Tanweb.net

PC・デジモノ・旅行など好きなことだけ語るブログ

今更ながら iPad mini 4 を購入することにした4つの理由

今更ながら iPad mini 4 を購入することにした4つの理由

Sponsor link

   
 タブレット

   
 タブレット

先日 iPad mini 4 を購入しました。そろそろ新しい iPad mini 4 の後継機がでるんじゃないかというタイミングで買っちゃったので「今更ながら」と言わせてもらいました。

というのも、今まで使っていた Androidタブレットがついに壊れてしまい、早急にタブレットを購入しなければなりませんでした。本当はAndroid機をまた買う予定でした。しかし、家電店で実機をいろいろ触ってみて、(店頭にあった)Androidタブレットたちの動作があまりにも体たらくだったため、ぬるぬる動いた iPad にしてみました。

買ったからにはレビューをかかねば! というわけで、今回は「今更ながら iPad mini 4 を購入することにした4つの理由」という内容でお送りします。

Sponsor link

理由①:Appleサイトでは iPad mini 4 しか売ってない

こちらのモデルを購入しました・・・といっても、すでに「128GB」モデルしかないんですよね・・・。本当は64GBがあればそれで十分だったのですが、ないものはしようがないです。

また、格安SIMカードで運用したかったので、奮発して「cellular(SIMフリー)」モデルにしました。因みに「LINEモバイル」か「OCNモバイルONE」どちらの格安SIMを使おうかまよった結果、OCNモバイルONEで運用することにしました。

実のところ、妻が iPad mini 2 の Wi-Fiモデルを使っていて、それをちょこちょこさわっていて、動き的にも十分だと感じていたので、ipad mini 2 の cellularモデルがあればそちらを即決だったんですよね。

iPad mini 2 の Wi-Fiモデルならネットショップでもまだまだ売っているんですが、cellularモデルに関してはAppleから買わないとだめですもんね。

これが理由①です。

理由②:Androidタブレット の動きのダメさにまいったこと

ぼくはメイン端末としては iOS機は余り使いたくありません。実際にスマートフォンは Android端末を利用しています。Android端末のメリットは圧倒的な自由度で、データのやりとり、ホームのカスタム、ウィジェットの配置など本当に自由に設定ができます。

反対に iOS機はデータのやりとり全般はすべて iTunes を使わなければならないし、ウィジェットはないし、なんでもかんでもホームボタンを押して解決するところもちょっとイヤです。

それでも iPad mini 4 を選んだ理由は、店頭へAndroid実機をさわりにいってみたところ、最新のAndroidタブレットにもかかわらず「動きがあまりよくない!」これです。メモリ3~4GBも積んでいるのに、なんでそんなにつっかかるんだよ・・・。ヘキサコアはかざりなのか?

最近のAndroidスマホはあんなに動きが良いのに、なんでタブレットになるとこんなに動きが悪くなるんだ?? 不思議でしかたがない。

結果いろいろ消去法してみたところ、ipad mini 4 に軍配があがったので購入した次第。

理由③:mini 4 の性能が iPhone 6 以上 6s 未満となかなか良い

iPhone 7 が一番新しい機種だとはいっても、巷では 6 や 6s を利用しているユーザーを沢山目にします。ぼくの身内も例外ではなく、妻は iPhone 6 を 母は iPhone 6s を現在利用しています。

iPhone 6 iPad mini4 iPhone 6s
CPU Apple A8 Apple A8 Apple A9
メモリ 1GB 2GB 2GB
画面 1334x750
4.7インチ
2048x1536
7.9インチ
1334x750
4.7インチ
背面カメラ 800万画素 800万画素 1200万画素
前カメラ 120万画素 120万画素 500万画素
Bluetooth 4.0 4.2 4.2
テザリング

まあ、メモリとBluetooth以外は、ほぼ iPhone 6 と一緒の性能なんですけどね!!でもメモリって結構重要なので様々な動作に差がでるはずです。

iPhone 6 とほとんど同じ性能で、メモリだけは 2GB なのですから、iPad mini 4 ってむこう3年は使えそうな気配がプンプンします。 実際に妻の iPhone 6 はまだまだ動きがかなり良いですからね。

ipad mini 2 でも十分だと買う前は思っていましたが、実際購入したあとに ipad mini 4 と比べてみると、ブラウザの表示速度や動画の開始速度などで、わりと差があることがわかりました。ビデオフォンの映像を比べてみると、mini 2 の方が mini 4 より若干もたつく感じでした。まあ、比べなければ mini 2 でも全然快適に感じますが・・・。

蛇足ですが、以前まで使っていた Androidタブレットの性能は「CPUがクアッドコア」で「メモリが2GB」、「カメラの画素数は800万画素」でしたが、よくつっかかるし、カメラも mini 4 の方が美しく、ブラウザの表示速度やタッチ反応も mini 4 の方が断然上です。

Androidタブレットが勝っていた部分は「価格」と「バッテリーの保ち」かな。そのAndroidタブレットは発売してすぐ購入しましたが、現在の ipad mini 4 の価格の半分以下でしたからね。

まあ、タブレットに関しては、iPad を選ぶのが最適解なのかもしれませんね。(ぼくはスマホに関しては断然 Android 派です!誰がなんと言おうと Android 派です!!)

