▶パソコンの寿命は?パソコン買い替えのマメ知識とおすすめ処分方法

ブラウザを更新しても(F5を押しても)変更されない場合はスーパーリロードをしよう

About Windows

ブラウザを更新(F5)しても、ウェブサイトやブログの変更箇所が更新されない場合にはキャシュが邪魔をしています。

Windowsの人気があるブラウザにはスーパーリロードと呼ばれる、キャッシュを削除してウェブページを更新する機能が備わっています。

今回はスーパーリロードの一番簡単な方法を紹介をします。

スーパーリロードとは

ウェブサイトやブログのページ内容(画像やテキスト、その他レイアウト)を変更して FTP ツールなどでアップロードしたところ、変更したはずなのに、いくらブラウザを再読込み(F5)しても反映されないことって往々にしてあります。

ウェブサイト制作現場で、納品後や更新案件があったときには、クライアントから「ページの再読込をしたのに変更されてないんだけど」なんて言われることもあります。

これは、ブラウザのキャッシュが邪魔をして、変更箇所が反映されないことが原因です。

ブラウザキャッシュはウェブページを素早く表示してくれる大変素晴らしい機能ですが、こういう時に邪魔をします。

そんなときに今回紹介する「スーパーリロード」を使うと、対象ウェブページを再読込と同時に、画像やページレイアウトのキャッシュを消去してくれます。

スーパーリロード後は、変更が反映されますから、F5 連打して「変更が全然反映されないよ~」というような非効率的な行為を行わずに済むというわけです。

スーパーリロードのやり方

Windows ユーザーの人気ブラウザ上位3つは・・・

  • Chrome
  • Internet Explorer(Edge も含む)
  • Firefox

各ブラウザ毎に複数のスーパーリロード方法が用意されているのですが、実は、これら3つの人気ブラウザのスーパーリロードは共通する同じショートカットで行うことができます。

そのショートカットは、

Ctrl + F5

または

Ctrl + Shift + R

です。どちらのショートカットでも同じ効果です。

このショートカットを打ち込むことによって、画像やページレイアウトのキャッシュを破棄してページの再読み込みを行ってくれます。

結果ウェブページの変更がしっかり反映された状態で表示されるというわけです。

因みに Mac の場合はこちら

Mac のスーパーリロードは「Command + Shift + R」です!

まとめ

もしも、お客さんから「変更されないよ~」って言わちゃったときには、たった一言「Ctrl 押しながら F5 押してみてください」と言ってやりましょう。

もちろん自分が作業しているときにもかなり有効かつ効率的なショートカットなんですよ~。わざわざ「設定からキャシュを削除」しなくてもいいんですから!!

というわけで今回は「超お役立ち! ブラウザのスーパーリロード方法」を紹介しました。素晴らしいブラウザライフをお送りくださいね~。