Tanweb.net

PC・デジモノ・旅行など好きなことだけ語るブログ

超オススメのカメラバッグAmazonベーシック スリングバッグを紹介します

超オススメのカメラバッグAmazonベーシック スリングバッグを紹介します

      2016/12/05
 カメラ, アイテム

更新日:2016/12/05   カメラ, アイテム

midashi-camera

今回は【お買い得なオススメのカメラバッグ】を紹介します。

紹介するのは「Amazonベーシック スリングバッグ」です。ぼくが現在も主力で使い続けている持ち運びやすくて非常に使いやすい一眼レフ用ボディバッグです。

はじめに言っておきます。このバッグが良すぎて、同じくカメラ趣味の家族・知人にプレゼントしてしまうほどの、ぼくにとっては超素敵バッグです

それでは、ぼくが持っている現物の画像を交えながら商品紹介しますね。

Sponsor link
Sponsor link

Amazonベーシック スリングバッグ 7.7 L

スリングバッグ外観

camerabag01

まず外観の写真は本家アマゾンから抜粋します。

スリングバッグは肩から斜めがけが基本のボディバッグタイプ。外観は正面前部のみメッシュポケットがあります。底にはゴムパッドがあり地面に置いて問題なしです。

上部ジッパーポケット

DSC_1049

DSC_1050

上部ジッパーポケットは意外と広いスペースで、ポケット内にはゴムメッシュで仕切られた中ポケットがあります。ぼくの場合はカメラのバッテリーや財布を入れることが多いです。出す時には”くるり”と前へ持ってくればすぐに財布をとりだせるのでアクセスは良いです。

メインポケット

DSC_1048

メインポケットは横開きのジッパーポケットになります。仕切りが何枚か付属しているので自分の利便性を考えて好きなように組むことができます。

実際に入れてみた画像

DSC_1051

中央にレンズ付きの一眼レフを入れて、奥のスペースに7インチタブレット。左にはマンフロットのミニ三脚で右奥の画像では見えないスペースに単焦点レンズを入れています。

この画像のレンズ付きの一眼レフは「18-55mm」レンズなのですが、「SIGMA 18-200mm レンズ」などのちょっと長めのレンズを装着していてもバッチリ入ります。

因みに入れている一眼レフは「EOS Kiss X4」です。

カメラを出すときは後ろからくるりんパッ!

DSC_1041

背中側がわから胸前までバッグをくるっと回せばカメラにすぐアクセスができるので、サッとカメラを取り出したいときにも大変重宝します。

しばら前側にする必要がない時には、ズレ防止のチェストベルト的なものが用意されてあり、長く歩くときなどでも疲れにくい配慮が嬉しいです。

スリングバッグのここがポイント!

DSC_1046

DSC_1047

バッグのサイドに三脚を留めるスペースがあり、2000円前後で売っている軽くて小さい三脚ならこのバッグひとつで持ち運ぶことができます。一脚もOKでした。軽量三脚を持ち運べるだけで、記念写真や夜景なども撮れますから非常にお役立ちです!!

重くて大きな主力級の三脚は無理ですよ~。

実際にぼくが背負った画像

S__9666564

すごく大きいわけではありません。適度なサイズのボディバッグです。メッシュポケットにはスマートフォンをいれています。

S__9666565

脇にある黒いラインがズレ防止のチェストベルト的なやつです。そのままバストあたりでメインベルトとドッキングします。こちら向きが三脚留めがある方向

S__9666566

こちら側が、前面にクルリと回した時にカメラ取り出し口がある方向です。

Amazonベーシック スリングバッグ の購入はこちら

アマゾンベーシック商品なので当然アマゾンからお買い求めくだされ。

ここまで読んでいただければきっとこのスリングバッグの良さをヒシヒシと感じていただけたはずっ!!Amazonベーシックスリングバッグ とてもオススメです!!是非使ってみてください。

オマケ:今回紹介した三脚

オシャレで頑丈で使いやすいマンフロットのミニ三脚。コンデジにも最適です。

Amazonベーシックスリングバッグと相性バッチリの軽量三脚。SIGMA 18-200mmクラスのレンズまでならバッチリ支えることができます。