▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

Lenovo ThinkPad のFキーが使えるようにする方法

Lenovo の ThinkPad シリーズはデフォルト設定だとキーボードの Fキーが使えず、音量や輝度などの機能キーになっています。

Fキーはというと、Fnキーを押しながら Fキーを押すと従来の Fキーの効果となります。

文章を書く上でもFキーが通常通りに利用できないとこまりますので、機能キーと Fキーの編成を入れ替えたいところ。

ThinkPad シリーズとEシリーズは簡単な操作でこれを入れ替えて一般的な Fキーの使い方にできますので紹介します。

Fキーを一般的なF1~F12の使い方に戻す方法

こちらの F1~F12 までの機能を一般的な Fキーに戻す方法です。

PC によっては BIOS から設定したりと非常に面倒なのですが、ThinkPad シリーズやEシリーズはとても簡単です。

Fnキーを押しながら Esc を押すと(Fn とEsc 同時押し)、機能キーと Fキーの使い方が反転します。

Fnキー又は Escキーのどちらかにインジケーターランプがあり、そちらが点灯すれば Fキーの機能が一般的な使い方に切り替わったということになります。

あとがき

デフォルトが機能キーになっているのは世界的にみれば一般的。日本語キーボドでの F キーの使い方が特殊だから仕方ないんでしょうね。

他のも HP などの外資系 PC のFキーも同様の状態になっているケースがわりとあり、BIOSをいじらなくてはならいことも往々です。

今回紹介の ThinkPad やEシリーズは簡単に入れ替えることができますので「あれ?」と思った方の参考になれば幸いです。