはハッキリ言って「ROM」って表現は好きではありません。

※docomo端末紹介より

『ストレージとメモリって表現すれば一番わかり易いじゃん?』と今も思っているし、きっと明日も思っていることでしょうw

というわけで、今回は「RAMとは?ROMとは?メモリってなに?ストレージってなに?」という内容をできるだけわかりやすく簡単にまとめてみました!!