理由④:7.9インチという画面サイズが調度良い

漫画や小説を読むのは正直 7インチの Androidタブレットの方がぼくは読みやすいと思っているのですが、こと雑誌や実用書に関しては写真と文字がページごとに詰まっているので、断然このサイズがとにかく読みやすいです!ここは買ってよかったと心底思っています。Kindleでの実用書読書が超はかどります!!

また、一眼レフで撮ってPCで編集した写真を Amazon プライムフォトへいつもつっこんでいるのですが、それを確認するのも iPad の画面の美しさと相まって、このサイズはとても見やすいです。

あと、Android タブレットの 16:9 画面と違い、4:3 という画面サイズは本当にブラウジングしやすいです。端末を横にしたときのウェブサイトの見やすさは、Androidタブにももっと多くの端末で見習って欲しいところ。

くしくも 新型 iPad(9.7インチ)が販売したタイミングでの iPad mini 4 購入でしたが、9.7インチは普段ぼくがもちあるいている 小バッグ(ボディバッグ)には入らないので 7.9 インチは本当に都合のよいサイズなんです。

想像よりもずっと画面が大きく感じられ、持ち運びにも不便を感じない素晴らしいサイズです。

ここまでの「4つの理由」が今回 ipad mini 4 を選んだポイントとなります。

iPad mini 4 のカメラ性能

折角なので iPad mini 4 で撮影した写真を幾つか参考までに掲載します。

今回 ipad mini 4 と一緒に購入したアイテム

ぼくは基本的に、スマホもタブレットも裸族(カバーレス)で利用する派で、メインの Androidスマホも当然カバーレスの裸族利用です・・・しかし、この iPad mini 4 はちょい大きめで、薄すぎ&背面がアルミなので何度も滑って落としそうになります。したがって、ポリシーを曲げて背面カバーだけは着けることにしました。

保護フィルムに関しては、折角の iPad の画面の美しさと反応の良さを損なってしまうので貼っていません。節約にもなって良いです♪

以下が、今回 iPad mini 4 と一緒に買ったアイテムです。

背面カバー

裸族をあきらめるにあたって、薄くて滑りにくく柔らかいTPU素材の背面カバーをチョイスしました。1,000円以下とクッソ安いですが、各スイッチやカメラ、充電部の穴の場所も適切ですし、iPad mini 4の薄さと軽さを殺さない必要最低限といった優秀な背面カバーです。

実際に装着した我が愛機。TPU素材のお陰で滑りにくく落下防止になります。

本体を収納するケース

ipad mini 4 がしっかり入れることができる、ベスト・オブ・ベストなケース。これ最強です。手帳型のカバーなんか読書しずらいし写真とりにくいし良いとこないですからねっ!!

ケースのカラーは5色(グレー・黒・青・白・赤)から選べます。

入れるとこんな感じ。わかりやすいように少し端末の頭を出していますが、端末全部がスッポリとはいります。ケース自体の素材はしっかり衝撃吸収をしてくれそうなしっかりした伸縮スポンジ素材。

一緒に購入した TPU背面カバーをつけた iPad mini 4 でもちゃんと収納することができます。

スタンドにもなる折りたたみBluetoothキーボード

スタンド代わりにもなる、三つ折りの折りたたみ式 Bluetoothキーボードです。まあ、所詮タブレット端末なので、PCの代わりには絶対になりませんが、PCを持っていけない時などに、ちょっと文章が書きたい時にはなかなか重宝します。

たたむとかなりコンンパクトになります。iPad mini 4 と一緒にボディバッグに入ってしまうので重宝しています。また、作りもしっかりしていて、キーボード部だけをたたんでスタンド代わりにしてもちょうど良いです。キーは俗に言う英語キーボードタイプでちょっとだけ特殊ですが、打ち心地は良くて、反応もしっかりしています。バッテリーはmicroUSBで充電するタイプで、超保ちます。

折りたたみ式なのに、キーサイズが大きく打ちやすいというのがこいつの長所でしょうか。

あとは適当にApple認証のサードパーティ製のライトニングケーブルを数本購入しました。

あとがき

とりあえず iPad mini 4 は性能面でも見た目でも満足しています。買ってよかったかな!! 価格面ではやっぱりちょっと高いかな~と思いますね。この独占企業めっ!

今後 iPad mini を買うかどうか悩んでいる方は、cellularモデルの方が絶対におすすめですよ!格安SIMでどこでもインターネット接続できたほうが便利に決まってるじゃないですか!!

cellularモデルならとりあえずSIMカードなしでも運用はできます。しかし、Wi-FiモデルだといざSIMカードで運用したくなったときに後悔することになります。やっぱりちょっとだけお金を足して、cellularモデルを選択することをおすすめします。

iPad mini 4 のcellularモデルはApple公式サイトから