▶ Windows 10 全般の使い方や設定各種・快適術をまとめたリンク集

ワークマンの激安「ソックスシューズ」が履き心地が良く超歩きやすかった件!

普段履きとして買い物や散歩に利用していたアディダスのスニーカーのアウトソールが駄目になってしまったので、そろそろ新しい普段履きシューズを買おうと思っていたところ・・・

バイク用のグローブを買いに訪れたワークマンプラスで見つけてしまった素敵シューズ・・・その名も「NEOISM ソックスシューズ」です。

ワークマン「NEOISM ソックスシューズ」

価格はなんと「1500円」! 爆安すぎませんかこれ。

試し履きしてみたところ、なんと軽くて履き心地の良いことか! そして、ソールの厚みもしっかりあってカカトがフカフカしている。

今まで履いていたアディダスのスニーカーと比べて本当に安いですが、一目惚れしてしまったのでしかたがない。買いました。

散歩に出てみたところ、思ったとおり超履き心地が良いんです!

今回は『ワークマンの激安「ソックスシューズ」が履き心地が良く超歩きやすかった件!』をブログします。

ワークマン激安シューズ「NEOISM ソックスシューズ」

ワークマン激安シューズ「NEOISM ソックスシューズ」- 側面

ワークマン激安シューズ「NEOISM ソックスシューズ」は、その名の通り、ソール以外の部分は靴下みたいな感じになっていて、履き心地がなんともいえず良いのです。

こんな形ですが、ソールとインナーソールにはしっかり厚みがあって、かかとがフカフカします。

ぼくは、かかとが弱くすぐに痛くなってしまうのですが、これだけソールに厚みがあってフカフカしていれば大丈夫です。

履き口周辺は、くるぶしぐらいの高さでスニーカーと差異はありません。

ワークマン激安シューズ「NEOISM ソックスシューズ」- 生地素材

ソール以外の部分の素材は、夏用のニット帽みたいな感じ?

伸びすぎずな伸縮素材で、履く時は伸びて、履き終わったらしっかり縮んで足を固定してくれます。足にニット帽を被ったようなふんわりした履き心地です。

ワークマン激安シューズ「NEOISM ソックスシューズ」- 前面(トゥ)

前面(トゥ部)

ワークマン激安シューズ「NEOISM ソックスシューズ」- 背面

背面(アッパー・バックステー)

ソールに隣接しているあたりの布地部分が、全周囲で少し硬めになっているので、履いて動いた時に左右にずれ動いてしまうというような心配は無く、足は固定されます。

よく考えて作られていると感心します。

ワークマン激安シューズ「NEOISM ソックスシューズ」- インナーソール

インナーソール。厚みがあって、かかとがフカフカします。とてもざっくりしたサイズ区分ですよね。メイド・イン・チャイナはご愛嬌(笑)

ワークマン激安シューズ「NEOISM ソックスシューズ」- 靴底

靴底はそれなりの一般的な滑り止めが施されています。

ワークマン激安シューズ「NEOISM ソックスシューズ」- 実際に履いてみる

実際に履いてみとこんな感じです。

スリッポンのような気軽さで履くことができて、スリッポンよりも歩きやすく足が疲れにくく軽くて履き心地が良いのがソックスシューズの特徴だと感じました。

ワークマン「ソックスシューズ」はとても軽い

今まで履いていたアディダスのスニーカー(たしか6,000円ぐらいで買った)とワークマンのソックシューズの重さをキッチンスケールで量ってみました。

アディダスのスニーカーの重量

アディダスのスニーカーは片足「約300g」の重量でした。

ワークマン激安シューズ「NEOISM ソックスシューズ」の重量

ワークマン「NEOISM ソックスシューズ」は片足「約180g」とめちゃくちゃ軽量。

これだけ軽いと歩くのも楽になります。実際に数度の散歩では大変足が楽でした。

こんなに素敵なソックスシューズなのに「1500円」ポッキリ

ワークマンのソックシューズはたった1500円

ワークマン「NEOISM ソックスシューズ」は、こんなに素敵なのに…なんと税込価格で、たった1,500円ポッキリの激安で購入することができます。

メンズ・レディース両方売っていましたよ~!!

あとがき

というわけで、ぼくの普段履きはしばらくワークマン「NEOISM ソックスシューズ」となりました。もうしばらく履いてみて耐久力をチェックして、そちらも良かったらリピ買い決定シューズになるかもしれません。

今回は『ワークマンの激安「ソックスシューズ」が履き心地が良く超歩きやすかった件!』という内容でお送りしました。

ワークマンのソックシューズ・・・良いです。